fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・雨止めば、風の吹きまわり為り。

                雨止めば、風吹き回る為り。(7/11/20)
 5時か、起きると致そうか。庭に出れば、風に小雨で在る。いやはや、雨の中日で草刈を遣って置いて、昨日はラッキーだったと云う物で在る。キュウリ1本とミニトマト3個を採って、其の儘、食べると朝飯と成って仕舞った。大玉、中玉トマトも色付いて来たが、長引く雨日で薄味の兆しで在る。勢いを増すのは、雑草の庭で在る。四季巡る日本の風土では在るが、絵に描いた様な事にも成らず、これが自然と云う物で在る。

 昨日は公民館横でSと休憩の一服を付けて居ると、犬を連れた天敵女と思いきや、別人で血筋の為せる処かと感心して終った。天敵女の悪口を言うと、早速、告げ口をして来るとの由。私は初対面と思って居たが、私の事は知って居るらしい。世間とは怖い物で、此方が知らなくても、障子に目在り、風に耳在り、頭上にお天道、お月さん在りで在る。

  これだけ梅雨前線に居座られては、暇を弄ばせてYが顔出しに遣って来るかも知れない。

 梅雨寒でクシャミをすれば、脇腹に筋肉痛で在る。作業中は専念して居るから、意識には上らないが、何かすると普段使わない筋肉を使って居る様で、翌日に来る物で在る。首に掛けてする草刈機で在るから、作業中の首への負担は直決して感じるのだが、アンダースローリングでは無いが、キャチボールの横投げ宜しく、脇腹に負担が集中して居たのだろう。未だ未だ植物人間では無い動物人間で在るから、負担が掛かれば正常域の筋肉痛に為るのが、生きて居る証の一つでも在る。へへへ。

 さてさて、飯も炊けた次第で在るから、朝飯として腹を満たす事に致そうか。小部屋での朝タイムも、この雨日で気持ちが乗って来ない。こんな時は早目に二度寝に戻って、夢想のお時間とした方が好い。私的に云えば夢想から妄想夢が訪れて呉れると有難いのだが。いずれにしても、小部屋で雨の庭を眺めて居ても仕方無しで在る。煙草の本数が増すのみで在る。とほほ。

               はいはい、寒い時は省エネの二度寝に限る。

 適当な二度寝から目覚めると、小降りとった雨が降り続いて居る。ラジオをONとすれば文芸のお時間は俳句で、早くも本日は土曜日で在る。雨が止めば、蒸し暑さが顔を覗かせる曇天の様は、矢張り7月で在る。其れなりの開放で淀んだ空気の通気を採る。土手に出て、またまた黄土色に成った流れを見る。家に入る前に、空き家と成ったお向かいさんを見遣れば、雨を糧に生い茂った雑草の庭で在る。土手側の家庭菜園スペースは雑草の天国で在る。雑草と野菜との関係がマザマザと観られる。雑草と比べると、人間の手に依って初めて地に下す野菜種の本質は、脆弱の極みで在る。野生に放置されれば、芽を出し、根を張る力も無く、結実するバイタリティーも無いらしい。世界史用語の略奪経済から生産経済の発見、移行が定着・集住・発展・職業分岐で文明を誕生させたとの由。植物群には野菜化を以って、動物群には家畜化を以って草を求めての遊牧の文明を。動く物と書いて動物と為し、動物は家畜として人間の支配下に入った。家畜動物は遊牧の移動生産方式で在る。ゲージ化されて仕舞えば生後48日の食肉ブロイラーの大量飼育で一生を終えるが、中央アジアの遊牧は食料の草地を移動させる群れ飼育で在る。群れとしての家畜群とそれを管理統制する人間の用に供される馬は、乗馬と云う特別な調教が必要と為って来る。

 団塊世代は映画世代でも在ったから、西部劇には野生の馬を調教するシーンが、ふんだんに登場して居た物で在る。広い馬場に調教馬を一頭入れて、調教して行くシーンで在る。

 最初は暴れる野生馬に口輪をかまして、長いロープで馬の動きを制御して行き、愈々、人間が背に乗って、調教して行くシーンで在る。興奮する馬との格闘シーンは、荒馬乗り・『テキサスブロンコ』として、ショー化されて居る次第で在る。

 キビ政策として中国王朝史に度々登場する或る程度の自治に任せる北方騎馬民族統治法の歴史単語のキビとは、米西部劇に例えると、野生馬調教時に用いる長いロープを指す。野生馬は長いロープによって、其れなりの自由が効くから、恐怖から来る凶暴性も低減して来る。これが動物調教の肝と知って居るので在る。群れ飼いは或る程度の自由を担保しつつ、群れの自治を許すという放し飼い方式で在る。放牧・遊牧とは、的を得た描写で在る。
 キビ政策を採る王朝の出自が、そもそもが騎馬民族の経験知・伝統値の証とも云えよう。異民族複合帝国を築いたアケメネス朝、ササン朝ペルシャ、セルジュク朝、オスマントルコ、隋唐、清帝国の出自を辿れば、彼等は騎馬民族で在る。

