FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・歩けば、好事に当たる為り。

怪しい微笑み

                  戯けロートルも歩けば、好事に当たる為り。(1/22/20)
  用事が無い限り、何時食べて、何時寝て、何時起きても、一切迷惑の掛からない自由の身で在る。一定の睡眠を取って仕舞うと、後が続かない古希坂住人の生活パターンと為る。新陳代謝の衰えて居る次第で、若い頃の様の幾らでも『寝れる体力』が無いので在る。

  Yに賞味期間が切れ掛かって居るから、早い処飲めとの缶ビールの差し入れなので、折角の行為を無にする訳にも行かぬ。晩飯時に飲んだら、長編時代劇を観て居る内に眠く為って来て、布団の中に潜り込んで寝て仕舞った。

  トイレに起きて、PCをOFFとするが、冬の寒さで、途中で起きるのも面倒で、其の儘、睡眠続行として仕舞った次第で在る。次のトイレ起きで睡眠は充分らしく、バッコン腹筋体操をして起きる事にする。明かりを付ければ、本日は2時で在る。

           2時代は洋楽で在る。コーヒーに煙草のショート吸いをして、昨日を振り返る。

 新本読みをして居ると、新しい表現が随所に在って、臍曲がり人間としては頭の整理と云うか、何でこんな事位に新用語を使わなければ為らないのかと、異議を唱えたく為る進みで在る。

  差し詰め、学者さん達の記述法は参考文献の西洋史の翻訳側面が大なのだろうが、白人毛唐人種は殊更に『革命』と『ルネッサンス』の表記法が好きらしい。

 新本に一つ加わったルネッサンスに何と『12Cルネッサンス』為るヨーロッパの大学発展が記されて居て、都合、カロリングルネッサンス、12Cルネッサンス、14Cルネッサンスの並びで在る。中高の半世紀も前の教育では『人間性回帰の14Cルネッサンス』だけの物で在ったのだが、カロリングも12Cの付け足しと為れば、それは『文明開化』と表現する方が日本語としては的を得て居ると思われる次第で在る。

  其処までルネッサンスの表記を使いたいのなら、日本が東洋、中東に及ぼした明治期の日清、日露の華々しい世界デビューに関しての殖産興業・富国強兵に関しても、それを受け入れた清、朝鮮、ベトナム、インド、エジプト、オスマン・トルコへの影響度に対しても、『アジアンルネッサンス』と表記しても好さそうにと思って仕舞う次第で在る。

       正しくこれでは、中国に華夷思想、西洋に白人至高思想の態では無いか。

 頁を読み進めて行く内に、帝国主義の時代に入って、『公式帝国主義』と『非公式帝国主義』の記述には面食らって仕舞った。

  私の知る限り、他国侵略方式には3形態が在って、領土侵略、人口侵略、資本侵略のとの由。これの方が、余程侵略の本質・形態を映し取って居る表現と云う物で在る。
  学者先生達の一方の研究に外国文献の翻訳紹介の側面が在ろうが、翻訳とは単に『直訳』する事では無かろう。

  有名な話では、RIGHTSを福沢諭吉が、『権理』と正訳し、西周(にしあまね)が『権利』と誤訳したのが、日本の積年の誤訳と云われて居る次第で在る。高校を卒業して、法学部の学生として、その講義を聴いた時の、或る種の感銘は未だに忘れられない『カルチャーショック』の一つだった次第で在る。

  又『ノーホーク農業』と云う記述が旧本の中に在って、その説明は冬の家畜飼料に英国・タウゼント卿がカブを与える事で、冬の時季の家畜の屠殺する事無く家畜の通年飼育が叶って、卿は大いに名声と財を築いたとの記述が在った次第で在る。
 然しながら、肝心のノーホークの言語訳が無く、獏然とホークが干し草なのだろうの想像が働く次第で、或る時、モヤモヤを晴らすべく辞書で当たって見ると、訳の最後尾にその意味が在って、学者連中の好い加減さに腹が立った次第でも在るし、革命・リボルーション、ロボルートを字引して見ると、案の定、好い訳語が載って居た次第で在る。

  日本人の利点、欠点に、論(あげつら)うを好しとしない定義を回避する『曖昧模糊性』が在るのは、誰しもが知って居る処で在る。それが功を奏すれば何でも引き受けて、取捨選択をして日本独自の神仏混淆に象徴される如く『習合文化』を育んで居る文化風土を持つ国原なので在る。

