fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・お湿り雪溶かす、好天の青空為り。

                   お湿り雪溶かす好天の青空為り。(1/18/21)
 昨夜9時の時点で、雪に気付き洗濯物を廊下に掛けての朝で在る。それなりの雪帽子の庭では在るが、快晴の朝に午前中には溶ける事だろう。今シーズンは雪の回数は多いが、この程度の済みで乾燥防止に成って居る。大雪は何日かを要すから困るが、この程度のお湿りは、むしろ歓迎すべきと云うべきで在ろう。

 快晴のお天気さんは、実に気持ちが好い。廊下鳥も、今朝は元気な囀りの連発をして居る。籠落下で雌に逃げられての独り身なのだが、然して落ち込む訳でも無く、淋しがる風も無く、至って元気にして居るからして、私も何かと見習うべしと観て居る次第で在る。

 こんな穏やかな朝タイムをして居ると、気分的には日が長く成って来て、一足早い春を感じて仕舞う次第で在る。加えて月曜日の週始で在るから、一層の事で在る。

 昨日はSが何度電話をしても出無いので、死んだかと確かめに顔を出して呉れた。普段、電話を必要としない生活を送って居るから、マナーモードに成って居た次第で在った。
 会社の帰りで、町会のブロック会が控えて居るので、その用意があるから、トイレだけ貸して呉れとの事で、帰って行った。後任者は決まって居ないが、約束で在るから任期満了で辞任するとの由で、後日、ゆっくり顔出しをすると言って居た。

 本日は久し振りに、廊下タイムが出来そうで在る。廊下の鉢植え物に水分補給にスプレーをたっぷり散布して遣る。夏越しシクラメンの白い開花は遅々として進まぬが、陽を浴びての苔の緑は好い物で在る。苔の定着には月日を要するが、定着するとそのズームアップは乙な物と為る。

 小部屋には先日、園芸高校生の花売り訪問を受けて、買う羽目に為って仕舞った漫画チィックな赤い小花の鉢植えが置いて在る。年に一、二度の訪問販売と思いきや、月一度の回数との由で在った。云われて見れば、園芸が授業なのだから、花の生産は通年事で在るからして、花売りをして教材の足しにしなければ為らないのだろう。まぁ、それも生きた授業と云う物で在る。

 昨夜の動画漁りの中で、国会議員先生達の委員会での机の下でのワニ動画見、本読み動画には、情けない次第で在った。彼等彼女等にとっては、国民から税金で仕事をして居ると云う自覚の無さ、真面目さの喪失体質には、開いた口が塞がらなかった次第で在る。親の七光り、罰当たりを見る思いで、テレビに映る時は偉そうな顔と口を叩く物の、とどの詰まりが審議に集中すると云う気が無い、低脳者にしか過ぎまい。そして、そんな事を許して居る空気が、当選さえして仕舞えば、何をするのも自由の『特権意識構造』を増長して居る『象牙の塔の村社会』と云う様なのだろう。国民に向かってはコロナ禍三密回避の自粛、非常事態宣言の要請・実施の政治パフォーマンスはする物の、淀んだ政治空気の換気など一切考慮もしない連中で在る。

 そこへ行けば、浅学非才を自覚して居る吾が身で在るから、コロナ禍に於ける一般人学習の観点から、ウィルス、バクテリア、新型コロナウィルス、変種、免疫、ワクチン、ワクチンの有効性に関する学者先生の2時間強の講演会動画を受講して居た次第で在る。
 真に専門家、凄い先生の講演会で在った。煙草、コーヒー、バターピーナツは口にしては居たが、誰が見ても真面目な受講態度で在った。人の話を最初から最後まで聴けないような輩は、その精神に於いて、低脳児の謗(そし)りを受けても致し方無かろう。

 恰(あたか)も、米大統領選に於ける不正投票・不正集計、外国介入の証拠が数限りなく司法の場に提訴されて居るにも拘らず、一切無視して既成事実化を邁進しての選挙盗みを仕出かして居るのが、自由民主主義国家・米国の由々しき現状で在る。その根底に働いて居るのが、仕事に対する真摯な気持ちの崩壊現象と云ってもよかろう。

 こんな行を打って居るとSから電話で在る。昼用意をして居ないなら、たけしやの焼きそばを一緒に食べようとの由で、Rの分は肉の特盛としようかとの事。OKを出すと買いに出るとの由。

 掃除をして部屋を暖めて置く。沢庵漬けを切って用意を整えて居ると、玄関に人影で在る。電話注文をして置いたから、待たずに持って来たとの事。

 早速に熱々の焼きそば昼食とする。ミヤシゲ沢庵をポリポリ食べて、好い出来だと云うから、帰りにミヤシゲ、硬大根の沢庵漬け、梅の焼酎干し、梅干しを土産とする。

 Sとの話はゆったりとして居て、居心地の好い時間と為って好い物で在る。『捨てる神在れば、拾う神在り』で、私としては真に好い話相手が出来たと云う物で在る。まぁ、これも、私の持って生まれた誠実・実直さの所以かも知れぬ。ニャハハ!!

 好物を前にすれば、胃袋は別物とは好く云った物で、『特盛』をペロリと完食したのを見て、お公家さんのSは吃驚して居た。普段の昼の三倍超の膨満感に、コタツで鈍牛の反芻時間を採らざるを得なく為って仕舞った。いやはや、喰い過ぎた為り。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!