fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・キリギリス鳴いて、紫紺の朝顔咲く為り。

             キリギリス鳴いて、紫紺の朝顔が咲いた為り。(7/14/20)
 またまた、雨の朝で在る。『間もなく5時に成ります。』のラジオ深夜便で在る。ニュースと天気情報が始まる。ラジオを聴きながら、昨日を振り返る。昨日は好い日で在ったが、インスタントコーヒーを買い忘れて仕舞った。遺憾いかんの健忘症で在る。

 これだけ雨が続くと、Yも暇を弄ばして居るのだろうが、電話が無い処を見ると、何かと忙しいのだろう。好い事で在る。

 昨日庭に放したキリギリス4匹は、何処ぞで『雨宿り』をして居る事だろう。キリギリス3エリア中、一か所だけの鳴きで在ったから、未だ早い時季だったらしく、形は未だ小さい。その内に大きくなくって、昼夜を問わず鳴き始めて、我が家の『夏の同居人』と為る次第で在る。今年は例年に無く、緑に埋もれる庭で在るから、もう一度キリギリス捕獲をして来て、ご近所さんへのキリギリスの巡回させる事に致そう。キリギリスは放して遣ると、ご近所を移動して行く物で、話の種に為る物で在る。これを称して、『戯け親父の御愛嬌』と云う。

 下チビが、お爺ちゃん、お魚居ないよの廊下の睡蓮鉢には、稚魚が生まれて、今年も『ご繁栄』の段で在る。

 6時に差し掛かって来たか。腹が空いて来たから、炊飯器をONとして来る。少し雨足が強く成って、風が出て来た。今年は長雨の影響で、ユリ類は上に伸びに伸びるノッポ状況で在る。加えて川砂の大量入れとしたから、川砂に混入する雑草の発芽伸びが顕著で在る。川砂の副産物で在るから、庭に定着されると困るので、目に着くと引き抜きをして居る次第で在る。

 ゴルフを趣味とする先輩は、その傍らにキノコを採って来て、味噌汁にとしの差婚の奥さんは、残りを干して居るとの由。キノコと云えば、庭にもアミタケが何本か生えて居る。残念ながら本数が少ないから、味噌汁と云う訳には行かないが、ミクロの世界のキノコ胞子の広範な飛散の様が、水分、温度の適した環境を得ると、庭にも自生するので在るから、世界的な流行と成って居る新型コロナとの共存=免疫力を持つ事が、目視化される処でも在る。言葉知識、言葉情報と云う物は、目視、五感で実感出来ないと、中々に実生活上では具体的に理解出来ない物で在る。

 活字、耳知識を具体世界に置き換える為には、散歩で視界を遠近交互に置いて、五感で感じ、考える必要も在ろうし、土に交わって土起し、種蒔き、管理をして地表に象徴される野菜類とそれを支える土中との関係を観察する場を持つ事も有用な愉しみと為る。二本線先輩、インテリ先輩さん共に、家庭菜園をされて居る。そんな共通項に私は人柄としての親和性を感じて居る次第で在る。人は話す事は、其々の個性、持ち味を交換する次第で在るから、好い刺激と為る物で在る。
 
 但し、其処には男族、女族の関心分野の性差為る物が横たわって居るから、異性関心が経時劣化をして来ると、男は男同士、女は女同士の方が、時間の居心地が好く為る次第なので在る。

 ラジオ体操のお時間で在るか。鋏を持って、キュウリを見に行くが、明日が好さそうな4本で在る。濃紺の朝顔が2っ咲いて居る。トマトを採ろうとは思ったが、雨がきつい。パスとする。四畳半キリギリスが鳴いて居る。さてさて、朝飯と致そう。

 食後は肌寒いから、布団の中で頁進めとして居る内に、キリギリス達の声にうつらうつらして来て、頁を閉じた。それが、いやに現実味を帯びた夢の招来を齎せた様で在る。東フェンスのキュウリ、トマトを見て居ると、昨日庭に放したキリギリスの声で在る。私道に居るらしい。予想に反して、東へ移動で在ったか。イスラム、トルコの西進、米の西進は在る物の、これはマケドニアの東進、欧列強に南下を阻止されたロシアの東進で在るか。

 過去観察からすると、3、4日を掛けての一周経路で在るから、東に進むも西に進むも自由で在る。

 雨が止んだので、レジ袋をポケットに昨日買い忘れて仕舞った詰め替え用のコーヒー、台所洗剤を買いに行く。S大留学生寮はこの雨続きで、雑草の原と化して居る。いやはや、毎年の事では在るが、唯安価に利用するだけの外国人寮生と寮生の躾を放棄する行政のダラし無さには、日本を汚されて居る感すらして来る物で在る。寮横の道と駐車スペースは高齢の女性が黙々と草取り、花植えをして居る姿も寮生達は見て居る筈なのだが、余り大した留学生は居ないので在ろう。知能指数以前の『人間指数』が、問われるものを・・・。

 へへへ為り。本家のヨメでは無いが、岩下志麻寮母さんが居られたら、こんなタダ乗り寮生達に、『つべこべとと云うんじゃ無い。遣れ!!』の一喝が飛ぶ事必定で在ろう。

 振り返って見れば、片親育ちの私は長兄、妖怪様に、同じ類の仕込まれ方と躾をされて来た物で在る。アハハ!!


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!