FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・さて、本日は何をするか為り。

                さて、本日は何をすると致そうか。(2/20/20)
       さてさて、起きるかい。暖かいと、腰の振りも大きく為る物で在る。アハハ!!

 梅干しを一つ口に入れて、朝茶とする。梅干しも角が取れて、まろ味が備わって来るから、寝かしの熟成とは有用な物で在る。人間も寝かしの味が出て来るのは、古希坂に為ってからなのかも知れない。熟成⇒枯れ⇒寂滅と考えれば、後10年程が身体の利く生き方なのだろう。10年と為れば、寂滅も射程圏内と為って来るから、困った次第で在る。

 ラジオは面白くない時間帯に入ったから、テープに切り替える。目が痒く成って居るし、鼻水もタラタラの厄介な花粉の時季に入って居る。

 常連雀の三羽の一羽が、サッシの縁から背伸びをして、廊下を覗き込んで居る。サッシを少し開けて、飛ばし餌の掃除をして貰うと致そう。今度はヒヨドリが遣って来て、松の小枝に止まって、此方を見て居る。

 四畳半に居ると、至近距離でヒヨドリが南天の赤い実を食べに、頻繁に遣って来て居る。廊下に入る雀、四畳半至近距離で南天の赤い実を食べて居るヒヨドリも、私を個別認識して居る様で、察するに共に私の手から放たれた体験を持って居る個体なのだろう。

            是を称して、『人畜無害の関係』と云うので在ろうか。
そう考えれば、私も成長したものでは無いか。人間から見たら、鳥に対しては精々が鳥種の区別でしか無いが、野鳥からしたら人間は『危険種』で在る。その危険種を個別認識して居るので在るから、人間以上の頭の良さと云わざるを得ない次第で在る。
               『自惚れる勿れ、人間界』の沙汰で在ろう。

『スギ花粉と共に、冬は去りぬ』らしく、何でも食べて冬越しの最終盤に掛かって居るのだろう。散歩時には採る人の居なかったたわわな柿が、物の見事にヘタを残すのみと成って居る。その様に、越冬自然界とは、食糧調達のサイクルを良く理解して居ると感心させられる次第で在る。細く長く生き延びるのが、自然界の食糧ローテーションなので在る。

 さてさて、腹も空いて来た。昨日買って来たカヴァを交換してのガス台磨きをして置いた次第で在る。汚いよりも、すっきりした方が気分が好い。チョイと手を加えて、朝飯用意とするべしで在る。

 食後のニュースを聴けば、武漢肺炎関連ニュースと、久し振りのゴーンニュースで在る。一事が万事で、ルノー本社からも資金の使い込みの咎で捜査の手が入って居るとの由。

 おやおや、入って来ないからサッシを閉めて仕舞った処、雀のサッシへのホバーリングで在る。左様で御座るかで、サッシを少し開けて来る。朝の内はお天道さんの輝きが在ったから、飯後は布団干しをしようと思って居たのだが、曇天の侘しさと成って居るので、パスの段で在る。

 雀が一羽遣って来て、すんなりと廊下に入って餌漁りをして居る。トイレ立ち&本持ちに帰ったか否かを確かめて来る。一応、どの部屋もバタ付きが無いから帰ったので在ろう。

 朝の腰の大振りは形を潜めて仕舞い、寒い日中で、止む無しのべージ捲りを前倒しとすると致そうか。ずーと武漢肺炎ニュースばかりで忘れて仕舞ったが只今、三寒四温時で在るからして、むべなるかな・・・で在る。

            ハハハ、居ないと思ったら、四畳半に居た雀で在る。
大人しく捕まえられれば、それで即放鳥の段なのだが、逃げ回る雀と追い駆けっこをして浴室で漸くの捕鳥に漕ぎ付けて、廊下からの放鳥と相成った。

 物は考え様で在る。寒い日は風呂に入れとの雀を借りた事付けと解釈して、風呂に入ると致そうか。散歩はそれからで、好かろう。へへへ。


スポンサーサイト



コメント

No title

                未来の後輩さんへ。

 そうでしたか。後期試験頑張って下さい。私としては、是非とも後輩に為って貰いたいですよ。

 長い人生振り返れば、如何って事無いですよ。斯く云う私も絶対視されて居た大学受験に失敗して、七不思議と云われたものです。自惚れが強かったから、ショックは大きかったですけどね。

 でも、大学行けば、そんな不運者は幾らでも居ましたよ。黙って居ても、自ずと解かる、一目、二目も置ける連中との話は、好い刺激に為りますよ。

 弱音を吐くな、質実剛健、大道を闊歩せよで在りまする。第一印象に違わず、好い気質を持って居ますから、早い処、頭の切り替えをして、実力発揮をして下さい。

 出題者のミスで、味わった試練。合格の折は、話を聞いて、世の不条理に就いて、OB解釈などして見たいと考えて居ますよ。へへへ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!