fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・無風曇天の冬日為り。

                    無風曇天の冬日為り。(1/11/21)
 寒さは然程では無いが、無風の曇天の暗さで在る。今日はする事も無いから、風呂に入って洗濯してコタツ住人で好かろう。バッコン腹筋体操も腰が痛いから、パスとして置こう。浴後のお天気次第で散歩をするか否かも、それで好かろう。

 小部屋入りをして、朝茶に一服を付ける。3、4年に成る鉢植えシクラメンの葉の生い茂りに白い蕾が出て来たまでは好いのだが、中々大きく成らない。大葉の茂りを紐掛けして、下に陽入りを好くして遣る。種を蒔いた個所からも幾つか芽が出て居て、シクラメン観察中で在る。
 聞けば夏越しは難しいとの事で在る。そんな中で一鉢だけが残って居る優れ物で在る。何事も凝ると難しい事に為るが、自然の成行きに任せてそのものが持つ生命力の観察するのが、私の流儀で在る。来る物拒まず、去る物追わずと云えば、『達観の態』では在るが、その実、面倒な事は嫌いと云うだけの事で在る。

 大振りのシクラメンは考えて見れば、ベット住人の妖怪様の目の保養として、紅白のシクラメンを仏壇の左右の飾り花として対買いして来た物で在った。その一つの白花が残って居るとし云う事で在る。これも何かの縁なのだろう。介護中に覚えた鉢植え買いの数々で在った。百合のカサブランカ、アザレア、庭の芍薬、牡丹と数が増えて行き、それらを育てる為に、落ち葉を掻き集め、一冬寝かせて、春の川砂運びを繰り返して、黒ぐろとした土目を増やして来た次第で在る。

 いやはや、そう考えると、『この家は独りで暮らしても退屈しない』と云って居た妖怪様の敷いて呉れたレールの上を進んで居る感じで、流石に母親の力は大した物だと感心するばかりで在る。『子は親の掌の中に在る』を実感させられて仕舞う次第で在る。アハハ!!

    ラジオをBGMにしていたら、遺憾いかん・・・英会話のお時間と成って仕舞った。

 さてと、腹も空いて来たから、飯の支度をして、午前中に入浴・洗濯を済ませて置くと致しましょうかね。無風曇天の冬日は、このまま推移しそうで在る。

 風呂にゆっくり浸かって、血行を良くして鏡に向かって、スキンヘッド、顔、手にニベアを引き伸ばして居ると、鏡には上品美人さんの妖怪様の顔では無いか。いやはや、母倅は似ると云われて居るが、そっくりさんでは無いか。ニャハハ!!

 左様で在るか。寒さにめげずに日課の散歩をして来いと云うお達しで在ろう。何れは衰えて、外にも行けなく為るから、若い内は寒いなどと『横着』を決め込むなのお諭しなのだろう。

はいはい、左様でござんすか。老いても親に従うのが、子の勤め、供養なのだろうから散歩に出向く。

流れの縁は、空気の多い薄い白氷の続きで在る。白サギ、コサギの姿に、カワラヒワの群れが一斉に飛び立つ。対岸の柿の実は物の見事に食べ尽くされて居る。小童子の恐竜の卵と呼ばれて居たガス貯蔵球の畑の柿の実には口が入って居ない。3月の梅の蕾、花が咲く頃までの後2か月を、野生界は食い繋いで行かなければ為らない。自然界の最大公約数・越冬に向けての『知恵と共存の世界』が見えて来る物で在る。

倅が去年買って呉れた伸縮性に富んだカーキー色の防寒作業ズボンを干す。設備屋の弟の会社の従業員作業服のズボンにして、履き心地が好いと云う事で倅も使用して居る。従って、全員が重宝して居る次第で在る。ワークマンのヒット商品らしい。

午後に成って、漸くの日差しの入りで在る。呆気無い冬の昼時間帯で在るが、日差しの有無は気分に大いに作用する物で在る。これで少しは洗濯物も乾く次第でも在る。中断に中断を重ねて居る本日分ブログを終了させて、昼寝導入剤に動画を見ると致そうか。へへへ。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!