fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・さてさて、魔の時間帯に突入せり為り。

                来た来た、魔の時間帯為り。(8/26/20)
 昨日のラジオで、本日の猛暑予想を聞いて居たから、朝から『戦意喪失』の段で在る。昨日は34℃超で、それ以上の予想と云うので在るから、堪ったものでは無い。

 炊き立て飯に極々の貧民おかずで、エネルギー摂取とする。梅干し、糠漬けキュウリ、ナスをたっぷり入れた特辛炒め味噌などを掻き込みの具として、それなりの動物性、植物性のタンパク質摂取も怠り無く食する。 それにしても夏痩せどころか、夏太りする体質で在る。末端底辺貧民の唯一つの生きる糧が飯食いで在るから、これもむべなるかなの事なのだろう。

            食後は、午前中の定位置小部屋でのお茶タイムとする。

 朝の庭見で萎れた植物を見れば、それらに『命の水』を施さなければ気が落ち着かない日々で在る。それにしても散水の恩恵を受けないカラカラに乾いた土からも、雑草がしぶとくと云うか『執拗』に生き続けている様は、一方に於いては、連日の灼熱地獄に在っては、『哀れさ』さえ感じて仕舞う次第で在る。

 9時を回った時点で、早々の裸ん棒の首タオルスタイルで、遮光のカーテンを引いての扇風機の回りで在る。

 昨夜の就寝前の動画漁りで、NHKの大型時代劇を観て、表面上面白かったが、時代劇衣装を着た『現代劇』過ぎて、頭の半分以上は幾ら面白いと云えども、其処まで遣って仕舞うと時代劇と云う、それなりの歴史性の考察と云う大事な側面が無くなって仕舞う。

『戦前全悪』為らぬ<戦前、是々非々>を云おうものなら、マスゴミ界に居直り続ける戦後利得者、左主義者達は、挙(こぞ)って『歴史修正主義者』のレッテル張り糾弾をするのだが、そのトップNHKが視聴率稼ぎの若者受けをする『漫画チックな歴史修正』を徴収料で臆面も無く垂れ流して居るので在るから、罪深いものでは無いか。

『最良の刷り込みは、娯楽にこそ刷り込むべし』が、狡猾な手口で在る。好きな若手役者の主演で在ったから、3時間程の時代劇現代劇を楽しんで見た次第では在ったが、八代将軍吉宗さんの将軍職前の溌溂颯爽たるでっち上げ社会勉強ドラマは、江戸幕府を知る範疇には該当せずの次第で在った。

  そんな次第で、口直しに鬼平犯科帳の一本をじっくり愉しんで就寝とした次第で在った。

 私も暇で在るから、こんなドラマを一緒に観て、その鑑賞感想を人生を重ねて来た古希坂の効で、多角的角度・視点から談論風発のトークタイムを持ちたいと、願望して居るのだが・・・。残念ながら、そんな足しに為らないドラマ見、映画見をする程、『暇では無い』と一蹴されて仕舞う周囲で在る。
 何も、私は見るを希望して居るのでは無く、『観る』を希望しての事なのだが、世の中とは『観る耐性』の無い人が多過ぎる様で、困った物で在る。その癖、何処で聞き齧って来たのか、『世の中、何一つ無駄な経験は無い』とか、『継続は力為り』を口に出す輩が何んとも多くて、生真面目、生一本の私には、付いて行けない口上人間がうろちょろして居るので在るから、どなたを見本にして良いのか、分からず仕舞いの人間娑婆なので在る。

 西郷さんは、大きな鐘で、小さく打てば小さく、大きく打てば大きくの大人物評で在る。打つも聞くも、打ち手の技量次第で在る。大鐘を打つには日頃の足腰、腕の鍛錬が必要で在ろうし、鐘声を聴き、その最後の余韻の響きを理解するにも、人間たる者、耐性を鍛えて置かねば為らないと、常識的に理解出来るのだが。

