fc2ブログ

記事一覧

1長駄文館・・・イッヒッヒ、電話漫才をした為り。

                 イッヒッヒ、電話漫才の段為り。(9/24/20)
       昨日はYから電話が掛かって来て、情けなしやのぎっくり腰との『ぼやき』で在る。

            稲掛け最中に、稲藁放り投げて『ぎっくり腰』との由で在る。

                私としては、正直な感想を伝えるしか無い。
「何を遣っとるんじゃい。この隙者、その体たらくは、死に値する。齢72を重ねて来た男が何を遣っとるんじゃい。ったく、学習能力ゼロの極みってもんだ。バッコン腹筋体操を馬鹿にして居るから、天罰が下るんじゃい。」

「『慎重にして豪快』が、番から男の作法だぜや。丸きり、前後左右への目配り、作業時の腰の備えが基本動作として身に着いて居ないじゃ無いか。
 何事も基本が肝要だぜや。エロ話なんてもんは、精々が話の休憩、ツマの些事なのに、『熟女倶楽部』一辺倒に嵌まり込んでるから、手古希(てこき)自慰事に為り下がるんじゃい。」

「手扱きじゃ無くて、前から横から後ろからの腰力から繰り出す千手観音で無我の境地に入らずして、何ぞやだぜや。基本形への精進が皆無じゃ無ぇのか。そんな事だから、禅寺での座禅も無我の境地の会得に為っとらんのじゃい。少しぁ、反省しろ。」

「バッコン腹筋体操に、腹八分目の粗食、経文代わりの世界史通読、思索を友の散歩、三流食材で作る創意工夫の自炊をしてりぁ、快便すっきりの末端底辺貧民の人畜無害の寂滅道も亦、愉しからずやの雲水の道だぜや。何も芭蕉、牧水、山頭火だけが人生行脚の方でも在るめい。ウパニシャド哲学の『凡我一如』は、己が心に広がる宇宙と吾を重ね合わせる無重力空間の宇宙船の旅ってもんだろうが。」

「聞き齧り、読み齧り、知り齧りの『尻齧り』ばかりして、情報齧りにうつつを抜かして居るから、王道の基本形が出来て居らんのじゃい。この馬鹿垂れが~、ギャハハ!!」

「やや、R節が聴けて、電話して好かったよ。此処までRに軽快に扱き下ろされると、グゥの音も出んからな。まぁ、好くも其処迄、他人の不幸を痛め付けて呉れるもんよな。
 こりぁ、『毒舌の才能』って事なんだろうな。
 ったく、尊敬しちゃうぞや。Rは粗食の腹八分目の足らざるを『人喰い』して、補強してるんだろうなぁ~。弱ったもんだぜや。」

「それを云うのなら、ドカ弁に沢庵載せて、鰻屋の前で飯を喰らう『庶民の生活の知恵』って云うんだ。俺と互角に漫才したかったら、引き出しの数、デカさを用意しとけや。
 まぁ、暫く整形に通って、治ったら、バッコン腹筋体操を習慣付けろよ。丈夫で長持ちが、老後の愉しみ方に通じるってもんさね。アハハ。」

 Y曰く。一緒に作業して居た80代さんも、私のバッコン腹筋体操には及ばないと云うが、パコパコ腰体操をして居て、腰体操の有効性を説いて居たそうな。

 人間とは辛うじて生きて居ても、何かと電話が飛び込んで来る物で在る。これも広い意味での社会貢献の一環事なのだろう。言い出しっぺの私が、バッコン腹筋体操をサボって仕舞う訳にも行かぬ。

 本日は、曇天に涼しい風の通りで在る。11時を回って、漸くの薄日の入りで在る。息抜きに、鉢物に水を施し、目に付いた雑草を抜き、終盤のトマトを採って喉を潤す。庭でちょいと草抜きをすれば、途端に小蚊の吸い付きで、痒い痒いのムヒ塗りで在る。またまた雌キリギリスが死んで、3ケースが1ケースと成り、鳴けぬ雄1に雌2の終いに近付いて来た。巨峰2粒を入れて遣る。

 さてさて、場所を移動して午後の部に移行すると致そうか。昨夜検索して置いた大航海時代の西洋船とご朱印船の大きさ比較を、備忘録に加筆して置くと致そうか。これも歴史教科書の行間を埋める趣味の一つでも在る。へへへ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!