fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・昨日に打って変わっての低温下為り。

                昨日に替わって、本日低温下為り。(1/22/21)
 ああ、美味かった。朝から食べ過ぎて仕舞った感で在る。お天気情報によると、本日は昨日より4ー8℃の最高気温の低下との由。

 昨日は背中の汗ばむ散歩から帰って来て、四畳半でブログ投稿をしようとして居ると声で在る。玄関に回ると人影無しで在る。『お~い』の声に振り返れば、二本線先輩さんが庭から顔を出して居る。おやおや、重装備の散歩姿で在る。散歩かいと聞けば、帰りとの事で、暖かいので暫しの廊下談義と相成った。

                曰く、ゴルフ打法を変更したら、脚痛と為ったと云う。
「そんな物ぁ、単なる筋肉痛じゃ無ぇかい。好い歳かっぱらってゴルフに力んでるから、『老体の脚乱』って事だわね。少しぁ、歳を考えましょや。」
「何だい、キャバクラだったら、通った覚えが在るけど。そのロータリーのキャクランってえのは、英語で言って呉れ無くちゃ、解らんぜよ。」
「この減らず口の英語被れが、カタカナ表音文字じぁ伝わら無ぇのが、日本漢字の表意文字だわね。還暦過ぎたら、日本回帰が人の道だんね。ゴルフから剣道にしましょや。」
「おっ、また訳の解ら無ぇ御託をおっ始たな。そう遣って、俺を馬鹿にしてるんだろう。ったく、とんでも無ぇ後輩を持っちまったもんだぜや。」
 
        2級上の先輩で、余裕綽々のニヤ付き顔で在る。   
「しょうがねぇ、俺のバッコン腹筋体操を見て参考にしましょや。」

 そんな次第で、廊下での秘伝体操を御披露申し上げる。Yにしろ小童子にしろ、三日坊主にも為らない体たらくなので、先輩さんの日々励行に結び付くかは期待薄では在るが、これも『話の足し』と云う物で在る。

 下っ子同士の相性の好さだろうが、顔を合わせるとお互い云いたい放題の『言葉のジァレ合い』と為って仕舞う。

 4時から相撲が始まると帰って行ったが、ゴルフ、頼まれアルバイト、散歩、畑、庭仕事、ボランティアと、好奇心旺盛に人生を積極的に愉しんで居るご仁で在る。先輩の動の好奇心に、私の静の好奇心と云った対比で在ろうか。へへへ。

 こんな行に打ち進んで居ると、空は一面の灰色雲に覆われての気温低下の沙汰と成って来た
。遺憾いかんで、上に半纏を着込んで来る。半纏を着込んで来ると、別段に暖かく成る物で、これも日本の部屋着の優れ物の一つで在る。

 ラジオでは参議院の国会中継が始まって居る。本日は公明党さんで在るが、国会でも指折りのカタカナ文字使用者の一人で在る。私は横文字・カタカナ文字には体質的に疎い性質で在るから、演歌テープに切り替えてのコタツへの手かざしとする。

 米国は新バイデン政権のスタートで、一連の選挙不正問題でネット情報を見て居る内にトランプファンと為って仕舞った次第で残念では在るが、好い勉強と為った、3か月で在った。

 何事も無ければ他国の大統領選で一過性の世界ニュースで流れて仕舞った事柄で在ったが、趣味の世界史に於いても、現実世界の実態観に於いても、中身の濃い好い勉強タイムを提供して呉れたと云う物で在る。
 ドナルド・トランプとその家族の愛国精神と、子供達を育てた父親トランプと、その薫陶を受けた子供達の類まれな才能と努力を動画で見るに付け、米国での熱狂的ファンが居る事を納得し、魅力の在る大統領だった事を実感した次第で在る。

 そして四年前からの馬渕睦夫さんのトランプ評の正しさを実感すると同時に、氏が常々語って居る様に、公開情報を素直に観たり読んだりすれば、自ずと解って来るトランプ大統領の政治姿勢と人柄で在るとの語りは、英語に堪能な元外交官と英語を解さない凡人との違いか在るだけで、同時通訳動画、字幕動画を観れば、ああ、成程、氏はこれを観て居たのだと云う事が分かって来る次第でも在った。
 そして、他の人達は偉そうな知った被りをして居るが、その内実、自分自身で情報収集をして居ないと云う事が見えて来る物で在る。口ではフェイクとファクトなどと偉ぶって居るのだが、耳情報屋、活字情報屋の『底の薄さ』と云うか、『感受性、感性乏しき様』を露呈して仕舞った様で在る。

 相撲道の『心・技・体』では無いが、人間存在とは『総合体』で在る事が明白な証なので在る。従って、表情・目付き・使用する言葉・話す態度・聞く態度・・・etcにその人の人と為りが、現われて来るを実感する次第で在る。

 一角の人間は、誰が見ても『一幅の絵』に相当する物で在る。毀誉ホウヘン、百聞は一見に如かずの言葉も在る次第で、自分軸と感受性・感性を磨いて置かないと、人間は取捨選択を間違えて仕舞う。

 父親トランプ氏は、映像を見るだけで息子、娘に全幅の信頼を得て居るのが直ぐ伝わって来る。忙しい実業家トランプ氏は、毎朝子供達に手紙を書いて置いたそうで在る。
『○○、煙草を吸うな、ドラックに手を出すな。』で、残念ながら最初の言葉がお早うなのか、勉強しろ、なのかは忘れて仕舞ったが、大富豪にして土臭い父親らしさが、光って居るでは無いか。

 ファーストクラスに乗る母親に、幼いイヴアンカさんは何故席が違うかと尋ねると、ファーストクラスは私の稼いだお金で乗って居る。あなたも、此処に乗りたかったら、自分で稼いでから乗りなさいと云われて、努力して来た人生との事で在った。

 星条旗と国歌に歌い込められた建国精神の下、米国ピープルの為の祖国復興への想いに通じる生き方を垣間見る次第でも在る。因みにトランプ大統領の大統領報酬は年に一ドル、特別補佐官のイヴァンカさんも、無報酬での国家並びにピープルへの忠誠奉職なのだと云う。

 人間、そうそうは好い物には出会えない物で在る。これも何かと慌ただしい現役さんに替わっての、暇人親父の代理学習効果の一環と云う物で在ろう。この何ヶ月間かの米国ウォッチングで知った、私なりの感想を周囲に話したいと思って居る次第で在る。へへへ。

 お天気の下降沙汰で、低温状況は一切好転しない。大寒中に就き、外気吸いは最低限にして来て、午後の部はコタツ住人で進むしか在るまい。困った物で在る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!