fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・昼は精の付く物で、缶ビール食に致そう為り。

               昼は精の付く物で、昼ビールと致そう為り。(8/17/20)
 いやはや、昨夜は一番の暑さで在った。久し振りに、女性の出て来る不思議な夢を見て居た。夢の中でも、肉体は正直な物で、スケベ心が何度かが過(よぎ)る物の、実に行儀好く、上品に終始した次第で在った。

 夢は本態を現すから、私の本態は上品な抑制の利いた男なのだろう。Yに爪の垢でも飲ませて、その獣心を緩和させて遣りたい物で在る。アハハ!!

 連日の打ち身が堪えて、目一杯の軟膏の擦り込みをして置く。擦り込みながら、昨日の遊び道具が、未だ車の中と云う事に気付いた。嫁さんの持って来てた漬物容器、タッパ、イチゴジャムの瓶などを収納する。共稼ぎの倅夫婦は、土用の三日三晩の梅干しを開始したと云う。イチゴジャムは最後の一本が残っているそうな。

 遺憾いかん、サボって仕舞ったホース散水、ジョロ散水をし終えて、インゲン、ピーマンを採って、残り飯でチャーハンとする。

 チャーハンは、きっと厨房の『残り飯の賄い料理』からメニューに載った中華の定番なのだろう。そんな次第で、冷蔵庫の在り合わせだけでも、工夫次第でレパートリーの広い間に合わせ食と為るから、簡単で美味い飯と為る。

 それにしても『続き過ぎる猛暑、列暑』では無いか。困った物で在る。食後のお茶を飲みながら、夢の女性は誰なのかと、その面影を追うが、遙として現れずで在る。

 下チビが私の寝間を覗いて、『お爺ちゃん、ここで一人で寝るの。寂しくないの?』と同情して呉れるから、『寂しい。毎晩泣いて居る。今日は泊まって、爺と寝るか?』と云えば、『うん、俺泊まって、爺と寝る。』と云った次第で在ったから、手の焼ける幼児の代わりに歳の釣り合った女性が、親戚の者だと云って家に入って来たのだろう。そう思えば、夢の出所に納得が行く。

 其処は女性で在るから、部屋の片付け、掃除、飯の用意をして呉れ、布団も敷いて呉れる。有難い限りで在るから、好きにさせて置く。

 いやはや、爺は孫と遊び、孫は爺に好夢をサービスして呉れて居るのかも知れない。アハハ!!也で在る。母親によると、下チビは水面を持って、爺の所に行くと川の中をトコトコって来たそうで在る。孫達には、私は『人気』が在るそうな。

 11時を回って、本日も魔の時間帯に差し掛かって来た。妖怪様の残してくれた軟膏の擦り込みが効いて、打ち身の痛さも遠のいて居る。この暑さで、少し精の出る物を食べる必要が出て来て居る。然りとて食材を買いに行けば、またまた消費が追い付かなく為る。

 先ずは一回目のシャワー浴びをして、適当な惣菜だけを買って来て、昼ビールと致そうか。おっ、そうだ。嫁さんが梅干し中なら、私も梅酒ならぬ大梅の焼酎漬けから梅を引き上げて、焼酎梅の梅干しと致そう。去年試しに遣った次第で在るが、上々の出来で大人の好いオヤッと為って、周囲からも好評を得た次第で在る。別項色に梅酒を大小の瓶入れとして、大笊に大梅を広げる。さてさて、これでシャワー浴びの仕事も片付いた次第で在る。

 午後の部には、一両日中に何かと異議を唱えたい新本の『詳説・世界史研究』も読み終えて、お浚いの世界史の手造り『世界史備忘録』で、口直しも出来ようと云う物で在る。水曜日は朝六時からのS23年のトリオでの河川敷ボランティアで在る。

 自転車でスーパーへ買い出しに行っては来たが、帰って来てさぁ、食べるかの気持ちが生ぜず、冷水の3杯吞みと為って仕舞った。夕食までの間に、何か口に入れればそれで良かろう。

 あれだけ小憎らし気にカンカン照り付けて居た空には、雲の蓋が掛かって来た。一時の夕立でも降って呉れれば有り難いのだが、こればかりは自然の為される事で在るから、如何しようも無い次第で在る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!