FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・住む人無き、空き家の荒れさ為り。

                 住む人無き、空家の荒れさ為り。(7/3/20)
 昨日の夕刻散歩は、久し振りに上のコースとした。隣町会の河川敷に御老人の芝刈り機の作業中で在った。小型の芝刈り機で、『仕事を見れば、その人が分る』の几帳面な刈り跡で在る。芝刈り機経験者からすると、慎重な御性格らしく中堤防のコンクリート縁部には刃位置を高めての刈りで在る。長靴に長袖、麦わら帽子に首タオルの、年齢は80代では無かろうかの感じで在る。

 対岸の遊具施設には、小学生の男女グループが元気好く遊んで居る。女子連が上級生で在るから、矢張り男だけのグループと違って、余りガサツでは無い。更に一つ上の橋に行くと、橋の下で小学生の女子が一人、長靴、プラスチックの砂遊びセットを持って来ての石を洗ったりして、石を積み上げたりしての遊びをして居る。出で立ちが全然違うから、遊具場で遊ぶグループとは異色の女の子なのだろう。へへへ。

 芝刈り機の一人作業の刈上げホヤホヤの清々しさは、格別の感じで草の匂いが充満する河川敷で在る。こちらの方の河川敷には、河川敷花壇が数か所在るが、芝刈り機、草刈機が入らない背丈の高い雑草エリアと化して居る。町会それぞれの習わしが在るのだろうが、誰かが分け入って鍬を奮って、当初の目的だった河川敷花壇の再生を果たしたら、素晴らしい松本のシンボル『花いっぱい運動』の好スポットに為ろう。

 此方側にも、対岸と同時の3年程前に新装した遊具場が在る。付属の砂場は3年も経つと、端の部分からは雑草群が侵食して来る。一年を通して、幼児を連れた遊び場と成って居る。云って見ても始まらない事では在るが、河川敷清掃の折とか、幼児と遊びに来て居る親、大人が砂遊び付き合いの時に、砂場の端にも遊びを拡大すれば、砂場全体が広く使えるし、雑草の侵略を防げると思うのだが、その発想の欠落が用意された環境をただ利用するだけの表層世相は、便乗利用するだけの『無頓着の軽さ』で頂けない次第で在る。私として古いタイプの私としては、受益者負担と云う『世間常識の衰退』を感じて仕舞う次第で在る。

 散歩から帰って来て、西向かいの空き家と成ったお宅の庭、畑の廃れは雑草、熟し梅の落下、庭樹の枝の生い茂りと『惨状』を呈して来て居る。毎日が日曜日の暇人の私にして、目に着いた雑草は庭に出る度に抜いて居る次第では在るが、それも追い付かない日々で在る。いやはや、空き家の悲哀をつくづくと感じさせられる。

 さてさて、遊びで遣って見た芽欠きトマトの鉢も、何本と無く勢いを増して来た。朝飯前のお遊びの時間として、トマト苗の定植とする。目的の一つは下に敷き込んだ去年の落ち葉と川砂運びでの攪拌で在るから、深く掘り起こして落ち葉の分解状況を見る。表層の川砂を軍手の手で万遍無く搔き雑ぜて、トマト苗を鉢から取り出す。
 アリャリャ、鉢内部の乾きには、驚かされる次第で在る。これも経験して見ないと解らない事の一つで在る。挿し芽トマトも鉢から定植の場を得て、大きく育つ事だろう。野菜は或る意味、人工物で在るから、人間の手を経て本来の成長、食用に帰すと云う事なのだろう。

 此処何回か、懐かしいK子の夢立ちで在る。幼少から夢見を私の特性・特技と認識して、何らかの『諭(さと)し夢』と考えて居る彼女の夢見で在る。諭し夢で在るから、私としては、何か至らぬ点は無いかと、マンネリ日々を反省する材料として居る。ニャハハ。
そして、今朝は可笑しな事に『馬の夢』を見た。ナンジャラホイ?と夢の出典を辿れば、ついつい両者を混同して仕舞いがちなアステカ帝国を滅ぼした『コルテス軍勢の500人兵士、50丁の鉄砲、16頭の馬。インカ帝国を滅ぼしたピサロの180人の兵士、28頭の馬、鉄砲数記載無し。』・・・加齢の不甲斐無さを恥じて、昨日の頁進めに於いて、その『数値覚え』に思い至った次第で、それが馬の夢を惹起した模様で在ろうか。

 無意識の世界には、自分の本当の姿が投影される。いやはや、『吾が気真面目さ』にニガ笑いをした次第で在る。当然、諭し夢を実行したのが、挿し芽のトマトの定植だった訳で在る。

 本日、曇天の涼しさで在る。通勤、通学の時間帯も去り、腹も空いて来た。朝飯をして風呂に入り、洗濯をして気合いを入れて、頁進めをして置くと致そうか。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!