FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・一月最終日為り。

                     一月最終日為り。(1/31/17) 昨夜の歩きでは、小雪が待って居たのだが、白くも成らず寒い朝を迎えた。寒波の戻りでは在るが、陽が出て居るので気分は悪くは無い。 それ以上に洒落た夢を観て居たので、夢の反芻をしてニヤニヤの段で在った。学校時代の女族の面々が、実年齢で集って貸切バスで泊まりを重ねて居るらしかった。皆、実年齢で在るから、中性族見たいな物で在る。何を云っ...

続きを読む

長駄文館・・・グッピィ小話為り。

                 ちょいと、グッピィ小話をして見る為り。(1/30/17) おいら達の居る所は、水草のアナカリスが、びっしり蔓延(はびこ)る小さな水槽世界なのさ。凄いよ。きっと水槽容量の7割方が、水草に覆われて居るんだぜ。人間云う処の足の踏み場も無い水草だらけさ。人間の表現を借りれば、『お化け屋敷』かな。其処においら達グッピィが、大中小、稚魚が、ワンサカと暮らして居るんだ。 でもさ中は、...

続きを読む

長駄文館・・・脳味噌は、酸欠状態為り。

                   脳味噌は、酸欠状態為り。(1/29/17) 昨夜気に為った所の頁捲りを中断して、8:30からの公民館掃除に向かう。二班合同の掃除で在るから、人の数の方が多くて、遣り難い次第でも在る。私は外側からの窓拭きをする。 教会の奥さん、民宿旅館の奥さんも来ていたから、丁度良い。先週の教会での蕎麦打ちの話が行って居るのかと思いきや、未だだと云うので話をして置く。旅館の奥さんも、...

続きを読む

長駄文館・・・寒波の合間為り。

                    寒波の合間為り。(1/28/17) また寒波が到来するとの事で在るが、今夜は過ごし易い。夕食時のテレビ見のストーブで沸いた湯たんぽが二つ、布団の足元を温めて居る。コタツでYouTubeから好きな小林旭、ちあきなおみ、青江三奈の歌謡動画を見続けて居る内に、時計は11時を回って仕舞った。 遺憾いかん・・・何か小編の筋立てをしようと思って居たのだが、お三方の魅力に嵌まって仕舞っ...

続きを読む

長駄文館・・・本日、低気圧の移行日の由為り。

                 本日、低気圧の移動日為り。(1/27/17) 本日は未明から、凄い剣幕で風が吹き捲って居る。連日の凍結の次が、低気圧の通過との由で、堪らんですわ。もう少し寝て居ようと思うが、しゃ~なしで起きる事にした。ゴミ出しに出ると、コガモが二羽、上流目指して飛んで行く。二連チャンの酷寒は過ぎ去り、空気が柔らかい感じで、やれやれで在る。                    習慣上、...

続きを読む

長駄文館・・・二連荘にバタバタを強いられる為り。

               二連荘の零下10℃越に、とほほ為り。(1/26/17) いやはや、零下10℃越えが2日も続けば、全てが凍り付く。ローカルニュースでは、諏訪湖の『御神渡り出現』が期待されて居るとの由。水を垂らして置いたら、アジャジァ、今度は台所と洗濯機の排水が、凍結して仕舞った。毎年一、二度は在る事で、これも酷寒の地・松本で生活する風物詩の一つには違い無い。               然しな...

続きを読む

長駄文館・・・とうとう遣って来た、信州の酷寒為り。

                とうとう遣って来た、信州の酷寒為り。(1/25/17) いや~、徹底的に冷えた様で在る。水道凍結の確認をして行くと、洗濯機の水が出ない。こうなると、掃き掃除どころでは無い。お湯を沸かして、ホットタオルにして剝き出し部分の蛇口周辺を巻いて、其処にお湯を回しての解氷を見守る。 外蛇口で分岐して在るので、それを見に行くと、何とヒーターが入って居ない始末で在る。蛇口に繋がれたホー...

続きを読む

長駄文館・・・本日、冬日の寒さ為り。

                    本日、冬日の寒さ為り。(1/24/17) やいやい、寒いじゃないの。トイレに行かなければ、お漏らしをして終うし、嫌に為って仕舞うじゃないのさ。布団から出れば、おお、寒い寒い、冷える冷える。 余りの寒さに、鼻水が垂れ落ちる。しゃ~無い。今日は、防寒ズボンのお世話に成るか。起きて朝を始動させる。台所のプラスチィックゴミを入れて見ると、今日のゴミ出しはパスの段で在る。 ...

