FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・一日遅れの快眠為り。

                 一日遅れの快眠為り。(2/23/20)
 よく寝た。起きるか。バッコン腹筋体操をして、明かりを付ければ5時前で在る。小部屋に入り、モーニングコーヒーと朝の一服を吸う。

 好く云われる事では在るが、『歳を取ると、痛みとか疲労が遅れて遣って来る』の実感をする次第で在る。普通なら一日前の筈だった疲れによる快眠が来ずに、不思議に思って居た。昨日は午後からの氷雨風の寒さで、家に閉じ籠もりの一日と成って仕舞った。

 そんな次第で頁捲りも飽きて仕舞い、早々に止めて、する事も無いから、プリンターも復調した事でも在るし、備忘録に手書きで加筆した頁が3、4か所在るので、それをPC清書して置く事を思い立った次第で在る。その中で一番の書き込みの多かった頁が、ドキュメントに見付からず往生した。物の整理整頓は苦手中の苦手では在るが、事が頭の整理と為ると、人一倍気に為る男で在る。

 印刷されて居るから、ドキュメントに収納されて居ない筈が無い。備忘録は私としては、『労苦の証』で在る。そんな労苦を無にする、馬鹿な筈が無かろう。

    然すれば、タイトルは記されては居るが、他のタイトルの中に入って居る筈で在る。

 在った在った!! 胸を撫で下ろして書き込み清書に及ぶ。然しながら、書き込み個所と字数が多過ぎる頁で在る。これは頭の捻り処で在る。こう云う難題に遭遇すると、体質が『天の邪鬼』に出来て居るから、俄然とファイトが湧いて来る。

 見たか知ったか、これぞ、森の石松様の本気度じゃい!!の我田引水のほくそ笑みで在る。ニャハハの結果に気を好くして、後は晩飯を挟んでの2時間半に及ぶ洋画鑑賞とした。

 名優アンソニー・クイン、オリヴー・リード、ロッド・スタイガーが、リビアを舞台にがっぷり四つに組んだ第二次大戦下に於ける戦争巨編『砂漠のライオン』で在る。イタリア語版で言葉は一切理解出来無かったが、名優三人の圧倒的存在感は、言葉の壁など一掃して余り在る内要で在った。

 ムッソリーニ時代は、ヒットラー・ナチスに並ぶ。イタリア全体主義下で行われた近代装備の冷酷非情なイタリア軍と騎馬戦の砂漠戦は、迫力満点にして、クインが体現するアラブイスラムと、リード、スタイガーが体現する全体主義国家イタリアの植民地主義の構造は、世界史を映像化して呉れて、歴史知識を平面から立体へと理解させて呉れる物で在る。ムッソリーニ役も、名優ロッド・スタイガーと来て居る。

 世界史効果で時代背景の理解も然ながらに、リビアの風景、指導者としてのクインのコーランを絶えず読む姿は、イスラム界のウラマー(知識人・指導者)を体現して居て、或る意味では、現在の宗教国家イランの指導者を彷彿とさせる。

  活字の平面描写と映像物語の映画の立体感は、趣味の世界史を立体化させて呉れる好機でも在る。

       20C前半は、世界史では『戦争・再分割の時代』と位置付けられて居る。
伊のアラブに対する虫けら扱いの植民地・侵略行為は、現在、中狂がチベット、ウィグル、内蒙古で行って居るジェノサイトを彷彿させると同時に、日本が行って居た朝鮮、台湾、満州国での施政観とは真逆の方向で在った事を見せて呉れる。

 好い物を観て、大いに満足した。そして、前日の疲労と備忘録PC清書の安堵感に早々のバタン・キューの快眠の次第で在った。

 こんな事を浮かぶ儘に打って居る内に、夜も明けて腹も空いて来た。残り物整理の朝飯として、冷えた身体でも在るからして、風呂にでも入って置くと致そうか。日曜で在るか。さてさて、本日は如何進むのやら。

 飯、入浴と本日は余裕で在るから、大分空気は冷たいが昨日サボって仕舞った散歩に出向く。Uターンの西の河川敷から、適当な石を物色しながらの帰りで在る。好さそうな物を見付けて、川原に下りる。二つを持って、途中で休憩したい処では在るが、頑張れる所まで行く事にする。その途中で、今季2羽めの雌ジョービタキとの遭遇が在った。如何にか頑張って、帰って来る。早速、石を並べて、甲斐が在ったと同時に、春の愉しみの気分で在る。

 それでも、未だ10時半で在る。不足無い睡眠後の早起きとは、時間の経つのが遅い物で在る。空気も暖まって来た事でも在るし、廊下読書と参りましょうかね。へへへ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!