FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・予定変更為り。

                   予定変更為り。(6/17/20)
 明日から3日間の栃木県は、中禅寺湖でのドカチン応援で在る。Sさんとは十数年振りの顔見で在るから、お互いに歳を取ったの感じなのだろう。まぁそれでも、旧知の顔を見れるのは楽しい物で在る。3日間も在るから、色々と楽しい話も出来る。まぁ何しろ古希坂住人で在るから、人生の積み重ねで得る処多しの『味の在る話』が聴ける事だろう。

 そんな次第で、今朝は家を空けるので草毟りをして置く事にする。奥の方は如何しても疎(おろそ)かにして居るので、雑草の繁茂には驚く。草抜きをして居ると、今年は何と自生朝顔の芽出しが多い事か。見付ける度に、嬉しく為って仕舞う。雑草解除で日当たりも好く成るから、朝顔にとっては好いタイミングでの環境権を得たと云う処で在ろうか。アハハ!!

 遣り始めると、切りの好い処まで手が出て仕舞う物で在る。野バラ、雑木などのカット、妖怪様が頂戴した薔薇の切り花を云われた通りに『挿し芽』をした処、根付いて奇麗な大輪の花を咲かすと思いきや、先祖帰りの野バラと為って、しょげ返って居た。そのバラは好い場所で、旺盛な厄介物に為って居るので、思い切ってカットした序に、本を断つ為に穿って太く成って居る根を鋸カットして置いた。

 偶には家を留守にする事も、『誘因効果』と為る物で在る。昨日は少々力仕事で川から3個、色、形の好い石を抱えて来て、アレンジして自画自賛として居たので、腰が痛い次第で在る。
 西洋朝顔のフェンスを越した頭を摘芯として、キュウリの頭の摘芯も夕方にして置くと致そう。ゴミ出し後は、一年に一度の青山椒実で在るから、留守を前に残り実を採って、一茹でして冷凍タッパに加えて置く。こうして置けば、何かと重宝と為る。

 昨日はSが煙草を吸いに来たので、2種類のチリメンジャコの山椒実を加えた自前佃煮を味見させると、『味の濃淡、共に好し』と云うから、お裾分けとする。

 朝飯時にはセリをカットして、食卓に緑を添えるとして、私としては3日間の留守の手当てをして居る次第で在る。何が幸いするか、人間とは面白い物で無意識にも好作用が派生する物らしい。へへへ為りで在ろうか。

 私は人前では、決して本は読まない事にして居る。それが、男子番からの『私の見栄』で在る。そんな次第で、健忘症進む古希坂に在っての頁捲りの『中断』なのだが、昨日は丁度、西洋列強の世界進出の帝国主義の単元に入って居たので、世界地図を開いての行読みで在った。地図帳を開けば、随所に赤丸がして在り、赤色鉛筆の文字で在る。塵も積もれば山と為るで、これまた、私の学習履歴と云った処で在る。

 脳内で出来る世界史散策に在っては、地図は対の関係に在る。そんな次第で、世界地図の海の名称・配置・海・湾・海洋と世界史に登場する海路の要衝を眺める時間に充てて居た。大体、それらの位置関係が頭に残って居るから、頭の中の世界地図を開きながら、世界史のお浚いが出来るから、丁度好い世界史反芻の時間を持つ事も出来様か。

 さてさて、8時で在るか。朝飯にして本日は明日からの肉体労働に備えて、体力を保存して置くと致そうか。人間、頼りにされて、肉体労働のお手伝いが出来る内が花と云う物で在る。明日からは飼い鳥を連れての、3日間の中禅寺湖ボランティア行で在る。へへへ。

 風呂に入って居ると、弟から電話で在る。予定変更で21日朝6時に会社出発との由で、4日分の着替えを持てとの事。社員が辞めて遣り繰りをして居るので在ろうから、仕方の無い事で在る。1人当てが出来れば、遠征仕事で在るから進めて置きたいと云うのが『人情』で在る。私も同じ立場なら、同様の段取りをするのが当然で在る。兄弟で在るから、手間も省けると云う物で、毎日が日曜日の私としては、了解と云うしかない。

 為らば、昨日の続きで川砂利を運んでボランティア行の為に、体に負荷を掛けて置くと致そう。入浴中から土手の女族話しが続いて居る。多分、大欅の日陰での長話なのだろうが、それが済んでからと致そう。核芯の無い世間話の取り留めの無さは、苦手中の苦手で在るから、黙々と独りの力仕事の方が性に合う次第で在る。へへへ。

 いやはや、未だ延々と続いて居る婆桜さん二人で在る。今日は暑いので、川に入って適当な砂利場所をチョイスして、バケツで砂ごと入れて空け、泥、砂落としの為にバケツで水掛けをしてバケツ運びとする。4杯運び込むが、土手階段を上れば、その都度、女族様から、お声を頂戴する始末で在る。やれやれの男感想で在る。

 まぁまぁの体不可で、ボリューム感が増して、庭でのバーベキュー雰囲気に好くマッチする様に為った。これも吾が創作活動の一環でも在る。独り生活は惚けぬ為にも、頭と体に適度な負荷を掛け続けて置かないと、丈夫で長持ちの生活には為らない次第で在る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!