 従って、他との軋轢回避の術が、曖昧模糊を放置する国民性とも云える次第で、それが外来文字の訳の解らない『カタカナ文字』が多投される所以なので在ろう。

 そんな諸々の読書感想を抱きながら、昨日は気温が高い内に、旧本をマスターした時期を大学として、その後に世界史の教師に為った自分を置いて、それから22年経過して、新本を手に取って、教壇で授業をして居る自分との想定問題をしながらの散歩に出向いた次第で在る。へへへ。

 河川敷散歩をして居ると、上から妙な腕振りで歩いて来る男性老人の姿で在る。丸で外国宮殿の衛兵の様な大袈裟な腕振り歩行で、その人の独特な腕振り運動散歩の形らしい。

  散歩の帰りに、就寝時の喉の渇きの水分補給に、リンゴを一口サイズにカットして食べて居る次第で、そのリンゴの補充にシルバーセンターのコーナーに立ち寄ると、中学の同級生と久し振りに会ったので、同席しようとしたら連れが居て、今、二人で同級会をして居る処と、目だけが出て居るマスク女にギョロリと見られて仕舞った。

誰だと思ったら、Oで在る。如何も、彼女とは相性が悪いので、パスしてリンゴだけを買って、向かいの個人スーパーで買い物を済ませて来る。

  レジ先輩さんに『また、えらく日焼けして居るけど何処へ行って来たの』でと、暫しボランティア行の話をして居ると、次の客が話に加わって来て、ああだ、こうだの暇人話しが始まって仕舞った。

  オバサンもレジ先輩さんと同じ22年生まれだと云う。私が一級下だと聞くと、其処は女族さんで、ネズミ歳は如何のこうのと『干支占い』をして下さる。所謂、血液型占い同様のゴム印話で在る。卵が先か、鶏が先かの定型談で、流石に一歳上の女族特有な饒舌振りで、私としては大人しく『長幼の序』に従って、拝聴して来た次第で在る。へへへ。

  そんな暇人の油売りをして来て、大通りを下って来ると、おやおや、これは久し振りで在る。美人後輩の秀子さんが、老犬を抱いての散歩姿で在る。手を振ると、信号機を渡って来ての帰り道雑談と相成った。

「おぅ、犬も生きてたか。元気そうで何よりだ。俺は、美人さんの顔が見れ無くて、死んでたけどさ。」
「またまた、巧い事云っちゃって。元気溌剌で艶々してるじゃ無いですか。それに日焼けしてる。何処か行って遊んで来たんでしょ。」

「そうじゃ無いさ。弟に強制連行されて、フィリピンで毎日重労働のドカチン遣らされて来たんだわ。朝の8時から夕方の5時まで、ヘロヘロの全身濡れ雑巾作業でさ、毎晩、1時間の痛いマッサージ受けて寝るだけ。股間の汗疹がフィリピン土産で、軟膏塗りしてるぜや。」
「ヤダ~!! でも、Rさんはフットワークが良いわ。河川敷も奇麗に刈られて、散歩が気持ち好い物。流石にRさんで、普通の人じゃ出来ないボランティアだわ。」
「そうずら、他に取り柄は無いから、縁の下の力持ちで、ボランティア肉体労働が、吾が天命だわさ。」

 二本線OBの誼で、折角の拠点が出来たから、利用すべしと云うと、今は教育費に回って余裕が無いとの由。それでも、人生は長いから、拠点が在ると云う事は、好い事だと云って置く。

 斯様にして、『犬も歩けば、棒に当たる』とは好く言った物で在る。陽気の好さに散歩に出掛け、シルバーセンターで同席しようとしたら、ギョロリと睨まれて仕舞い、個人スーパーで油を売って来ての帰り道、美人後輩さんと久し振りの顔見と話しが出来たので在る。本の何秒かの行き違いが在れば、顔を見る事も出来なかったタイミングの好さで在った。

       まぁ、これもお天道さんのご加護と云う処なのだろう。アハハ!!

 5時で在るか。津々と冷えて来た空気で在る。さてさて、本日分の長駄文館ブログも長々と為って仕舞った。温い寝床に潜り込んで二度寝と致しまする。





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!