fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・娑婆は、GW明けの動き為り。

                 娑婆は、GW明けの動き為り。(5/6/21)
 <その1>
 風は無いが、曇天の朝で在る。これほど天候に恵まれなかったGWは珍しい事で在る。ゴミ出しが無いと思ったら、水曜日が木曜日で在った。遺憾いかんで、戻して来る。
それ程そそかしい訳では無いと思うのだが、関心の無い事には無頓着の性質で、曜日感覚が弱く、こんな事はしばしば在る。子供時分からそうで在ったから、またまた遣って仕舞った位で、恥とも欠点とも思わない処が、所詮『ザル頭』なので在ろう。

      本日は税金の支払い、米買い、食材買いと自転車回りとして来ると致そう。

 昨日は偉そうな事を打って仕舞い、備忘録に追加打ち込みをしようと開いた処、アジャ、マァで、その頁が無った。綴りに在るのだから、何所かに紛れ込んで居るのだろうと思ったが、強風と二度寝の中途半端さに、これも『試練』と決めて、打ち直し作業をした次第で疲れて仕舞った。

 何も無い白紙に思いの儘、打ったり、書いたりするのは、一向に苦には為らないが、同じ物を書き写したり、打ち直す、所謂、主体性の無い作業が苦手中の苦手なので在る。

 誰にでも得手不得手が在るから、仕方の無い事で在るが、気分の乗らない物は正に『苦痛・苦役』と云った物で在る。

 まぁそれでも便利な時代に成って、確りドキュメント保存をして置けば、それを開いて付け足しも、文章の順序替え等の校正・印刷も簡単に出来て、負担軽減と為るから、有難い物で在る。
 或る意味では、PCは『大人のおもちゃ』に等しい。PC検索で大人のおもちゃをクリックすると、『性具』が開く次第では在るが、如意棒機能が枯渇した古希坂住人には、無用にして興味無しの次第で在るから、戯けには年齢嗜好の変化は有難い処でも在る。

       従って、Yの様に眼精疲労の憂き目にも為らずに済んで居る次第で在る。へへへ。

 Yも色々と、論語、漢詩、宗教、世界史と関心分野への書き込みノートを記して居ると言って居たが、PC打ちをして居るのか、今度来た時に聞いて見る事にしよう。キー打ちに慣れれば、こんな便利で使い勝手の良い大人のおもちゃは無いからして、晴耕雨読のバランス向上の一助と相成ろう。

『文章はなぁ・・・苦手なんだよなぁ~。』のYの言では在るが、斯く云う私も中学時代の学校から与えられ、義務化されて居た授業の時間割&日記帳には、定型文の『別段書く事無し』の提出で、とうとう担任教師には赤ペンで大きく、お前の作文能力ニヤリー・ゼロの『蔑(さげす)み』を頂戴して居た男で在る。然しながら、無い物は仕方が無いだけの事で在る。

 それがで在る。何処で如何方向転換したのか、今や『ブログ日記魔』に変身して居る次第で在る。それもブログ樹海の辺境に於いての不人気ブログで、コメントなど絶えて久しい次第で在るが、飽きもせずに『愚の骨頂』で、マスターベーション更新を欠かさずにして居る次第で、一日のペースメーカーと為って仕舞って居る。吾ながら、中学時には想像も出来ない変わりようと云った物で在る。

 人間、死んで見なければ分らない事ばかりが、人の人生と云う物で在ろうかのニャハハで在る。Yは胸にペースメーカーを埋め込んで居る男で在るからして、気負わずPC画面に向かって、中指が動く儘に自然体で浮かぶ儘で遊んで見るのが、自分の新しい領域の足入れとも為ろう。そう為れば、私の愉しみも一つ増える次第でも在る。へへへ。

 さてさて、薄日の差して来たお天気さんで在る。飯前に庭を一回りして、朝飯をして、用事を片付けて来ると致そうか。それを済ませて呉れば、後はマイペースのマイタイムで好かろう。

 <その2>
 払い込み、買い物をして来て、台所遊びとする。昼は缶ビールで、その味見とする。普段は飲まない生活をして居る。俗に云う酒の宛て、摘まみは、酒好きは塩、味噌、漬け物で飲み続けると云われて居る次第で在る。

 本日はこの時季の物で、青々と茎葉の付いた成熟前の白いタマネギ坊主が、地物野菜として店頭に並ぶ。如何遣って食べるのかとレジ先輩さんに聞くと、『サッと茹でて茎葉ごと刻んで、酢味噌和えで食べる』との由。そんな次第でこの数年は季節の味として、有ると必ず買って来て、大量食いをして居る。

 食の好物は刷り込みと云うか、遺伝子の為せる処か、母親の酢の物が、私の好物の一つに為って居る。加えて歳の所為で、肉、脂物、揚げ物は、胃に凭(もた)れて来る次第で、小食と合わせてあっさり系の物に為って居る。

 そんな次第で、米屋さん夫婦には行く度に、瘠せた瘠せたの言葉を頂戴する事に為って居る。車のエンジンでは無いが『自重』が軽く為ると、『燃費』『小回り』が好く成る関係で、小食ながらもフットワークが好く為って居る。
 尤も、その分、パワー落ち、スタミナ落ちをして居るのだが、毎日が日曜日の『低速・近距離運転』の日々で在るから、支障が無い。そんな次第で、極々偶にの缶ビール昼食をする事が在る。

 酒飲みに言わせると、腹に入れると酒が不味く為るとの由で、料理を半分程しか食べない人が結構居て、大食漢の私には不思議で為らなかった思いで在った。それがこの頃、塩、味噌で歌の文句では無いが、焙っスルメで好いの酒飲みの気持ちが解って来た次第で在る。

 缶ビールながらも、それを昼食とすれば、飲後は眠気を催す。缶ビール一本で在るから、小一時間の昼寝には丁度好い導入剤効果を齎せて呉れる。

 何かと小煩い世の中では在るが、半世紀前を振り返れば、昼食堂光景には食事にビールは付き物で在った。特に外仕事の土建屋さんは、それが一般的で在った。今にして思えば、酒は百薬の長で、肉体労働のスタミナ食と昼休みのほろ酔いの豪眠は、職業柄の合理性が在ったのかも知れない。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!