fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・古希坂住人、健康が第一為り。

                古希坂住人、健康が第一為り。(2/25/21)
 ああ、寒い。朝告げの廊下鳥の催促では在るが、嫌な事ったぁ、未だ起きんぞ。こう云う時は助走が肝心ぞね。バッコン腹筋体操の数を加えて、起きるべしの寝床との決別とする。本日も快晴のお天道さんの輝きでは在るが、空気の冷たさの続きで在る。沢庵の味噌漬けを口に朝茶の一服を点ける。

 昨日の先輩さんの話だと、明日は雨との由。落ち葉被せをして置いたから、雨は歓迎する処で在る。ボタンには紅芽、マンジュシャゲ、スイセンの緑の生えにコメ柳の幼緑、木瓜の蕾、雑草の伸びと、柔らかな春のお目見えが続いて居る。陽を浴びて常連雀が仲間を連れて餌漁りに来て居る。餌の違うヒヨドリは、電線から縄張りを見降ろして居る。

 ラジオを聴いて居ると、朝は-2℃ながら日中は昨日より5、6℃高く成るとの由。有難い事で在る。

 備忘録綴りを読んで居ると、面白い話ネタを思い付いた。人類は猿人に始まって、原人⇒旧人⇒新人と進化の道を辿って来たとの由。猿人は簡単な石器を用い、原人、旧人は旧石器時代、新人は新石器時代に括られて居るそうな。
原人時代に埋葬を覚え、新人は洞窟絵を残して居るそうな。それで成程と得心した次第で在る。私の癖に、知る人ぞ知るの『戯画描き』が在る。

 世の一般的感想が私としては、ドングリの背比べで『面白味が薄い』のが、不思議と思って居た次第で在る。

 旧石器時代に埋葬は覚えたが、絵を描く様に為ったのは新石器時代の新人期で在ったからして仏のラスコー、スペインのグラスゴーの洞窟絵では無いが、私の戯画を理解出来る様に為るには、矢張り原人、旧人を脱して『新人』に進化して居なければ為らなかったと云う、人類進化の過程が必須だった訳で在る。

 人間、一応は勉強はして置くに限る次第で、旧石器時代と新石器時代の知能指数の差は歴然として居たと云う証左なのだろう。原人と新人の約220 万年の開きが在るそうな。因みに猿人から原人までには、460万年を要したそうな。

 今度Yが『吾が変態妄想窟』を訪れたなら、『お前ら、猿人・原人・旧人脳味噌だけじぁ、所詮、俺の戯画が理解出来んのが限界よ。洞窟絵の出現は新石器時代の新人からだからな。頭蓋骨の脳味噌容量だけじゃ、所詮は原始の沙汰よ。
 何って云ったって、打製石器と磨製石器の出現には、作り手の感受性・感性脳の発達には700、800万年を要したんじゃい。新人の俺に向かって、猿人・原人・旧人如きが、何を抜かすか。無礼者。100年の差どころじゃ無ぇわさ。猿人から680万年、旧人からでも40万年の差だぜや。しゃら臭ぇ、其処にならえ。手打ちにして呉れるわ。』

 いやはや、想像しただけで、Yの細い目を全開にして口パクをする顔が浮かび、『ザマァ見遣がれ』の段で、腹が捩れるギャハハ笑いの段で在った。人間、朝にバッコン腹筋体操、晴耕雨読、夢想に遊んでこその古希坂住人の生活と云う物で在る。

 昨日は米屋さんの私評では無いが、私は何処から見ても、『様』に為って居るそうな。腰の低いユーモア話術にして、奥の深い教養と知性・感性の高さの男前威丈夫にして、人柄の好さで後光が差して居るとの由。・・・で在る。

 そんな褒め殺しに遭って、自転車のスピードを出し過ぎてのコーナーオーバリングで、衝突寸前の交わしで在った次第で在る。昔ガッタ坊主連も、古希坂住人の仲間入りをすると、風にそよぐ枯れ木に『言葉の花』を咲かせての、『人畜無害の愉しきそよぎ期』に進む物の様で在る。

 こんな事を思う時に、T、M氏の死は早過ぎた次第で在る。これも、生きる娑婆・現世の倣いでも在る。さてさて、風呂も沸いて居るから、ちょいと一仕事を済ませて置くと致しましょうかね。

 遣り始めると、区切りの好い処まで独り黙々と遣る性質で在る。本日も納得するまで遣った次第で、飯後は風呂に入ってスッキリしてのコーヒータイムとする。適度な運動はストレス免疫と為る次第で在る。『準備進みて、春よ来い』の段と云った処で在る。へへへ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!