FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・キジバトにも、スイッチON為りしか?

キジバトにも、スイッチON為りしか?(1/20/20)
 この処、頭の一方に旧本を置きながら、新本捲りをして居る次第で在る。今まで積み上げて来た主本、サブ本知識が満載されて居るから、頭に負担が掛からない程度に、日に何度か小分け読みにして、記述の違いを愉しんで居る態で在る。新旧22年の開きに、教育界・時代の趨勢を観る魂胆も在る次第で在る。

 昨夜は貰い物の缶ビールと沢庵漬けで、大友柳太郎主演の東映時代劇を見て寝た次第で在る。『こら、鎖鎌野郎、主不在の道場の妹が余りの美形で、一目惚れしたと云っても、手籠めにしようとは何事ぞ。』危機一髪を柳太郎さんに救われたにしても、欲しいと思ったものは、絶対に自分のものにするの『野獣の捨て台詞』を吐いて、とうとう、鎖鎌で引き寄せ、監禁される身と為った美形さんで在る。

兎に角、飛んでも無い『悪辣不逞の鎖鎌野郎』で在る。然しながら、その形相と言い草が野獣染みて居て、美男美女の主役を食って仕舞う次第で、笑いを誘う次第で在った。

一時、ストーカー殺人、ストーカー犯罪が流行った事が在った。太古、神世の昔から、男と女の世界で在るから、美女・美形と野獣の略奪行為は生物の性なのだろうが、勧善懲悪の時代劇に在っては、『この馬鹿野郎、当たり前だろう、嫌がるオボコ娘を搔っ攫って来て、手籠めにして自分の物にするなんざぁ、斬り殺されて当然で在る。無限地獄に落ちるべし。』で、楽しんで見られる次第で在る。

ストーカー野獣鎖鎌野郎が中々に強いのが、時代劇の面白さで在る。悪役役者さんも、こんな役が回って来ると、さぞかし楽しかったに違い在るまい。へへへ、それを称して『役得』と云うので在ろう。

この処、私は女族の一切出て来ない『男夢』ばかりを見て居て、真に愉しい次第で在る。今朝は大学時代の仲の好かったKの夢を見た。彼の夢関連で、中学の同級会常連の東京に居るHが用事で不参加だった事も在って、彼も出て来る夢で在った。

歳を取ると『童心に還る』と云われて居るが、女族の出て来ない夢も、その『一環』なのだろうかとニヤ付く次第でも在る。尤も、そんな童心に還る夢ばかり見て居ると、寿命の尽きを暗示するとも云われて居る次第なので、気を付けねば為らないのかも知れない。へへへ。

昨日はお天気も好く、自然に足が伸びて好い散歩をして来た。河床を50年前に掘り下げられた川原には、子供3人が飛び走り、それを両親が追って川原を歩く姿が微笑ましかった。葦、雑草が台風で一掃された石と砂の川原には、子供達の遊びの跡が幾つも出来て居る。

小汗を掻いて戻って来ると、すっかり小柄に為ったお向かいさんが土手に居て、暫しの立ち話をして居ると、ご主人もヨロヨロと歩いて来ての立ち話と相成った。

正月不在を聞かれたり、お隣の独り暮らしだったオバサンは高齢で、施設入りして、家も売れそうとの事で測量に来て居た次第で、そんな話にも為った。Sとの町会地図の更新で町会徘徊をした次第で、多くの空き家が在る事で、勿体無いと思うと同時に、家から勤めへの『主軸の変化』に、時代の変化を感じた次第でも在る。

ラジオをBGMとして居ると、諸々の事が聞こえて来る。中国のコロナウィルスに依る肺炎の流行、ロシアの憲法改正、至れり尽くせりの電気自動車、家の作り、スマホで呼べる移動式トイレ・・・etcと果たして至れり尽くせりの社会は本当に、人類に幸福を齎すのかと、前にラジオで耳にした『不便益の進め』を思い出して、団塊世代のロートルは疑問を持つばかりで在る。

何事も『過ぎたるは及ばざるが如し』にして、『過保護は災いの元』と云う事が世の倣いで在ろうに。

そんな中で、実家の北海道で暮らす母親は20年間欠かさずに早朝散歩をして居るとの由で、その娘さんが正月に帰省して母親に倣って、一緒に散歩をしたと云う。20年間欠かさずに早朝散歩をする母親の精神力の強さを尊敬すると共に、自分も続こうとの便りが紹介されて居た次第で在る。

8時半で煩い番組が始まったので、ラジオをOFFとする。飯も炊けたから朝飯の用意に立とうとすると、松の横枝にキジバトが遣って来て、ボゥボウと鳴き始めた。去年楓の葉群に営巣したキジバトの雄らしい。私とは顔見知りの間柄で在るから、私の存在は意に介さない止まりで在る。暖冬と冬至の折り返して、日の長さの進みに、営巣のスイッチがONされて来て居るのだろう。

本日、生ゴミ日で出そうと思えば、未だ早いの段で在る。それに比べると、プラスチックゴミの何と多い事か。ゴミ出しパスで在るから、水槽の補充水を入れて回り、川に汲みに行って来る。廊下の溢し餌を掃き出して、ヤクルトコールの変更で一日早い月曜とのペーパー置きで在った。

諦めては居るが、細い道のクランクに車を止めてのコール、物の10mも進めば土手に車を止められるし、家に居ても小さな声で、小部屋に居ると聞こえないコール声で在る。話しをして居ても、現代さんで自分の主張はするが、家人にコールが聞こえない様なボリュームでは、その目的が達せられないのだが、それが解らない様では、如何しようも無しで、その手のお付き合いとして居る次第で在る。

其処に行くと、前任者のスリム美人さんは、通行の邪魔に為らない土手に車を止めて、配達物をショルダーバックに入れて、何軒も訪問する方法を取る。居ないと庭にまで回って来てコールをして呉れたし、道で会うと車を止めての声掛けも頂戴する。歳が倅と同い年との由で、私の方にも娘感覚が働いて、セクハラトークも出来て愉しい付き合いが出来た次第で在り、苺シャム、梅干し、吊るし柿が大好物で、ついついお裾分けをして仕舞った次第で在る。

私なんぞは常識外れの性根では在ったが、一歩外に出れば非常識行動は『親の恥』と為るので、行儀の好い優等生を演じて居た物で在る。まぁ、こんな常識中の常識を大人に言って見ても始まらない。これも解る人には解る、解らない人には解らないので在るから、これも致し方無しの事務的お付き合いの態で在る。
二週続けて代金が貰えないのは困るだろうから、玄関に2週分の代金を置いて置くと致そう。さて、飯にすると致そう。

朝食後は春を思わせる陽気の好さに、ついつい春に成ったら遣ろうと思って居た、柿の枝切りをする気に為って仕舞った。七輪での薪サイズに切って、乾燥させて庭でのバーベキューの薪とする心算で在る。薪の煙・匂いと火は、郷愁を運ぶ物で在る。

廊下を開けて置けば、常連雀が廊下に入っての零れ餌を食べに遣って来て居る。小部屋から見て居ると、一羽は大胆で在る。廊下をトントンと移動して回って居る。アハハ!!

さてさて、好いお天気で在るから、廊下に移行して頁捲りのお時間と致そうか。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!