fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・知れば知る程に、繋がる点と点為り。

               知れば知る程に繋がる、点と点為りか。(1/27/21)
 夜半のトイレ起き時には、雨が降って居た。ゴミを纏めてゴミ出しに出ると、薄い曇天に雨は上がって居て、しっとり濡れた地面で隅に僅かに残る雪の薄さで在る。雨に緩和された暖かさに、炊飯器をONとして煮物を2種仕込んで置く事にする。

 相変わらず腰痛は続いて居るが、古希坂住人の回復力の衰えとする処で在るからして、我慢するしか無い。シャキッとせんかいのニャロメの態で在る。

 昨夜のネット漁りに好い事を知ったので、画面を止めてメモ書きをして世界史備忘録に2か所書き込みを入れて見た。有難い便利な時代に入った事で、毎日が日曜日生活にも飽きが来ずに、感謝する次第で在る。テレビと違って動画は停止する事も、飛ばしをする事も、時を置いての再見する事も自在で在るから、使い勝手が頗(すこぶ)る良い代物で在る。

 好きこそ、物の上手為れと云われる様に、何か趣味を持つと、好き者に好き事が紙の下の磁石に砂鉄が集まる様に、ひょんな時に現れる形で点と点が線で繋がって来て呉れる物で在る。

 文字記録に現れない歴史検証は、無限に存在するので在るから、それが紀元前の時代なら尚更の事で在る。知れば知る程に繋がる点と点の線から、面への広がりは面白くも、愉しいマイタイムで在る。小童子に伝えて寂滅の完成としたい次第では在るが、川に馬を連れて行っても馬に水を飲む気が無ければ、飲むには至らぬで在るからして、これまた強制は出来ない次第で在る。

 遊牧騎馬民族の世界最古の製鉄法を知った騎馬の迅速移動と鉄器の強靭さに依るヒッタイトの強さは無類の物だったと云う。彼等は製鉄法を徹底的に秘匿したそうで在る。

 ヒッタイトの次がスキタイで在る。彼等は如何やらヒッタイトの末裔らしく、製鉄技術に優れ、蹄鉄などの馬具、矢尻、刀剣、鎧などの戦闘具への応用が巧みだったそうな。
 そのスキタイの騎馬民族文化は、南のサルマタイ、東の匈奴に文化伝播をして行き、中央アジアを本拠地に世界史の震源地をジンギスカンの大帝国を構築するまでに至ったと思われる。

 製鉄法を門外不出の技術と秘匿しても、必要の前には抗する術が無いのは、古今東西の倣いで在る。馬と鉄器使用は、米大陸の古代も旧大陸古代の文明誕生では、そう大した違いは無い。馬と鉄器が人類に齎した変革は、古代の産業革命に比する物で在る。

 インド亜大陸では、印欧語族のアーリア人がガンジス川の大開墾期の中で、バラモンカースト制を作り、戦国時代の中国では、鉄器の普及で富国強兵策に成功した秦が中国統一を為した。ご存知の通り、馬と鉄器を持たなかった新大陸文明は、いとも簡単にコルテス、ピサロの無法によって潰えたのも歴史の事実で在る。

 イスラムvs唐の751年のタラス河畔の戦いで、イスラム側は捕虜から製紙術を得て、瞬く内に中央アジアのサマルカンドを中心に、製紙工場が出来て行ったそうな。
 シルクロードの高価な絹も、東ローマ帝国では養蚕⇒絹織物に至って居るし、秀吉の朝鮮出兵時の土産で陶磁器・色付け技法も発展したし、産業革命では機械輸出を禁じて居た英国の最後の宝物・鉄道も解禁されるや、一気に鉄道ラッシュが世界を席巻した。

 世界の工場は英⇒米⇒日⇒中狂の流れで、近時では、形振り構わずの中狂国が、知的財産の使用料も払わず、片っ端から盗用して世界に傍若無人の『中毒圏』を作り捲って居るのが、現実の姿で在る。

 8時のニュースによると、中狂のマネートラップ、ハニートラップに雁字絡めのバイデン父子との由で、トランプ前大統領の『中狂報じ込め策』の解放に大統領令を発し続けて居るニュースで在ったが、商務長官に任じられた女性長官は、トランプ路線を堅持するとの表明との由。おやおや、不思議な事では無いか。

 地上波と大きく異なって、玉石混交のネット情報を総体観察して居ると、小難しい事は差し置き、何かと常識的に点と点が線に結び付いて来て、或る方向性が仄見えて来る次第で在る。多分、その方向に事は収斂されて行くと観るのが、常識的観点なのだろうと感じ、思う次第で在る。人間は常識の振り子さえ健全為らば、行き過ぎた振り子の幅は、障害物が除去されたり、油が注入されたりで、振り戻され、正常域での振り幅を回復して行くのが自然の摂理にも合致すると思いたい次第で在る。へへへ。

   其れなりの古希坂住人の口に合った朝飯も出来て、僅かばかりの日も差して来た。

 いずれにしても、古希坂住人の毎日が日曜日の銭要らずの趣味・世界史散策は、過去と現在を結んで、何かとモザイクの破片合わせの愉しみを齎せて呉れる物で、独り身で在っても退屈しない時間が流れて居るから、有難い次第で在る。

 日差しに常連雀が仲間を連れて、4羽の来庭で在る。餌の無さにサッシの縁から中を覗いて居るボス雀で在る。ボス雀の面子を立てて、少し餌撒きをして遣ると致そう。

 さてさて、本日分ブログの字数も頃合いの塩梅で在る。昼散歩をして来て、午後の部に移行すると致そう。

 風の曇天で在るから、ジャンバーを着込んでの散歩とする。歩いて居ると、脇腹も痛い。成る程、これは先日の重い雪掃き、雪掻きの後遺症の筋肉痛と云う事で在る。歳を取ると反応が衰えて、疲労箇所が後日に為って出て来るの例えで在る。腰痛に腰を痛めたかと心配して居たが、如何やら筋肉痛の一環の様で、一安心した次第で在る。筋肉痛なら、その内に収まる事だろう。好かった好かったの段で、帰って来た次第で在る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!