fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・米大統領選一考為り。

                 米大統領選一考為り。(11/30/20)
 ああ、寒い。起きるのは嫌で在るから、トイレをして布団の中でバッコン腹筋体操をして、シンキングタイムとする。

 シンキングのお題は米大統領選の混迷では無く、不正選挙に対する黒白への攻防戦で在る。民主主義の根幹の公正成る選挙が果たして公明正大に法に基づいて行われたのか、行われなかったかの検証で在る。
目下ネット界で、明らかに為りつつ在るハードウエアのドミニオン社、ソフトウェアのスマート云々社、それらの開発が投票マシーンを駆使した独裁体制の手による物と云われて居る。

 一向に決着しない米大統領選の行方に、当初からハッカー、サイバー攻撃を得意とする中狂の臭いがして為らなかった経緯が、私には在った。火の気の無い所に煙立たず、火事に出火と付け火の二種在りの火盗改め・鬼の平蔵の『勘働きの類』で在った。

 それらに加担して居るのが、独裁体制の中狂、イラン、キューバと云うので在るから、『民不在の強引手法』が露呈し捲って居る。それに世界金融資本のグローバルスタンダードで世界に君臨して居るディープステートと云われて居る勢力と、米ファーストを掲げて、『民政の復活』を掲げての米再生、世界再生をして行こうとするトランプ米大統領の立ちはだかりと云う構図らしい。

 独裁政権は、その手法が荒いぽいのが一大特徴で在る。情報統制・力で反対者を封殺する。効率の面では反対者が居ないから、手法が短兵急にして、遣りたい放題の力による既成事実化を繰り返す。そんな諸々の傍若無人の悪行三昧を更新して行くのを、最大の特徴として居る。大声で相手を恫喝して、スパイ網を作り上げ、他国への内政干渉を得意とする。隙を見せれば蛇頭(スネークヘッド)の如く、小さな頭で隙から潜入して、太々しい大蛇の全身でトグロを巻いて、母屋を乗っ取る習性を持った『巨大毒蛇』の態なので在る。

 人口最大、欲望最大、資源最少、モラル最低の世界に冠たる『四最国』と云われる所以で在る。中狂の対日本の過去例を見れば、一目了然の蛇頭三昧で在る。
 日本のOEC?OED?漁りで、資金と技術の盗用、靖国・歴史教科書問題、尖閣諸島問題、北京五輪聖火リレー時の長野市騒動に見る国民総動員令、新幹線パクリ、企業技術へのハッカー盗用、小笠原諸島への赤珊瑚略奪への集団漁船の派遣、サーバー攻撃・・・etc。民不在の国是は、協力国に対する恩を仇で返して、体制のみが肥え太る『癌細胞的国家体制』なので在る。

 中国王朝史に、焚書坑儒の秦の始皇帝、楊貴妃の玄宗、風流天子の徽宗、歴史上最大の横領犯の和珅、毛沢東の紅衛兵、習近平の政敵への汚職狩りとチベット、ウィグル、蒙古、香港弾圧と内には『強権』で臨み、ブリックス銀行、世界へのパクリ新幹線営業、アジア・アフリカインフラ投資銀行、一路一帯の新シルクロード構想などの『大言壮語』を打ち上げた処で、みな頓挫して居る『実力不足の流れ』に帰して居るのが、その実態で在る。

 益してや、目下、武漢肺炎ウィルス発祥の地にして、世界拡散をした張本人国で在ろうに。厚顔無恥も此処まで来れば、正に国是の毒亜宗主国以外の何物でも無かろう。子に無いニュースでは、日中間の出入国緩和との由で在るから、驚き桃の木で在る。

『利権賄賂』が世界を席巻し捲っては、世界の公明正大さは保たれない。人間の価値たる公明正大の正義の危機として、米教会界も今大統領選を正邪の戦いの場として見て、牧師さん達が、声を上げて居るとの由。

 私の様にノンベンダラリと底辺貧民の生活を送って居るだけの爺で在っても、人生経験者としての中狂観察を通して見ると、現在米大統領選で何が主題として戦われて居るかは、『凡人の常識』で解ると云う物で在る。

 ITが如何に巧妙・精緻に進歩しようとも、それを操作するのは、正邪の意思を持った人間の手で在る。正邪がガップリ四つに組めば、丸い土俵の中で死力を奮って、精神と技の攻防戦を展開するのが、流れで在る。

 天下分け目の決戦『米版関ヶ原』で在るから、金で良心を買う工作も『背に腹は代えられぬ』の度を増すだろし、証拠と云う外堀が埋められて行けば、精神戦で米特有の『司法取引』も在る事だろう。武器行使での戦争とは違って、郵便投票と集計システムと云う或る種のIT戦争の正体が見えて来た段階で在る。

 時系列を追って、ホームズ先生の帰納法に従って米大統領選を『整理』して行けば、トランプ、バイデン側の仕掛け布石の手が仄見えて来る。態勢固めは、即人事権の行使でも在るし、泳がせて泳がせての一網打尽の策も在るだろう事は、基本的策で在る。日本人好みの歴史鑑賞とすれば、因果応報、天地人のタイミング決定が、『将の将たる器の冴え』と云う事でも在ろうか。

       一説によると、日本人ほど歴史好きで推理好きな国民は居ないとの由。

 日本人で在るから、秀吉末期の石田三成、徳川家康の碁打ちの詰め、関ヶ原決戦に向けての東軍、西軍の権謀術数の仕手戦・・・etcの歴史読みのお浚いにも為る。昔忍者の情報合戦、現在の忍者・ハッカー、サイバー攻撃と、その裏に在る利権争い、世界支配の国家覇権争い、世界金融資本のグローバル・スタンダードの既得権・岩盤維持と様々な支配欲・欲望が、民主国家の雄・米国で戦われて居る筈で在る。

 願わくば、仏革命、ロシア革命の様な血で血を洗う悲惨さを観ずに、『法治国家の理性』を実現して欲しいと期待して居る次第で在る。兎に角、時間の掛かるのが民主政治と法治国家の様で在るから、自分軸を持ちながら、冷静に推移を見守るしか無い次第で在る。

 さてさて、寝床シンキングタイムもたっぷり進んだ次第でも在るから、起床と致しましょうかね。萎びた大根が一本、干し台から落ちて居る。それを拾って載せる。本日も快晴の進みで在る。

 折角の寝床シンキングタイムの諸々で在る。健忘症進む身で在るからして、時間を無駄にしない様に、先ずは『記録に勝る記憶無し』が私の経験知・経験値で在る。朝飯前に、雨散霧消しない内に、本日ブログ打ちとして置きましょうかね。へへへ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!