 襷に長し、帯に短しとは云う物の、安易の日々に没して仕舞うと、人間の退行現象で、鉢巻にも短しのマネキン世相に堕して仕舞う昨今では無かろうか。

 昨日は倅がプレゼントして呉れたシュノーケルで、捨てればゴミのシュノーケルの口当て部と空気取り入れ部を取り外して、小さく成って使えなくなった空気筒を取り外して、加工して見た。先端の空気孔接続部が狭いので湯を沸かして、筒先端を熱湯に浸けて拡大して挿入成功とした次第で在る。

 毎日が日曜日の暇人で在るから、人間、その気に為れば、何かと時間潰しの工夫タイムにも在り付けると云う物で在る。

 さてさて、本日も正午が近づいて来て『魔の時間帯入り』で在る。汗ばんだ皮膚には、汗腺開放が必要と為って来た。日課のシャワーを浴びて午後の魔の時間帯に対抗すると致そうか。いやはや、暑いでゴザンスわね。


スポンサーサイト



コメント

No title

皇室は日本人の心の拠り所です。日本国の軸です。
1945年敗戦後 日本国の歴史授業は全く異次元になりました。
日本建国の歴史・神話さえ教えない国になりました。

亡くなった台湾・李登輝氏は「台湾人としての悲哀」として4ヵ国から統治を受けた長い歴史があるため 「台湾人としてのアイデンティティが育たなかった」と嘆かれ 総統にあった12年間 この問題解決に腐心されました。

今 日本は・日本人は李登輝氏の言った言葉を自国の事として捉えるべきでしょう。「日本人としてのアイデンティティは何か?」

8/26記事の最後です。

民族が滅ぶ3つの大原則に日本はすっかり当て嵌まっています。ボクはすっかり弱気ですよ。政治は媚中派が蔓延り大企業は金だけが目的。倫理観もクソも無い。「ルーズベルト君へ与うる書」今の日本人には微塵もない内容。大宅壮一「一億総白痴化」成れの果て。

そうだ。思い出館の兄弟の兄さん。6年前に亡くなりました。また帰りに寄っていた喫茶店の奥さんもボクが辞めた年に亡くなられたようです。喫茶店にいた画家も70歳過ぎるとバッタリ体力がなくなるねぇと言って また会うこともなく亡くなってしまいました。

あの兄さんは軍国少年だった。ぼくら死ぬのが全然怖くなかった 死ぬのが当たり前だと思っていた 笑顔で仰っていた あの笑顔は機銃射撃の避け方を教えてくれもした。

GHQ遺伝子は肥大化し過ぎてしまいました。一般人は悠仁親王のあの事件さえ他人事のようです。日本国の一大事だったにも関わらず 犯人には言及せず なぜ悠仁親王は学習院へ行かないのかと言うだけ・・

台湾人が日本人を心配するわけだ。GHQの洗脳を受けずに済んだ台湾・内省人。ほんとの日本人は台湾にいるのかもしれないなぁ~愚痴 愚痴 虚しいねぇ 

No title

              waravinoさんへ。
 素晴らしいコメントを拙ブログに頂戴して、真に感謝です。思い出昭和館ですか。懐かしい兄弟さんの話に記憶が戻りますね。

 そうですね。真っ当な日本精神論をすると、如何云う訳か煙たがれるのが、今日の日本の世相の様でして、私も話の向きで、本のちょろりと本音を吐くと、内容が難しくて一般的でないと交わされて仕舞います。

 それでも、教育・政治・経済・歴史には其れなりの興味を持って居るんでしょうから、話を振って来ると思うのですが、自分で調べると云う耐性、真面目さが無いので、逃げ口上を打って仕舞うのが、世の常らしいですね。

 月に一度、倅ファミリーが私の安否確認に来てくれます。孫以上に私は倅に関心が在ります。好い育ち方をして呉れて、子供達を好い形で育てて居ます。

 孫達も長幼の序を守って、私を気遣ってくれます。日本は昔から天皇の国です。普通に育てて、普通に話し、普通に接して居れば、其処に通う日本人の物の考え方、行動、責任の取り方を子供達は身に付けて行くと楽観視して居ます。私の母・妖怪様がそうでした。心友を亡くした私に、弟がT先輩の代わりをして呉れると云って呉れても居ます。いやはや、妖怪様の遺伝子が繋がって居るんでしょうかね。へへへ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!