FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・本日は、ペダル散歩と致そう為り。

                本日は、ペダル散歩と致そう為り。(12/13/19)
 最後の最後の町会徘徊も済んで、帰りはSの家で4匹の猫を見ながら、お茶を頂戴する。猫達の出自を辿れば、野良猫、引っ越しによる放置猫、それらの子供達と云う。猫も飼い主に似るのだろうで、おっとりした猫達で在る。アハハ。

 この処、暖かい日が続いて居るので、昼の日光浴を兼ねて、目下、廊下で別本に移っての『国民の歴史』の頁捲りで、『昼の部』として、昼寝導入剤として居る次第で在る。

 昨日は、早起き、町会徘徊が在ったので、昼寝が出来なかったので、早寝に移行の段で在った。そんな次第で『深夜の目覚め』で、起きるのも面倒で在ったから、黒のノートパソコンで、武田邦彦先生の歴史講座を音声だけで受講して居た次第で在った。布団の中での横着受講生で在るから、当然、意識が飛んで、また、講義が聞こえて来る。そしてまた意識が飛んで行く。2時間超の講義の何割を聞いて居たのか、不明では在るが、へへへと頷く居眠り受講生の段で在った。

 講義を伺って居ると、如何やら先生の縦本も『詳説・世界史研究』が在る様で、頷きの感で在った。個別の雨粒を見る事勿れ、雨を総体と観れば好いとの趣旨で、一々年号、固有名を覚える必要は一切無く、歴史の大略を掴めば好いとの歴史観で在る。

 それはそうでは在るが、<木を見て森を見ず、森を見て木を見ず>、<一書悉く信ずるは、書無きが如し>の倣い通りに、個と全体、全体と個の往復書簡を自己の中で積み上げて行く修行をして来た人が、初めて云える『歴史俯瞰図』なので在る。

 例えば、大学生が小学生にその知能程度を見て教える事は出来るが、小学生が大学生に教える事が出来ないのと同様の倣いで、個別習得が無い生徒に、歴史習得を授けるのは難しの類で在る。

 真似る⇒真似ぶ⇒学ぶ⇒知る⇒行うの学習五段活用は、地道な王道を愚直に積み重ねるより方途が無いのが、人間の道程でしか在るまい。

 古く成った町会図を現実に合わせると云う目的からすれば、現町会図を単に踏襲して変更を加えるだけでは、良い物は出来ない。面倒で在っても初心に立ち返って、伊能忠敬に倣って、何回も町会徘徊の実地調査をして行くしか良図は出来て来ないので在る。
 印欧語族の西洋手法では、Plan⇒Do⇒See⇒Check、Plan⇒Do⇒See⇒Checkの積み重ねをして行くしか無いのが、人間と云う物で在る。

 私は文系の日本人で在るから、白人科学手法のP・D・S・Cよりも、和風五段活用の展開の方が、心技体の『求道精神』に適って居る様で、体質に合う次第で在る。17C後半の科学革命と云われる合理主義の誕生に於けるベーコンの帰納法、デカルトの演繹法は、八尾萬の神々との自然共生型の日本人思考回路の根底に在る『求道精神構造』との関連性を示す物で、何と無く精神の据わりの好さを感じる次第なので在る。

 お天道さんも廊下に差して来て、穏やかな一日の始まりで在る。朝飯を食べたら、コスコ経由で米屋さん、個人スーパーに買い出しに行って来ると致そう。さてさて、コスコでお目当ての物が在るか? 覗いて来なければ、分らない処が、ロートル生活の好い処なので在る。本日は、ペダル散歩とするべし。へへへ。

 自転車で土手に立つと、好いタイミングでインテリ先輩殿の散歩姿で在る。問えばスタートとの由。自転車を戻して、散歩のお伴をする。真にぽかぽか陽気の気持ちの好さで在る。散歩帰りの河川敷ベンチでのフリートーキングのお時間は、新ベンチとする。中村哲先生の話をしたり、町会徘徊での不審者に間違えられた2件の話、将来有望格の中三女子の話などをして、好いお時間を頂戴する。短編第36部の狼話を、今日の話を参考にもう一度読み直して下さるとの由。へへへ、有難い事で在る。

 仕切り直しでペダル漕ぎをして、コスコ経由の米買いをして来る。給湯器のボイラーの点火が変なので、タンクに灯油を入れて、ススの付いたカヴァを開けて、ダメ元で空気の通りを良くして、点火して見ると普通に点火したので、ホッとした次第で在る。昼は買って来た駄菓子類で、オヤツ昼とする。

        さてさて、午後の部は昼寝に向けて、流しのマイタイムで好かろう。へへへ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!