fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・しっとり柔肌、吊るし柿為り。

                   吊るし柿、しっとり柔肌為り。(11/3/20)
 梅、柿、大根など干し物をして居ると、中々に大変な物で在る。飯前に落ち葉掃きをして居る最中に、思い掛けない場所で探し回って居たハンデイ刈込鋏を見付けたまでは好かった物の、ぽつりぽつりの雨で在る。
 天気予報上の降雨で在ったから、慌てて庭の干し台にブルーシートを掛けたり、軒下の吊るし柿にシート掛けをする。風に煽られて、何度かの掛け直しの段で在った。

 歴史本の読み齧りでは在るが、流石にヘルムホルツの『エネルギー不滅の原則』とやらで、紛失物不滅の原則も効いて居るのも、この世の常と云う事で在る。へへへ。
 然しながら、常識的には、同じ物の購入で、『円の消滅?乃至は予備費の出金』なのかも知れぬ。そう云えば、現役時代には『埋没原価』なんて専門用語も使った居た覚えも在る。

 その後は、雨らしい雨にも成らずの拍子抜けと成って仕舞った。まぁ、それでも雨養生をして置けば、何時降って来ても好しの『余裕』で在る。先ずは目出度しで、行方知れずの刈込鋏の赤錆を、砥石で研いで油を差して置く。
 何事も結果論では在るが、買って来ると見付かる物で在る。性格が、ガサツで健忘症の性質に出来て居る。周りに人が居れば、何かと世話を焼かれたり、お小言を頂戴する次第で在る。

 然しながら、殆ど全てがDIYの自己責任生活で在るから、『干渉度0の気楽さ』は、何事にも代えられないマイペース、マイタイムの居心地の好さでも在る。

 軽食昼後は、昼寝を取っての小部屋からの庭見で在る。風の強い愚図付いたお天気で在るから、散歩は割愛する。冷蔵庫の作り置きも消費しなければ為らない処で在るから、散歩割愛は丁度好い次第で在る。

 コーヒーに煙草吸いをして居ると、雨が降って来た。これを称して、『転ばぬ先の杖』と云うらしい。

 目下、小学生の理科実験では無いが、寒い時期の好物・甘酒の市販品で、甘酒増殖をして台所遊びをして居る次第で在る。

 甘酒の原料は飯にして、麹菌によって作られる『発酵物語』で在るからして、市販品を基菌としてレシピ、温度管理に拘る必要も無い自然発酵で充分な筈で在る。そんな次第で、大きめのパック入りの物を買って来て飲み残しを、土鍋に残り飯を入れて水を加えてオジヤ風にした後、パックの甘酒を投じての理科実験とした。
 それが、想像通りの増殖をして居る。飲む分量を加熱して、目減り分は飯を補充して、麹菌を越さぬ程度に温めて、蓋をして居る。

 世界最初の煮炊き用焼成土器を作ったのが、縄文人と云われて居る。有用菌の宝庫が海に浮かぶ四季の国・日本列島で在る。発酵を促す土器の国・日本で在るから、これも日本の恵みと云う物で在る。加えて山国信州の木曽・藪原地域では、『すんき漬け』と云う漬け汁の応用乳酸菌発酵漬け物も在る。

 小中学生程度の予想と実験の『科学をする気持ち』さえ在れば、推理と結果は結合して当然の台所遊びと為る次第で在る。

 この辺りの頭の体操は、ベーコン先生の帰納法にして、デカルト先生の演繹法の応用と云う事なのだ うし、日本の義務教育のレベルは高いと云う事なのだろう。

 明けて本日、朝日の登場で在るからして、干し台、柿簾の雨養生を外して、廊下の洗濯物を物干し掛けとする。略一日シート内に在った吊るし柿の面々は、内部の水分が外に回って、しっとりした『柔肌状態』で在る。

 カレンダーを見れば、本日は文化の日の旗日で在る。暫く全戸開放で、新鮮空気の流れを確保して置くと致そうか。日差しを浴びて、南天の実が丸々と紅に居染まって来て居る。玄関のドウダンも紅葉の色付きで在る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!