FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・骨休めには適当な曇天の涼しさ為り。

               骨休めには、適当な曇天の涼しさ為り。(6/6/20)
 昨日と比べると、曇天の分、身体が休まると云う物で在る。生り物には休みが無いから、苺の朝採りをしてジャムを一瓶詰めて、残りは明日の分に回す。もう瓶が無いので、後は私用分としてタッパに収納するしか無い。終盤と成って、小粒の物が大半では在るが、それでも一年を掛けて結実した物で在るから、無駄無く採って、ジャムにして遣るのが生り物への上仏、供養と云う物で在る。

 形は悪いが、キュウリの一番手が夕方にも採れそうな大きさに成って来た。ニワウメも一気に赤く成って来た。2、3粒、口に入れると懐かしい淡泊な甘味が在る。

 昨日は庭タイムとして居ると、下校時の男子高生が話に夢中で、自転車を転げて痛ぇ~の絶叫で在る。
年に一度位は、道を踏み外して、自転車ごと落ちて来る。そんな次第で、上の石が菜園に落ちて来るのだが、痛い痛いの悲鳴だけで、自分の不注意による後始末に頭の回らない学生達で在る。

 子供時分の倅、娘、孫も、同じ様な場面で同じ様な事をしたら、即座に私の鉄拳が飛ぶシーンで在る。「馬鹿野郎、手前の不注意、不始末だろうが。不注意の弾みを受けた者には、痛いのは関係ない。とばっちり被害だろうが。自分の事は一番最後じゃい。元に戻してから泣け!!失敗に懲りたら、次からは注意力を磨いて置け。この馬鹿垂れが。ガツン、ガツン。」

 斯く云う私も、父親代わりの長兄、母親から、そう躾けられて育ち、子供達にもそう躾けて来た次第で在るし、孫達も父親からそう躾けられて居る最中で在る。天災の不可抗力被害を除いては、故意、過失も無い。在るとしたら過失相殺が人間界の法理で在る。先ずは原状回復が筋で、物的損害補償・精神的慰謝料と繋がるので在る。アハハ!!

 今に始まった訳の無い人間の性では在るが、出来の悪い輩は概してそんな物で在る。人が見て居なければ、平気でポイ捨ての不行儀の時代で在る。育ち方の違いからだろうか、不注意による怪我は自分持ちで、壊して終った物を元に戻すのはエチケットの基本中の基本で在る。転げた生徒も生徒なら、友達がその分を後始末するのが、『良友の役目』と云う物なのだが、それに気が回らないのは、その程度の鈍感さ&気配りの欠如で、所詮、私とは付き合えない『脳足りん』なのだろう。

 早く逝って仕舞ったTにしろM氏にしろ、私とのキャチボールが黙って居ても出来た良友2人で在った。へへへ。

    矢張り、石が4つ落下して居た。現行犯で無いと注意出来ない処が、腹立たしさで在る。

 涼しく過ごし易いと、人間の体は正直で、昨日の半日のお手伝い、話し込みの疲れが出て居る老体で在る。本日はスローダウン日として、骨休めには丁度好い気温で在る。

 頁捲りでもしようかと思って居ると、二本線先輩から電話で在る。暇して居るから、花でも植えに行きますかと云えば、午後に貰いに行くとの由で在る。先輩も後輩の天理教さんも、『作る派』で在る。

 どちらの家庭菜園にも、トマトが植えられて居た。そしてどちらとも『芽欠き』がされて居なかった不思議感を持った次第で在る。

 私も農家の生まれでは無いので、自分が暇潰しに家庭菜園をする様に為って、テレビなどの家庭菜園番組で芽欠きを知った次第で、毎日が日曜日の観察対象を自然に移して行くと、色々な物が見えて来て、中々に飽き無い時間潰しと為って居る次第で在る。観察する事は、何かと思考回路に潤滑油を射して呉れて、脳細胞を活性化させて呉れる作用が大の様で在る。

 午後に先輩さんが来て呉れたら、またまた下っ子同士のじゃれ合い交換で土弄りをして見ると致そうか。作業をすれば、それだけ運動にも為る。じゃれ合い漫才をすれば言葉の足しにも為ろうと云う物で在る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!