FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・肌寒き朝為り。

                   肌寒い朝為り。(6/16/20)
 昨日は暑く、日没の頃の散歩で在った。青葉茂る時候で在るから、家の主の健康具合、老齢化具合が庭樹、庭の手入れ状況などで明確に映る。例年、この時季は各種の百合が咲き誇る筈の所が、数が少ない。百合球根が、草臥れて来て居るのだろう。

 これも、自分で遣って居ないと解らない事で在る。私の処のカサブランカも草臥れて来て、今年は衰退が目立つので、来年は世代交代で新しい球根を植える必要が在る。それと比べると自生する鬼ユリ、苺の増殖振りは土との相性で凄い物が在る。

 梅雨前は夏日の訪れに流れが弱って、青みどろの多さが目立った流れも、梅雨で川底が一掃されて、気持ちの良い流れと成って居る。

 更地に成って3年が経過する所では、雑草、アカシアの木が生えて来て居る。自然のままに放置されて居る空間の様は、或る意味では普段は想像も出来ない色んな種が飛んで来て居る事を現わして居る様を、目視させて呉れる物と感心させられる。

 そんな次第で在るから、家の主の管理力が衰退して来ると、自然の天下と為る。農家の高齢化、後継者の無さで、休耕地の荒廃振りが、論議されて居た世相時も在った。

 周回コースを戻って来ると、毎日の夫婦散歩者のNちゃんが下りて来た。もう暑くて、散歩時間の変更との由。

 全戸開放の家で在るから暑く成ると、蚊と同居する家で在る。蚊取り線香を引っ張り出して、夜の部、就寝をした朝で在る。本日は6時前の起床で在る。廊下鳥を所定の場所に吊るして、朝の庭回りとする。既に早朝散歩の常連さん達が、其々のスタイルと歩き方で通って行く。矢張り、年配者が多い。

 採取物が無いから、草の芽出しを摘む。去年から何でこんな所に、マツバボタンの芽出しが在るのか?と首を傾げる所から、今年も小さな発芽が在る。いざと云う時の挿し芽の基株と為る貴重物で在るから、その周辺の細かな雑草抜きとする。
 土手花壇に蒔いたマツバボタンからは、一向に発芽が無いのが、残念な気分で在るが、三袋蒔いたのだから、待つしか無い。自生株が一つ在ったから、その挿し芽をした物が根付くから、マツバボタンの確保は出来るのだが。矢張り、期待して居る物の発芽が見えないのは気に為る次第で在る。へへへ。

 未だ早朝の口で在るから、肌寒い。長袖を着て来る。廊下でお茶と煙草吸いをする。昨日散髪をした松と楓で在るから、すっきりした空間で在る。未だ朝飯の時間には大分間が在る。前々から目に付けて居る好い石が在るから、チョイと遊んで見る事に致そうか。日課と為って居た苺採り、青山椒実採り、ジャム作りがを終えて仕舞ったから、何か穴埋めをしないと『朝のウォーミングアップ』の調子が出て来ない次第で在る。

 重いし少々距離が在るから、キツイと思って居たが、形が持ち易く然程では無かった。軒下の石庭風の川砂利を敷いたスペースのアクセント付けが目的で在る。置いて見ると、欲が出て来るのが人間と云う物で在る。色、形の好い物をチョイスして来て並べ、その横にアザレアの鉢植えを置くと、好い感じに為って来た。遣り始めると、エンジンの掛かる親父で在る。物は序で在るから、前々から私の寝室と為って居る八畳の廊下上がり石を少し高くして、向きを整えようとバールを持って来て、扱き上げて、下に回りの小砂利を空き込む。短い手バールしか無いので、手古摺って仕舞ったが、誰も見て居る訳でも無し、これも運動にして知恵出しのお遊びの時間で在る。

 まぁまぁの感じに為って、我田引水・自画自賛の縁側茶と煙草吸いを愉しむ。我田引水・自画自賛は精神面のストレス退散効果に適して居るし、それなりの力仕事をすると新陳代謝の促進効果も出て来る。さて、飯と致そう。末端底辺貧民の食卓に載るのは、糠漬けキュウリ、ナスで在るからして、ヤクルト以上の地場乳酸菌発酵食品で、腸内バクテリアの活性化にも通じる次第でも在る。自生青山椒実を入れて作ったチリメンジャコの山椒実炊きが、これまた、古希坂住人には乙な大人の味と云った物でも在り、特辛味噌の辛さに飯が進む次第で在る。

 食後の一服を付けて居ると、消防車のサイレンが下って行く。土手に出て見るが、何も見えない。朝は肌寒かったが、今日も暑く成る。暑さ疲れに、朝の肌寒さと、巷のコロナ騒ぎよりも、吾が身の調整が肝要で在る。正午には一時間以上在るから、午後の部に向けて、ノンビリをして置くと致そうか。へへへ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!