fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・早朝思い出しブログ打ち為り。

                  早朝、思い出しブログ打ち為り。(10/20/20)
 Yの来宅が2時との事で在るから、偶には洋菓子でも買って来ると致そうかで、自転車で食材方々スーパーまで行って来る。こう寒いと、オデンが食べたくなる物で在る。魚はサバの煮付けを作って置くと致そうか。

 六畳妄巣窟の電気カーペットをONとして灯油を補充して置く。台所でオデン、サバの煮付けをしながら時間を待つ。ヤカンにお湯を沸かし、ストーブを点火してヤカンを掛ける。古沢庵の味噌漬けを薄切りして、たっぷりの味の素を振って置く。中央に小テーブルを置いて、座イスに座布団、その脇にはお約束の『痴神下生』を置いて、用意完了で在る。

 珍しく遅い。まぁ、東京から帰っての直ぐの来宅で在るから、何かと用事が在るのだろう。部屋も暖まって居るので、世界史備忘録の頁捲りでもして待つと致そう。

              電話が鳴って、『悪い悪い、これから向かうから。』との事。
 丁度、付け加えて置きたい処が在ったので、調べてメモをして置く。玄関が開いて、悪い悪い、遅く成っちゃってとYの来宅で在る。アハハ。

「おっ、こりぁ強烈じゃ無いか!!」Yの奴は細い目を真ん丸に開けて、吃驚して居る。
「其処に絵が2枚、添え文が1枚入って居るから、先ずは添え文から読めや。」
「どれどれ、あっ老眼鏡忘れて来た。それ借りるぞ。」

 読み始めるYの顔をニヤニヤ観察しながら、私はストーブのヤカンから湯を注いでインスタントコーヒーを入れる。クスクス、ゲラゲラと笑っての読み進めで在る。読んだ処で、原画2額が対絵として吊るされて在るから、それを鑑賞して貰う。

「いゃ~、大したインパクトだよ。絵の目力が凄いな。俺は、そんなに怖い顔はして居らんぞ。これが俺か。Rに掛かっちゃ、参ったなぁ~」
「如何するだ。持って行くか、拒否するかは、Yの選択だ。」
「貰って行くに決まってるじゃ無いか。額縁は何処に売ってる。」
「D2の文房具コーナーで買って来てるわ。」
「そうか、帰りに買って行くわ。」

 国費で無料美術館巡りをして居るYで在るからして、対絵の妙で在るから、真ん中に添え文を配置して、『一額収め』を希望して置く。それを家宝として、話題提供品としてカラーコピーで透明ケースに入れて、『携行』すればYの株が挙がるとアドバイスする。

「やいやい、そりぁ、度胸が要るぞ。俺は蚤の心臓に、ペースメーカー入れだし、Rの『歩くペニス』の段階に到達するまで、余命が残っちゃ居ないよ。でも凄い目力だよ。このさ、腹のでっぷり具合が俺の腹そっくりだよ。この股間の強調がさ、『門外不出の秘画』としたいんだがさ。」

「馬鹿扱け。それを隠しちゃ、痴神下生の御利益が『灰燼に帰す』ぜや。物は試しに指で隠して見ろや。」
「どれどれ、おっ何か目力とバックの紫と赤が際立って、怖い感じに為るな。」

「そうだろ、股間のピンク玉2個と水道の金蛇口が『御愛嬌』でさ、色彩、目力を中和させて笑いを招じさせて居るだろう。詰まりはだ、スイカに塩の塩梅さね。
 孫に見せたら、『水道チンチンだ~。グー、お爺ちゃんは絵が上手だね。俺、描けないよ』って、褒めて呉れたぜや。
 インテリ先輩さん、美大出のガス屋さんも、快作、傑作のお褒めの感想を頂戴したぜや。添え文を真ん中に置いて、中年男4人が、頭上に金髪裸体を載せて、四者四様に鑑賞、高笑する絵を対絵として一額に収めて見ろや。これぞ正しく、人生第二ステージの『笑いの角に福来る』の清談の風ってもんだぜや。あい~。」

「そうかそうか、じぁ、改めて、添え文読ませて貰うわ。へへへ、こりぁ好いわ。手始めに、誰に見せようか。そうだ◎ちゃんに見せて遣るか。『ヒィヤ~、厭らしい。変態!!』って、石投げられるぞ。」

「そりぁ『御法度』ってもんだぜや。ありぁ、俺のフグサイテンの天敵女だぜさ。石どころじゃ無ぇ『猫要らず』飲まされちまうぜや。ありぁ、ユーモアのセンスが無さ過ぎるわさ。何だったら、中学、分校の同窓会でさ。好い処奥さんのお澄ましY子に見せて遣れや。」

「そうそう、東京の高校同期の会でさ、有名人のRの近況でさ、Rの文章をコピーして皆に読ませたら、あの硬派のRに文才在りかと皆感心してたぞ。手始めに、今度東京に帰ったら、酒の肴に皆に見せて遣るよ。手始めとしたら、それが無難だな。女共に不用意に開示したら、『発情』しちまんとも限らんからな。ハハハ!!」

 シュークリームなどのスィーツで、古希坂スケベ親父がコーヒー、口直しの古沢庵の味噌漬けをポリポリさせながらの『談論風発』の時は、瞬く内に流れ去る。

「行け無ぇ、行け無ぇ、帰って来て早々に、もうこんな時間だ。煩いお婆ちゃんに怒られちゃうぞ。Rの処に居るとツイツイ長居をしちゃって、でもなぁ、Rは土の匂いを失わず、多趣味で好い歳重ねをして居るわ。人間、こうで無くちゃ『生まれて来た甲斐』が無いからな。やぁやぁ、今日も楽しかったよ。
 中禅寺湖は寒いって云うから、風邪引くなよ。明日は草刈ボランティアか。Rらしくて、優しく力持ちって事だ。Rの健康度と若さのオーラを嗅ぎに、また、寄らせて貰うよ。サンキューサンキュー。」

 寒い夜、布団に潜り込んでも、Yの顔、対画を思い出すと、笑い声を禁じる事能(あたわ)ずの態で、往生して終った。明けて本日は、9時半より河川敷草刈のボランティアで在る。

 夜が明けて来た次第で在るから、念入りに寝床バッコン腹筋体操をして、作業着を着ての飯前の早朝ブログ打ちとする。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!