 多民族複合国家は、或る程度の融通無碍さを以って、キビ政策をするのが、施政者の力量と為る。

 にも拘らず、漢民族の偉大な復興を己がスローガンとする習近平路線とは、異常な自己顕示欲パターンの権化でしか在るまい。明の身内クーデター『靖難の役』に勝利した第三代皇帝・永楽帝は、自分を権力を誇示する為に、鄭和の大艦隊を南シナ海、インド洋に派遣して『一大出前朝貢貿易』に乗り出した。
 朝貢オンパレードは、持ち出しが多く、永楽帝が没した後は、明は中国伝統の海禁政策をシフト替えして、南海貿易の甘味を福建省住民を大量に琉球に移住させて、一時琉球の中継貿易の隆勢を歴史に刻んだ経緯も在ったそうな。

 赤い征服王朝が絶頂期の頃、新主席習近平は海洋大国・偉大な中華の復興をぶち上げて居た次第で在る。

 人間付き合いに於いても、無くて七癖の喩えも在る次第で在る。短い人間の人生に於ける人付き合いにしても、知って来ると癖が現われて居る物で在る。個人を採れば癖と為るが、それを長い歴史スパンで観れば、歴史は人類の経歴書の映しで在る。アフリカ地溝帯に発した人類が猿人・原人・旧人・新人と進化過程を経て、最後の氷河期が1万年前に終わり、小アジアの恵まれた環境の中で、農耕種と牧畜種に分岐して行ったのが最初の人類航跡で在る。そして小アジアの地勢が、海と陸の交易種を加えた。東西を結ぶ交易ルートに、草原の道、オアシスの道、海の道在りの人類動脈が造られて行き、歴史舞台は躍動の時代に入って行く。歴史は通史を追う事で、人類の経歴書を見せて呉れる文化遺産で在る。

『今だけ、自分だけ、金だけ』関心脳、興味思考では、人間観察、社会観察、世界観察にも支障を来す愚と云わざるを得まいに・・・。

 さてさて、2時在るか、小腹も空いて来たから、弟差し入れの生ラーメンでも食して、昨日サボって仕舞った頁捲りのお時間と致そうか。へへへ。


スポンサーサイト



コメント

ゆめラジオ

チャイネル桜に関わっていると思われる「ゆめラジオ」さんの動画を見た。1週間前に我那覇真子へメッセージを送るというものだった。この方 第三者の意見ではなく完全に水島聡側でモノを言っていた。「若い人がどんどんいなくなる」と嘆いていたが 水島を客観的に見ることが出来ない人なのだろう。

水島に意見をするのではなく 周囲が担ぐばかりだから水島が錯覚するのだ。水島は黒子に徹すべきだ。元TVプロデュ―サーなのだから そちらの方がお似合いのはずだ。発言に慎重で論理的な喋りが出来る上島氏に司会進行を任せるほうが このチャンネルのためだ。食うぐらいの金は「スポンサー」から貰えるだろう。

ボクは2年前実際に我那覇真子の講演会へ人物鑑定がてら行ったが 裏表のない好人物で 早く結婚すれば良いのに・・というぐらいの感想しか持てなかった。 確かに早大卒の才媛だろうが政治的センスはないように見えた。何より彼女は専門とする分野がない。だから大器だの政治家だなどと まるっきり絵が浮かんでこなかった。動画そのものの人柄だった。

彼女は嘘など言っていないであろう。「真人間にならなければいけない」のは水島だろう。

さて「ゆめラジオ」三年前に226事件の見解を40分に渡って述べていたが 肝心要の北一輝に触れるかと思ったら一度も触れず 皇統派に同情的な立場で荒木・真崎が青年将校を裏切ったため統制派が権力を握り戦争に進んでいったと説明している。飛んでもない誤解だ。

いったい何の勉強をしてきたやら 1000回ぐらい動画配信をしているようだが 全くの認識不足。社会主義者で天皇を批判していた北一輝が絡んでいたからこそ 軍は全力で決起した青年将校達を捕らえ北一輝と共に処刑したわけであり また知らずに参加した兵士達を全員前線へ向かわせたわけだ。

天皇否定は国体の否定だ。青年将校達は北を先生と仰ぎ 彼の本性を知らず「尊皇討奸」を信じて決起したのだ。青年将校と北との電話は軍に寄って把握されており現在でも録音が残っているではないか。これに触れずして226事件を語る資格はない。

こういう認識不足の人物達が 少なからず水島に錯覚を与えているのだ。水島も魚釣島に1週間でも飲まず食わずで立て籠ったら少しは太鼓腹も凹んだだろうに。

No title

               waravinoさんへ。
 夢ラジオの桜チャンネル内紛は、双方の言い分を見て置きました。私は水島社長のお山の大将気質が、如何にも鼻に付いて、前は愉しみとして居た土曜の討論番組ですが、この頃はご無沙汰して居ります。

 田母神問題の件で、つくづくと偉ぶった論調を張るが、お互い様で相手を利用する事に才能が有る類と、彼等には一線を画して居る昨今です。

 若い頃、純正社会主義論者の北一輝論を読んだ事が在ります。組合をして居た頃、交渉相手の経営者には226の青年将校の様な匂いがすると、云われて居た物です。日本人の端くれで在りますから、高倉健の動乱などを観て、何年かに一度はビデオテープで見直しをする事も在ります。

 人望は、言葉に非ずで、言行、人柄から自ずと醸し出されて来る人間存在感と観て居るので、パワハラ感の在る処が、キャスターの流出に繋がって居るのでは無いかと直感して居る次第で在ります。へへへ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!