続きを読む

長駄文館・・・佳き一時を、頂戴して来る為り。

                 佳き一時を、頂戴して来る為り。(1/23/17) 同級生による蕎麦打ちは、10時からとの由。半を回って、通用口の土手の生垣の合間を通って、天理教分教会の正面玄関からお邪魔をして、一階講堂のドアを開ける。丁度、蕎麦打ちが始まる処で在った。「あっ、Rさん、好く来てくれて。嬉しいわや~。先日は会長(主人)が、お茶に干し柿で、好い話が聞けたと喜んでましたよ。コーヒー入れましょう...

続きを読む

長駄文館・・・備忘録ブログとして置くか。

                さてと、備忘録ブログとして置くか。(1/22/17) 起きて仕舞えば、それほど気に為らない風の音では在るが、寝て居ると煩い限りで在る。宜しからぬ妄想にも気が入らず、忌々しい限りで在る。本日は蕎麦打ちのお招きを受けて居る次第で在るから、少なからずの刺激を頂戴する事にも為ろうか。あはは。 チョイとその前に、昨日の備忘録として文科省の組織的な天下り斡旋と早稲田大学の癒着振りを残...

続きを読む

長駄文館・・・ちょこちょこ降る物為りや。

              其れにしても、ちょこちょこ降るもの為りや。(1/21/17) 昨日は国会開会での政府の所信演説を聴き、深夜便ラジオでは、トランプ新大統領の就任抱負を聞いた次第で在る。21C初頭は、時代の変わり目に在る。 人類が古代より幾度と無く、国の屋台骨を担う『層の厚い中間層国民』を如何に創出・再構成して行くかの一大改革と云うか、金融資本体制、採算主義に傾注して自国産業の空洞化を憚らぬグロー...

続きを読む

長駄文館・・・珍しくも、雌ジョービタキの姿見せ為り。

              珍しくも、雌ジョービタキの姿見せ為り。(1/20/17) 飯も食べたし米研ぎ、洗い物を済ませたし、午前中の定位置のコタツも温まって居る。さぁ~と、行くとするか。 小部屋のラジオを付ける時に、偶には第二放送を聞いて見るかで、ダイヤルを回すと好い話をして居るでは無いか。生物科学、生命史38億年のお話で在る。それを語るのが落ち着いた声の女先生で在る。合間には、生命史の詩の朗読が入る...

続きを読む

長駄文館・・・ウワバミお仙から、電話を頂戴する為り。

               ウワバミお仙から、電話を頂戴する為り。(1/19/17) 本日は、見た目が寒い。炊飯器を入れねば、朝飯に在り付け無いのだが、布団から出るのが億劫で在る。その内、尿意も我慢出来ずに、『しゃ~無いか』で起きる。飯が炊けるまでの時間を、歩いて来る事にする。 何時ものコースを行くと、前屈みの爺さんが一人、散歩歩きをして居る。歳の頃は80前後だろうか、時々見掛けるご仁である。家を出る時に...

続きを読む

長駄文館・・・本日、快晴為り。

                      本日快晴為り(1/18/17) 昨日の入道雲は消えて、快晴の空に青味が増して行く。本日は暖かく成るとの予報で在った。空気の総入れ替え&掃き掃除を終えて、空気が柔らかく感じられるから、戸を開放したまま、バケツに川の補給水を汲んで来る。朝飯を食べて、二畳小部屋に入る前にトイレに立つと、先程汲んで来たバケツの水に氷が張り始めて居る。気分とは裏腹に、家温は零下の寒さと云...

続きを読む

長駄文館・・・寒波の襲来は終了した様なり。

                   寒波の来襲は、終了した様なり。(1/17/17) 昨夜も薄っすらと、雪が積もった。昨日の散歩の寒かった事には、参った。昨日と同様に軽く雪掃きをして、お天道さんの兆しで在るから、思い切って布団の外気当てをして、空気の総入れ替え&掃き掃除をして回る。           オオ、チャプイ、チャプイ、ドント・ポッチでヤンスわね。とほほ。 雪で常連雀もヒモジかろうと、飼い鳥の底...

