fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・本日、丑三つ時の前打ち為り。

                  本日、丑三つ時の前打ち為り。(3/3/21)
 アジャジャ、 未だ2時か、こりぁ参ったなぁ~。車音がするからてっきり3時を回って居ると思い、昨夜は早寝をしたので起きる助走に布団の中でのバッコン腹筋体操を多めにして居たのだが。着替えて仕舞った以上、ごろ寝をするのは、幾ら独り暮らしで在っても、行儀が悪いと云う物で在る。

 止む無しで定位置の小部屋入りして、濃い目のコーヒーとする。深夜便では洋楽のお時間で在るから、若しかしたら中国製ラジカセの音が出るかも知れないと遣って見ると、何日か振りに音が出た。全く以って、中狂国同様に仕末に悪い代物で在る。
 ペギー・リーの物憂げなスローを聴きながら、昨日を振り返る。先ずは昨日読んだお浚いをして、頭の歩留まりを確認して置く。まぁまぁの記憶で在るから、呆けは未だ先伸ばしと成ろう。扱かれ中の小童子には悪いが、爺ちゃんの蝸牛(カタツムリ)の歩みは堅調と云った物で在る。ヒヒヒ。

 小部屋最古参PCのキーボードの『ろ』の字も作動する様になって居るから、機械と云う物は不思議な物で在る。

 昨夕はSから安否確認の電話が在って、後任役員さんが決まったとの由。会計報告書の仕上げにも遣る気が生じて居るとの由で、先ずは円満退任おめでとうの段で在る。最初に電話した時に出無かったので、時間が遅く為って仕舞ったので、後日顔出しをするとの由で在った。夜の部は前に観て、気に入った『百鬼夜行抄』の貼り付けが再び出て居たので、再見を始めた次第で在る。

 テープはナット・キング・コールに替えて、お茶と乾パンで聴いて居る処で在る。3時に成ったので、ニュースに替えて日本の歌を待つ。雪村さんの甲高い声は性に合わないから、再びテープに切り替える。

 昨日は薄曇り、雨、雪、晴れと目まぐるしいお天気さんで在った。一日中、『家籠り』の態で在ったから、体細胞がバッコン腹筋体操を欲して居たのだろう。頭にも感と知の両面が在る如く、心身の両面のバランスを欠くと、自然と均衡を保とうと云う働きが生じて来てのこの結果に為って居るのだろう。
『無為自然』老荘思想の道教の教えでは無いが、自然は自ずと然るべき道、仕組みに通じると云う事なのだろう。面倒な思考細胞よりも、感情・感性細胞を優先させた方が、負担が少ないので、私としては戯け道の内に、寂滅を標榜する次第で在る。

 昼のスパゲティが美味くて食べ過ぎての晩飯で在ったから、些かのモタれ感が在る。昨日は寒くて風呂に入る気がしなかったので、二度寝をする前に『腹こなし』の為に風呂入りをしてからと致そうか。こんな事も、独り暮らしの特権と云う物で在る。

 Yとは安否確認の長電話だけで、去年の暮れから顔を合わせて居ない次第でも在るからして、そろそろ顔出しに来るかも知れない。
 お恥かしながらの災難続きと云うからして、『百鬼夜行抄』を念頭に奴に憑依して居る付き物を霊視して遣る必要が在るのかも知れぬ。耳なし法市の例では無いが、私が奴の為に満身の友情を以っての快作『痴神下生絵』を進呈したのに、未だに『秘絵』として、一般公開して居ないと云うからして、一刻も早く『公開絵』とせよの大発進なのかも知れぬ。

      そうで無ければ、一連の経緯の辻褄が合わない、相関関係並びに因果関係で在る。

 こんな診立て、喝破をして遣ったら、Yの奴はどんな反応を見せる物やら、想像するだけで、『笑いの門に福来る』の番から二本線爺っさ同士の話と為ろう。

 蛇、天敵女は、吾が鬼門ながら、私はYの鬼門では無いと思うのだが、此処は一発、私のギャハハ笑いで、『百鬼夜行』の憑依魔物を渡部いっけい演じる青龍に因んで、私が黒龍と為って魔物喰いをして遣るべしの感で在る。

 本日、丑三つ時の前打ちと為って仕舞ったが、起きれば起きたで、何かが生まれると云う物で、これも無為自然の流れの一環かも知れぬ。人間神経質に考え過ぎると、何かと魔物に憑依される隙を与えて仕舞うのかも知れぬでは無いか。人間ピンピンコロリが理想形で在る。へへへ。

 さてさて、風呂も沸いた次第で在るから、寝酒為らぬ寝風呂で二度寝にUターンと致しましょうかね。4時半で在るか、悪くは無い。

 二度寝をして来ての小部屋入りで、ラジオをONとすると森ゆう子先生の、厭らしい程の上から目線、高飛車質問で在る。先日の女性クウォーター制の政党座談会を思い出して、ジェンダーフリーとは恐ろしいと改めて思い知った次第で在る。幾らなんでも一国の総理に向かって採る態度では無かろう。入浴時に聴いて居た北島三郎御大の言葉とは、程度が違い過ぎる次第で在る。

 ゴミ出しに行けば、予報に違わず酷い冷え込みで雨を吸った地面はコチコチの状態で、おお寒いの逃げ帰りで、本日作業は自粛と決めた次第で在る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!