FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・無風の穏やかな空気為り。

                  無風の穏やかな空気為り。(9/26/19)
 何時だ。トイレに起きて時計を見れば、5時に差し掛かる処で在る。左様で在るか。為らば、起きるとするか。

 柵から解放されて、毎日が日曜日の独り暮らしの古希坂住人で在る。若い頃と違って、長寝出来る体力も無い次第で、睡眠も三分割の様な物で在る。体力と云うか、新陳代謝と云うか、加齢と云うか、生物の仕組みとは調整機能が、程好く利いていて居る様に思う次第で在る。
 色々と考える思考力、根気のスタミナも減少して来て居る昨今で在るから、余分なエネルギーは宜しく無い。咀嚼力が失せて来れば、細切れなどをして流動性を受け入れて、トータルで辻褄合わせをするのが、加齢者の知恵と云う物で在る。

 小腹が空いて居るから、茹で卵とY差し入れのサツマイモを一切れ持って、小部屋で日本茶とする。ラジオのニュースを聴きながら、煙草のショート吸いも云って見れば、細切れの一環なのだろう。いやはや、困った物で在る。

 二度寝の睡眠導入剤に、昨夜はパスして仕舞った動画の音声を聴く。好きなキャスターさんで在る。その中に、在日つかこうへいの娘に語る形式の従軍慰安婦の誤解話が在ったり、私がブログで3回程、取り上げて居る岡本喜八監督の三船敏郎、団令子の『血と砂』のDVDの紹介が在った。

 私が常々、言論界、演劇界諸氏の話を聴いて居て不思議に思う事は、以外と彼らは凡人の感受性が薄いと云う事で在る。知識、言語の表現力に脳力を傾注して仕舞うので在ろうが、感情指数は然程高くないと云うのが正直な感想で在る。
 議論するには言語のプロと為らなければ為らない必須の知識習得ベクトルなのだろうが、人間脳量は有限で在るからして、本来感受性で受け止めなければ為らない処のエネルギーさえも、文献に当たって仕舞うと云う、インテリ村の言語優先住人に為って仕舞う帰来が在るのだろう。

 私は脳の造りが粗雑に出来て居るから、活字は為るべく避けて、五感派を任じて居る。それでも、一々納得の好い話で在った。

 二度寝を終了すれば、好いお天気さんで在る『炊き立ての朝飯の美味さよ』で、朝風呂に入って、自転車で米屋さん経由で個人スーパーで食材を買って来る。好物の平インゲンが在ったので、2袋買って来て、それを煮付けながら、廊下鳥の世話をして遣る。

 ほぼ無風の青空お天気に、上を脱いでのTシャツ姿で在る。Sからの電話で、土曜日に山上湖男四人のミニ同級会をすると云う。

 先日のYが持って来て呉れた彼の中学校12人の同級会写真には、好い女の顔が映って居た。誰かと聞けば、小学校1,2年時の同級生で在った。どのクラスにも、マドンナは居た筈で在る。

 兎角、ラジオなどの60代、70代に成ってからの半世紀振りの同級会などの感想文には、丸で枕詞の様に『浦島太郎感想』が大半を占めて居るのだが、美男美女は、余程の事が無い限り、歳を取っても鑑賞する価値、味が出て居るのに、何故そう云った感想が無いのか、私には解せない処で在る。
 因みにYと吾が天敵女は、中学の同級生同士で在る。そして、結構話が合うそうで在る。アハハ!!

 そろそろ、12時で在るか。穏やかな日で在る。午後の部は、少し真面目に頁捲りをすると致そうか。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!