続きを読む

長駄文館・・・大事に至らず、遣れやれの段なり。

                大事に成らず、遣れやれの段なり。(1/16/17) やいやい、こりぁ、朝から本格的な降りで在る。間違いなく積もるだろう。物干しのコチンコチンに凍った洗濯物を、廊下に取り入れて、カーテンレールに掛ける。 昨日の天気解説に出て居た大陸からの筋状の雪雲の大襲来は、丸で海を埋め尽くす『元寇船団の押し寄せ』にも見えて仕舞った次第で在った。この剣幕、一方的に襲来されて仕舞ったら、豪雪...

続きを読む

長駄文館・・・一日遅れの、積もり雪為り。

                   一日遅れの、積もり雪為り。(1/15/17) 今日は、積もる降りである。『一日遅れの当り』と云う訳で在る。買い出しもして来たし、本日は雪籠りで行くしか在るまい。当初は、布団での頁捲りでズボラを決め込もうとしたが、幾ら何でも、それでは拙(まず)いと思い、着替える事にする。 偶には四畳半の机で、討論番組とブログ打ちを同時進行させる事にする。冬に成って、四畳半に居る時間が...

続きを読む

長駄文館・・・積もらぬ雪に、一安心為り。

                 積もらぬ雪に、一安心為り。(1/14/17) 昨日のニュースでは、大雪注意が頻繁に流れて居た。『雪に埋もれた朝だろう』と覚悟しての目覚めで在ったが、庭は白くない。如何やら降り始めの様で在る。2~3cm積もった玄関先、車の雪払いをして朝の白湯を飲む。『物は試し』と思い、首・腕に付けて居るビーズの予備をポットに入れて見ると、水道水のカルキ臭と水のクラスターが滑らかに感じられて...

続きを読む

長駄文館・・・流石、言う事が違いまするわ。

                   流石、言う事が違いまするわ。(1/13/17) 本日は風が有って、外気は寒い。寒いが快晴の兆しで在るから、布団を外に上げての通常の空気の総入れ替え&掃き掃除をする。終えて、廊下のラジオをONにしての白湯の一服を燻らせる。飯も炊けたからして、魚を焼き、沢庵を切り、野菜整理の味噌汁を作っての朝飯とする。朝食後は、モーニングコーヒーを持って、二畳小部屋のコタツ当たりで在る。 ...

続きを読む

長駄文館・・・野鳥少なき、今冬の進み為り。

  野鳥少なき、今冬の進み為り。(1/12/17)  コタツに入らないと、手が冷たいから困った物で在る。それでも日差しが在るだけ、気分は好い物で在る。午前の居住区二畳小部屋で食後のコーヒーを遣りながら、微風に揺れる半分雪の庭を眺める。    食材を買いに行こうの気持ちは在る物の、頂戴物の整理もしなければ為らない。独り生活とは、何かと『誘因に欠ける』物で在る。郵便原稿を待つが、電話の内容とは裏腹に届か...

続きを読む

長駄文館・・・遺憾いかん…長駄文為り。

                  遺憾いかん・・・長駄文為り。(1/11/17) 屋根の雪は溶けたから、布団を外に上げて、全戸開放での掃き掃除をとする。朝飯を終えて、二畳小部屋でのモーニングコーヒーを飲む。メジロ夫婦の姿が在るから、ミカンを置いて置く。快晴の日差しに、布団、鳥籠が軒下に掛かって居るのは、通常の様で好い。 この処のニュースでは、韓国さんの釜山の慰安婦像設置のドタバタ、米ファーストのトラン...

続きを読む

長駄文館・・・自転車散歩をして来た為り。

自転車散歩をして来た為り。(1/10/17)  さてと、行って来ると致そうか。自転車で行けば、丁度散歩運動の代替とも為ろう。考え直して、そうする事にする。通りの雪は、殆ど消え去って居る。快晴、無風の空気で在る。例年、この時期に成ると河川工事が行われて居る。大型ショッピングモールの建て替え工事も、捗(はかど)って居る。雪が溶けて、好いお日和に昨日出来なかった年寄りさん達の散歩姿が散見される。     ...

続きを読む

長駄文館・・・有り難く、『絶好宣言』を頂戴して来る為り。

                有難く、『絶交宣言』を頂戴して来る為り。(1/9/17) いやはや、降って呉れた物で在る。ニュースでは、松本は22cmの雪積との由。しゃ~無い。雪搔きで、本日の運動量を埋めるべしで在る。湿気たっぷりの雪で在るから、どんどん融ける雪質で在る。家周り、車回り、庭木の雪落としを遣り終えて、土手に向かうと、前町会長さんが、一人黙々と雪搔きをして居る。私の方は、土手道部分を車が擦れ違え...

