FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・本日、彼岸の入り為るか。

                 本日、彼岸の入り為るか。(9/20/19)
 朝を始動して玄関を掃いて居ると、おや、ゴミ出しが在る。てっきり土曜と思って居たら、金曜日で在るか。勘違いでは在るが、何か『得』をした様な気分で在る。

 水住人達に補給水を入れて、バケツに川水を汲みに行く。河川敷に下りれば青空に秋の筋雲、鱗雲の清々しい空気で在る。芝刈り機の入った河川敷は、粉砕された草の匂いに満ちて居る。

 金魚、グッピィ、白メダカに餌を捲く。昨日から金華鳥の雌一羽が蹲って居る。雌で在るから、卵詰まりの可能性大なのだろうが、体調を取り戻すか、駄目に為るかは不明で在る。生き物を飼って居ると、そんな事はしばしば起きる事で、考えても仕方の無い事で在る。

 四畳半で始動後のモーニングコーヒーに煙草の一服をして居ると、自転車通学の高校生達が、次々とカーヴを曲がって行く。

 さて朝の定位置、二畳小部屋に座ってラジオをBGMに徒然、浮かぶ儘、中指が動く儘のブログ打ちをすると致そう。『何、本日は彼岸の入り』で在るか、お天気も好いし、適当な時間で墓参りドライブでもして来ると致そうか。

 兎に角、昨日は寒くて閉口した。自然界では豚コレラの流行との由。独り生活の身で在るから、厄介な風邪は願い下げで在る。寝る時はルル三錠を飲んで置いたのだが、それが効いて通常の朝起きバッコン体操から始まった朝始動で在った。

                    9時のニュースを聴く。

 何か脇腹が痛いと思って居たら、何の事は無い筋肉痛で在る。思い当たる事が在って、歳は取りたくない物の、アハハ感で在る。芝刈り作業が終了して、橋の下に置いた芝刈り機を端に移動させる為に、向きを変えるのに、未だどの位、『馬鹿力』が在るのかに好い機会で在る。

          ★ご先祖さんの縄文の神々よ、御照覧在れで遣った後遺症で在る。

 こんな処が、私とSの違いで、エンジンを掛けろ。嫌な事ぁ。それなら、クラッチを切って、車を動かせ。で、方向転換を筋力測定した後は、クラッチを切っての切り返しで場所置き・カヴァ掛けと相成ったので在るが、身体とは正直な物で在る。Sからしたら、人力に頼る事は単なる徒労の『愚の骨頂』に見えるのだろうが、私には胎内に宿る野生の縄文人の遺伝子の確認行動と為って居る次第で在る。
 頭で考える派とエエィ、面倒。『男は力よ』で、力任せにする体細胞派の違いで在る。

     世の中は、頭派と力派が居て、バラエティに富んで居る処が、面白い次第で在る。

 サラリーマン時代、可愛がって呉れた取締役が単身赴任をして居て、「最後の弟子」だと云って、本を読まされ、その質疑応答で夜を徹して居た物で在る。理工系の御仁だった。

 その口癖が、『お前さん、待て待て、如何する・・・考えてからだ。』で在った。性格の違いで、短気型の私は、流石に理系頭脳とは思いながらも、そんな物は遣りながら考えれば済む事で、『拘るに及ばず』。どうせ考えるのなら、もっと難しい事にエネルギーを使うべしと、腹の中で舌を出して居た次第で在る。

 如何しても、私には機械弄りは鬼門中の鬼門で、見ただけ、考えただけでアレルギー反応が出て仕舞う次第で在る。不得手な事に手を出す事は、私にとってはエネルギーの消耗事でしか無い。然しながら、長幼の序で在るから、お付き合いと為る羽目に陥って仕舞う次第で在る。

 それでも感想は別で在るからして、理工系と文系の脳味噌エネルギーを投入する分野の違いが垣間見られて、好い観察対象とさせて頂いたご仁で在った。

 思想革命と云われた17Cの『科学革命』と称される『帰納法』に基づく経験論的合理性の英ベーコンと数学的証明法の心理到達の仏デカルトの『演繹法』の違いで、それは人其々が持つ『思考回路の違い』と云うか特徴の違いの様な物で在る。

 兎角、学校の教師などが口にする算数の出来る子は頭が良いなどの、一方的尺度で語られる類の物では無かろう。同様に帰納法と演繹法の優劣を結論付ける事は、別次元の事でしか無い。

 世の中は、複雑怪奇で在る。帰納法が効を奏する分野も在れば、演繹法が効を奏する分野も在る次第で、それをその当時の流行本に準えれば、英の『シャーロック・ホームズ』、仏の「怪盗紳士ルパン」とも為ろう。私に言わせれば、演繹法では味合えない『英仏の文化比較』では無かろうか。

         因みに、私は、その両方の愛読者でも在った次第で在る。へへへ。

 本日金曜日為らば、ブロンソンさんが顔を出すかも知れぬから、二連チャンで月一トークが駄目に為ったら、申し訳が無いから昼の時間に墓参りに行って来る事に致そう。

       ホームセンター、大手スーパーでお供え物・他を買って、墓参りドライブとする。
 稲刈りの済んだ田園風景と、里山の松くい虫被害、霊園丘陵への信号機を右折すれば、全山クルミのアメシロ被害の茶の広がりで在る。アメシロの異常発生の年と云う訳で在る。

  彼岸の入りで、其れなりの墓参者が居る。人間、思う事は同じらしく、私と同年輩者さんで在る。

 帰って仏壇に供え物をして、燈明に線香で南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏を唱えて、チィ~ンとする。動き序で在るから、郵便局に払い込みに歩く。本日は暑いから、昼間の歩きは疲れる物で在る。さてさて、これで好しで在る。軽く昼を摘まんで、マイタイムの午後の部に移行すると致そう。




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!