FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・現場見学をして来る為り。

                現場見学をして来る為り。(1/17/20)
 昨日は散歩もしたし、頁捲りのノルマを果たしたで、少し横に為ろうとして居ると、タイミング好くガス屋さんの集金で在る。早速6畳に、暖房ONとしてストーブに火を点ける。その間に、灯油2缶を入れて貰う。

 ガス代&灯油代を支払って、暖まった電気カーペットに小型座卓を出して、カップにインスタントコーヒーを入れる。ブロンソンさん、お待ち兼ねのフィリピン・セブ島ボランティア行の報告とする。ブロンソンさんも業界仲間と一度フィリピンに行った事が在ると云う。巷ではフィリピーナは未だ未だ、人気が高い次第でも在る。

「例によって、今月分の夢奇譚とセブ島行は文章に成ってるんで、ボチボチと読んど呉れや。一緒に食べようと、昨日まで待ってたんだけど、来なかったから『完熟マンゴ』は俺一人で食べちゃったから、ドライマンゴで我慢しましょや。フィリピンに行ったら、完熟マンゴは飽きるほど、安価で食べれるから、お仲間と一緒に云って来ましょや。行けばジェニススタッフが案内して呉れるからね。
それにお試しで、日本がフィリピーナに誇る日清のシーフードヌードルに機内食用のスモールバターのトッピングが、コクが出て好かったんで、これで遣って見ましょや。」

「何時も何時も、Rさんには貰い放しで、有難く頂戴します。自炊して居る人は、庶民感覚の発想が好いですわ。弟さんが頼る訳だわ。」

「そうそう、俺は完熟マンゴ食べちゃったから、ドライマンゴは浸す位のお湯で膨らませて食べると、マンゴジュースと生マンゴの両方が味合えるから、遣って見ましょや。そうだ封を開けたのが在るから、一つ味見して見るかいね。」

              小部屋から持って来て、ブロンソンさんに渡す。
「こりぁ、マンゴが凝縮されて居て、充分ですわ。セブマンゴは、有名だけ在るわ。」

              そんな次第で始まった月に一度の男話で在る。

 彼も海外旅行には興味を持って居るし、団塊世代の半リタイアの日々が始まろうとする年代でも在るし、飲み友達も多いからして、興味深く聞いて居る。
「流石に晴耕雨読の静と動のバランスの好い人だから、こう遣って生の体験談と、文章の両方が聞けたり、読んだりする事が出来て、好い刺激、勉強に為りますわ。
 機会が在ったら、仲間と一緒に羽根伸ばしに行きたいもんですわ。働くだけが人生じゃ無い。息抜きが、百薬の長に為って来る年代だしね。これ読んで、大いに参考にさせて貰います。好きな連中が、結構居るんですわ。」

    そんな次第で、大いに盛り上がって仕舞った月に一度の団塊世代男話で在った。

 久し振りにカレーライスが食べたく為って、晩飯は大食いと為って仕舞い、もう少し頁伸ばしをする心算が、昼寝カットだったので、早寝をして仕舞った。

            夢の中でゲストハウスの賄い親父をして居た次第で在る。
目が覚めて、寝起きのアイドリングに、賄い夫レパートリを膨らませての布団から頭を出しての蓑虫シンキングタイムとする。

 起きて、餅の残りで雑煮食として、本日分ブログを打ち始めて居ると、弟から電話で在る。近くで水道、下水の取り出しをして居て、数年前の冬の白骨温泉での露天風呂工事の際に駆り出された一歳上のMさも応援に来て居て、会いたいと云うから、現場に行く事にする。

       2Tダンプ3台、重機3台の取り出し2か所のSの家の近くの工事現場で在る。

 無風の暖かい日で、邪魔に為らない様に見学をして来る。このメンバーでは3年ほど前に近くで水道管の敷設工事が在ったので、真夏の炎天下ボランテイアに10日程駆り出された時のメンバーで在る。
 応援要請が在ると、百姓の時季を除いて、Mさは駆り出されて居ると云うが、好いアルバイトが出来て、身体も鈍らずに好い稼ぎに在り付けて居るとの由で、実に元気で在る。目下、家ではインフルエンザの蔓延で『避難稼ぎ』との由。昼まで、片付けなどをして邪魔をしない程度に遊ばせて貰って来る。

 ゲストハウスの進捗具合は大分遅れて居るので、飛行機代の安い5月の連休前に社員旅行を兼ねて、1週間ほど工事に行って来るそうで在る。それをすればコアな所が出来るから、フィリピィンテンポで、年内には完成するだろうとの由。弟に、アイランドホッピングとボホール島での日帰り費用を聞いて置く。

                       左様で御座るか。
 完成した暁には、ハウス周辺の庭師と賄い夫料理の実演に行って来る必要も出て来るだろう。人間、何はともあれ、社会貢献出来ると云う事は、生きるメリハリにも通じると云う物で在る。へへへ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!