fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・朝に、そばを啜る為り。

                   朝に、ソバを啜る為り。(11/8/20)
 昨日は生暖かい一日で在った。寒いより暖かい方が有難いのだが、調子が狂って仕舞うのも一面でも在る。3日が休日だった所為(せい)で、珍しく土曜日集金で在った。午後の昼寝をして居たので、好いタイミングでブロンソンさんとの月に一度の男話で弾んだ次第で在る。

 ロ-トル男の話題と成れば、一向に決着しない米大統領選と郵便投票に於ける民主党の不正が露見しての喧騒状況で在る。そんな処を下衆の雑感としてブログアップして居たので、私の感想も新鮮で在った。先月は、来月は世界史講座を受講したいとの由で在ったから、米大統領選感想をスタートに、面白い方向に進んで古代文明⇒古代⇒中世⇒近世⇒近代・現代と大雑把な通史譚と進んだ次第で在る。

 粉吹き前のうら恥ずかしきピンクを留めた、『処女干し柿』をコーヒーの摘みとして、質問コーナーも間に入って、ブロンソンさん曰く。好い受講が出来たとのお褒めの言葉を頂戴した次第で在る。

 先週はもう一つ、面白い事が在った。園芸高生が2人売れ残りと成った鉢植えを持って来たので400円と云うから、ご苦労賃で買う事にして、バスの時間までを遊んで行けと戯画廊に強制上げして男子生徒二人の反応を見て暇潰しをした。

 一人は恐しく高身長で白人顔をして居るので、交換留学生かと聞けば、スウェーデン・ハーフで、日本語しか話せないとの由。彼等と同じ高校生時代は、フリーセックスのスウェーデンの刷り込みが在って、私としてはヨダレが垂れんばかりの『羨望の国』で在った。

 ハーフと云えども、性に関するオープンさは遺伝子の中に流れて居る様で、はにかむ日本人高校生とは違って、ズケズケと感想を言う処が面白い。彼にはYをモデルにした『痴神下生図』が殊の外インパクトが強くて、ピカソの絵と絶賛されて仕舞った次第で在った。

 Yとの電話では、未だ自画像の公開を『大躊躇』して居るとの由。添え文も認めて渾身の色塗りをして進呈したのだが、未だに非公開とは、鑑賞者には『秘画の憂き目』を見て仕舞うし、Yにして見た処で『宝の持ち腐れ』と云う物で在る。

 私は既に女2人、男10人と確実に鑑賞・高評価を伸ばして居る最中で在る。今度顔出しをしたら、大いに『発破』を掛けて遣る心算で在る。ギャハハ!!

 本日は無風曇天の進みで在る。夜の雲包みは暖かいが、日中の曇天では寒さが出て来る次第で在る。動画で『駅そば食べ歩き』などを見て居る内に、無性に食べたく為って、茹でソバを買って来て、愉しんで居る処で在る。

    飯炊きは晩にして、朝は天玉ソバをネギたっぷりにしてズルズルと啜ると致そうか。

 9時からのNHKの米大統領選を拝聴する。出席者の歴々は反トランプさんらしく、真に手厳しい。僅差の大接戦で不正郵便等の投票無効訴訟がスタートした民主、共和の正に国論を二分した選挙で在るからして、半分はトランプ擁護も聴けるのかなと思いきや、トランプ氏の不人気には驚いた次第で在る。

 日本学術会議メンバーも偏向して居ても、然も在りなむの感じに各ご意見を承って居た次第で在る。『流し手の人選』とは、こう云う物で在る。

 番組を最後まで聴いて、フェンスを覆い隠す西洋朝顔も半分程度の霜枯れ状態を呈して来たので、その除去をスタートさせる。

 骨は折れたが、除去し終わって、一気に明るく成った。余勢をかって枇杷の剪定をする。去年思い切って、大々的な枝下しをして置いたので、毎年、散髪をして行けば楽に為る次第で在る。

 浴後は、お天道さんの輝きと成って来た。布団干しをして、洗濯機を回す。家に居るのは勿体無い限りの好天&気温の上昇で在る。何かと重宝で嵌って居るイカ耳フレークが出て居るかも知れぬと、自転車サイクリング方々コスコに行って見る事にする。

 東山山系の黄葉が、好天の陽に映えて見事で在る。大学、中学、高校界隈を行けば、桜の紅葉、ドウダンツツジの真紅、欅の紅葉、それを抜けての護国神社さん界隈の銀杏の黄葉と、秋の色彩が続く。

 コスコで探せば、在った、在ったの『幸運』で在る。3袋を買い溜めして、来た序に駄菓子類を買って帰る。

 駄菓子とコーヒーの昼軽食として、すっきりした庭を眺める。時間は早過ぎるが、これで雄ジョービタキの来庭などが在ったら、好い雰囲気に成るのだが。彼には彼の日課が在るのだ うから、欲張りと云う物で在る。好い日差しの高温日で在るから、蜂、トンボ、蝶などの昆虫が、気持ち好く飛んで居る様で在る。

 大仕事の渋柿の高所枝下しは、念には念を入れて、ボチボチの進めをするとして、それが片付いたら、切り下しの枝々の葉が落ちた処で、一冬中に枝整理をして行けば好いので在るから、それなりの暇潰しとも為る。従って、先の見えて来た安堵感で在る。へへへ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!