続きを読む

長駄文館・・・冬の気温の乱高下は、風邪の引き金為り。

 冬の気温の乱高下は、風邪の引き金為り。(1/8/17)  昨日の午後は、ガス屋さんが集金方々、新年の歴史講座を聞きに来たとの事で、お茶、沢庵漬け、高級和菓子の吊るし柿で、時間充分の男話が出来た。   「いや~、廊下は陽が当たって、暖房が要らないじゃ無いですか。本当に、Rさんは好い環境で生活して居る。」 「まぁまぁ、其処じゃお茶が入らんから、コタツ点けるから、入りましょや。ミヤシゲ大根が漬かって来た...

続きを読む

長駄文館・・・ちょいと、心境打ち為り。

                    ちょいと、心境打ちをする為り。(1/7/17) 今朝は今季一番の冷え込みで、台所の雑巾が凍って居た。これも信州の冬で在るから、仕方の無い事で在る。そんな次第で朝食後は、鼻水を啜りながらのラジオ聞きをしている次第で在る。 昨日の電話の『結び主』に、お礼の電話を掛ける。本当に何年振りかの電話で在ったが、声は歳を取らずの若々しい落ち着いた声で在った。彼も還暦を超えて61...

続きを読む

長駄文館・・・是が初夢とは、先が思い遣られる為り。

                 是が初夢とは、先が思い遣られる為り。(1/6/17) 遺憾いかん・・・酷い夢を見て居た物で在る。壊れかかった高層ビルの高層部には、東南アジア、東アジア系の人間達の生活の場に成って居る。見慣れた日本の風景の中に、日本人の言葉は無く、異音の高音早口言葉、感情的な大きな声が飛び交って居る。私の手には、墓参りの様な生花が持たれて居る。ブクブクと脂肪肥りした短パンのデカイ尻が朽ち...

続きを読む

長駄文館・・・本日、二月並みの寒さ為り。

本日、二月並の寒さ為り。(1/5/17) あれあれ、四畳半の窓が内側から凍って居るでは無いか。いやはや、これは二月の寒さでは無いか。道理で、起きるのが躊躇(ためら)われた訳で在る。そんな次第で、寝床アイドリングでは、たっぷりの歴史アイドリングが出来た。さて、起きると致そうか。    不精男には起きたら、『退路を断つ』のが肝要で在る。パッと全戸開放の外気入れ、布団出し、掃き掃除の朝始動で在る。ミカンの...

続きを読む

長駄文館・・・娑婆は、仕事始め為り。

娑場は、仕事始め為り。(1/4/17)  仕事始めの通勤車が、通って行く。冷え込みに、温い布団から抜け出るのは嫌では在るが、年末年始は終わったので在る。起きるべしで在る。布団干しには早過ぎるが、是も一連の朝始動の一環で在る。   空気の総入れ替え&掃き掃除を終えて、母が逝ってから丁度一年で在る。昨夜は母が現れるかと思って居たが、夢も見ず、静かに仏間に変わらずに住んで居るのだろう。    介護の生...

続きを読む

長駄文館・・・家族とR家の雑煮を食べる為り。

家族とR家の雑煮を食べる為り。(1/3/17)   「お爺ちゃん、来たよ。タコ飛ばそう!!」             台所で。 「お父さん、これ、お餅と長芋。」 「おっ、サンキュウ。雑煮を食べるか。」 「その心算~。」        孫と仏壇に線香を上げて、南無阿弥陀仏をする倅に聞く。   「餅は幾つ食べる?」 「そうか、じぁ、5つだな。」    鍋に火を入れて、差し入れの杵つきの餅...

続きを読む

長駄文館・・・無風の日差しに、唯、新年の進み為り。

無風の日差しに、唯、新年の進み為り。(1/2/17)  朝掃除をして居ると、声で在る。振り返れば、四畳半出窓から『金持ち親父』の荒い声掛けで在る。    お天気が悪くない限り、寝床を空気に当てる事が習慣と為って居る。正月三か日は掃除をしない事が恒例とは云うが、日々の習慣を優先させないと、何かと居心地が好くない次第で在る。無風にして、薄い白雲の棚引きで在るが、日差しが在るのは気分が好い。    お...

続きを読む

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!