FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・へへ、是、深夜の徒然為り。

                  へへ、是、深夜の徒然為り。(12/5/19)
 昨日は寒かったので、省エネで晩飯後は昭和歌謡大全を隣室の四畳半PCで、音だけ聞いて居る内に、早寝をして仕舞った。何度かトイレに行って居る内に、所定の睡眠時間をオーバーしたらしく、眠れ無く為って仕舞った。然りとて、起きるには真夜中で寒かろうと思い、寝床でバッコン腹筋体操を多目にして、その息切れで寝ようと考えたのだが、目が覚めて仕舞った。明かりを点けて、時計を見れば2時半で在る。止む無しで在る。眠れぬ時はラジオ深夜便の御厄介に為るしか無い。

 着替えをして、倅プレゼントの厚出の防寒チョッキを重ね着して、煙草セットを持って小部屋入りする。明かりを点けて、ラジオをONにして、急須に電気ポットから湯を入れて来て、極薄のインスタントコーヒーを入れる。手巻きのロシア製腕時計のリューズを捲いて、ショート吸いの煙草に火を点ける。

 昨日は流石に寒くて、散歩をパスして楓の木の脚立散髪と柏の木の葉取りをして、牡丹の根元に被せたり、ボチボチの剪定枝のカットをしての袋詰めとした次第で在る。年に何回かの枝切り、剪定をして居ると、経験知の積み重ねで、要領も解って来て手際好く伸びた状態を想像しての枝の間引きも、それなりに解って来る。キジバトの巣も落ちて仕舞ったから、来年はキジバトが営巣に遣って来るかは解らない。シジューカラ用の巣箱にを使って呉れると有難いのだが、これも解らない次第では在るが、これも来年の愉しみの一つでも在る。へへへ。

 寒く成ると、冬野菜が美味い物で在る。晩飯はタチ持ちの鱈で、ゴボウ、ダイコン、ハクサイ、ネギ、少し脂味、コクを持たせる為に鶏皮を入れての水炊きをして見た処、成功した。冬野菜の柔らかさと甘みは、流石に鍋の季節と称される次第で在る。その満腹が早寝の引き金に為った訳で在る。

 暖たまって来たコタツで3時のニュースを聞く。今度はお茶にして、仏壇から供え物を失敬して来て小腹の空きを満たすと致そうか。日本の歌、心の歌の時間は小林幸子との由。

 同級会などの同年配者に聞けば、ラジオ深夜便のファンは、男女共に殊の外多い。現役を卒業して毎日が日曜日生活とも為れば、時間も自由にして、歳を取れば、睡眠時間も短く為る物で在るから、二度寝の友としてラジオは、聞き流す身近な存在に為って居るのだろう。山上湖のミニ同級会4人メンバー中3人が、ラジオ深夜便を聴いて居るとの由で在った。アハハ。

 本日は7時~8時の公民館へのゴミ出し日で在るから、立ち会いのSに夢奇譚36部のショート湯治の巻きの初公開として、印刷をして置いたので、プレゼントして来ると致そう。従って、2度寝は朝飯後と為ろうか。一緒に町会の為にボランティアをして、話相手と為り、その上、駄文とは云え、言葉では聞く事の出来ない分野の絵、文章にも接する事が出来るので在るから、私がSの立場なら好い興味対象と為るのだが。

 そう云えば、Tを対象にした文章スケッチをプレゼントした事が在る。Tの処に遊びに行くと、細君から。

『父ちゃんの事、あんな風に書いて呉れて、本当に私も嬉しくて、父ちゃんとRさんは、知らない人が見れば、二人とも強持てで、アッチ関係に見えるから、道を空けちゃうタイプなんだけど、本当に男同士の友情って凄いと感心しちゃって。
 父ちゃん、普通なら俺なんか、Rとなんか、話も出来ない男の中の男で、豪も細も持ち合わせた大物なんだぜ。兎に角、男にも女にも持てる俺の高校以来のベストフレンドだ。
 根が真面目過ぎるから、本当は俺とコンビを組んで、大詐欺師にも、女こましに為って、本当は波乱万丈の人生を送れた物を、お互い、その度胸が無くて、真面目過ぎた訳だ。
 アイツと海外旅行すると、歩く性豪でさ、様に為ってたさ。本当に面白くて、楽しかったよ。』

「Rさん、父ちゃんには内緒の話なんだけど、Rさんと再会して、本当に本を読む様に為って、聞いたら、良友には勉強しないと置いて行かれるって、言っててね。
 アイツは本を読まなくても、自分の頭で考えられるから好いけど、凡人はブックオフでせっせと本読んで置かないと、難しいのさ。
 スケベ話して、苺ジャム、梅干し、特辛炒め味噌、吊るし柿、沢庵漬けをして居る男じゃ無いんだ。あれは、アイツの余裕からしてるだけの事さ。過少評価してたら、罰が当たるぜ。
 私は馬鹿だから、難しい事は解らないけど、父ちゃんは、Rさんの事ベタ褒めでね。初めて来た時に、ワァ、この人が話題の人かで、ハンサムで好い男で、さぞかし若い頃は、モテモテ男だったんだろうなと思ってね。
 体格が好くて、雰囲気が貫録が在って、話も落ち着いて居て、普通の人の言葉使いと違ってて、ああ、この人が父ちゃんのベストフレンドか、この人だったら、安心出来る、お任せ出来るって直感出来て、お爺ちゃんも、Rさんの来るのを楽しみにしててね。
 俳句だとか、詩だとか、文章、絵なんか書くと、これ、Rさんに見せて、感想聞くんだってニコニコしててね。孫達にも人気が有って。飾らないし、親切で物知りで、説明するのも、話をするのも、話を聞くのも上手で・・・。父ちゃんとRさんのコンビが羨ましい雰囲気でね。」

 と云って、大いに感謝された次第で、生前も通夜の時、葬式の時も、細君、友人からも、週に一度の辛い通院治療も『Rの所で一緒にコーヒーを飲める』と云って、楽しみにして居たと云って貰い、Rは俺の唯一人のベストフレンドと云って呉れて居た男で在る。

 こんな事がスラスラ文章に出来るので在るから、私の中では心友Tは変わらずに『実存』して居る感覚で在る。従って、有限な生に人が何で拘るのかが、不思議な次第で在る。生死を以って、関係を区別する意味が解らない次第で在る。

 こんな事を中指の動く儘に打って居ると、4時半を回って来て居る。さてさて、長駄文も此処まで字数が伸びて仕舞った。そろそろ、終了する事にして、ラジオの深夜便に耳を預ける事に致そう。

 アフガニスタンで、中村医師が暗殺されたと云う5時のニュースで在る。何でこんな事をするのか。アフガニスタン全体の損失では無いか。在る時、ネット動画で中村医師のアフガニスタンでの献身的活動を見て、『日本人の誇り』と感動、感涙した経緯が在る。全員が凶弾に倒れたとの由。
 人間とは主義・主張・体面で、何とおぞましくも愚かな凶行をする動物なのか。中狂、北朝鮮の蛮行の愚かさには、怒りが沸々と沸いて来る。チベット、ウィグル、蒙古、台湾、アフガニスタンと名も無き民が、悲惨極まりない現実に晒されて居る。

 片や、観桜会とやらの真に『下世話な些事』に、国会が馬鹿騒ぎをして居る吾が祖国の現状で在る。政治家とは何ぞや、マスゴミの知らせぬ自由、編集の自由とは何ぞやの、その落差に、一人の人間としてお恥ずかしい限りで在る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!