fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・毎日が日曜日でも、色々有る物為り。

               毎日が日曜日でも、色々と有る物為り。(5/17/20)
 全てSに遣って貰った次第で在るが、見てメモするだけで疲労困憊。夜はスパゲティを茹でて、自前スープを解凍して飯のおかずとして腹一杯食べて、『バタンキュー』の就寝で在った。

 餅は餅屋とは云うが、月とスッポンの違いをマザマザと見せ付けられて、車の見送りには深々のおじきをさせて貰った次第で在る。へへへ。

 機械音痴の私には、恵まれ過ぎて居る友人の幸運と云う物で在る。M氏存命中はSOSを送り、T、M氏亡き後は、Sが後を継いで呉れて居るから、私は幸せ者で在る。これも一重に、お天道様の御助力の賜物と云って好かろう。

 本日は無風の曇天模様で在るが、充分なお湿りを得た庭に出て、雨の滴を溜めた植物に濡れぬ様に一観察をして回る。トマトの脇芽を欠いて、挿し芽をして置く。這わせの支えを採った西洋朝顔にも、双葉の間から幼芯が顔を出して来た。目下の探し物はマツバボタンの発芽で在るが、未だ出て来ない。芍薬の蕾からは、一部紅割れが見えて来た。

 葉野菜類はべんり菜を筆頭に小松菜、チンゲン菜、ホウレンソー、シュンギクと形を為して来た。今年は例年に無く、苺群の背丈が高い。これは、鈴生りの収穫が期待出来る。色付いて来ると、苺ジャム作りが忙しく為りそうで在る。それに豊後梅も、今年は生り年と成る。

 まぁ閉じ籠もりロートルでは在るが、外に出無くても家で色々と遣る事が出て来る生活は、方丈者としては退屈もせずに好い運動、目の保養、張り合いにも為る次第で在る。

 昨日は半ば明らめて居た雨日で在ったから、一応、ブログを簡単に打った後は、頁捲りに主体を置いて読んで居た。覚える段階でも無いので、世界地図に当たってじっくり読みとした。

 丁度、北虜南倭の宋代に差し掛かって居たので、中国の地図に赤丸をした都市名を確認しながら、つくづくと中国の地理を見て行くと、一治一乱の中国王朝の漢人王朝、北方異民族の浸透王朝、征服王朝の興亡史の様をその王朝王朝の都の変遷を見て行くだけでも、王朝の拠って立つ歴史的地政学の勉強にも為る。
 地図は平面的で在るから、緑の平野部、その中に在る長江の湿地地帯を見るに付け、大きく見れば、黄河の華北と長江の華南との文明文化の違いも想像出来るし、魏晋南北朝に端緒を持つ華北から華南への軸足の移動は、北方騎馬民族と華北の雑穀、華南の稲作、其々の文化の衝突・攪拌の歴史が理解されて来る次第でも在る。

 四辺を海に依って国境画定されて居る日本と違って、陸続きの国境はその地に拠って立つ国々の国名、版図の伸縮の跡は、夏草や、兵共の、夢の跡では無いが、強国・勢国の夢の跡を記すのみとする『可変の歴史』を見る次第で在る。

 一行に注目したり、数行、半頁に、他の共通項を見出して暫しの頭の歴史反芻をしたりの、ペースダウンの頁進めで在る。草食動物が脚を折り畳んで、口をモグモグ動かして居る反芻食の様な物で在る。

 家の中でバタバタ音がするので見に行くと、大きなモズが一羽入り込んで居る。色具合からすると若い個体で在る。鳥籠を見ると、一羽が落鳥して居る。何処から入った物やら、追い掛け回して、御用とする。体罰として、狭い籠に入れて直射日光の庭に置いてから放鳥とする。もう、例年だとモズは移動して居る筈なのだが、弱肉強食、隙在らば、一気に強襲するのが、自然界と云う物で在る。

 飼い鳥は非力で大人しい農耕民で、モズは差し詰め騎馬民族強襲種族と云って好かろう。何しろ、日本に於ける最少の猛禽類がモズで在る。

        独り生活の毎日が日曜日でも、色々、有るもので在る。やれやれ・・・。
            昼は偶には、寿司でも買って来て食べると致そう。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!