fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・是も、吾が一日の姿為り。

                これも、吾が一日の姿為り。(5/18/21)
 空港ロビーで在る。呼び出されて行くと、中国人のYが座って居た。如何したと云うと、日本に来たから、あなた一人なら、家に行きたいとの由。彼是10年も会って居ないから、大分老けて居て、寂しそうな顔をして居る。

 そんな夢から覚めて、障子を開ければ、白い八重の芍薬が薄明かりの庭に首を項垂れて咲いて居る。左様で在るか、夢の出典は先日のバーベキューの女族様の中年域に入った容姿らしい。如何やら、私の安否確認に来て呉れたらしい。

 5時少し前で在るが、起床とする。昨日の雨の断続振りは、何やら梅雨入りの気配で、今朝も薄曇りの態で、廊下の朝告げも遅い次第で在る。廊下コーヒーとして、今季初の苺採りをして見る。雨に濡れた葉群を掻き分けて、苺の色付き具合を見ながらの初採りで在る。

 葉群にズームインすると、雑草の混じりを見付ける事が出来て、雨に柔らかく成った土から簡単に引き抜かれて仕舞うから、雑草達も堪ったものでは在るまい。芽出し時に霜で全滅して仕舞った柿の第二次芽吹きが揃って来て、見栄えが好く成って来た。

 早朝の葉の重なり合う静寂さの中に、巣立ちの雀達が親から餌を貰ったり、自分で餌探しの様子が直近で見られ、朝アイドリングとしては愉しい物で在る。土手から川を見れば、笹濁りの増水と、雨を吸って河川敷の草丈と、土手斜面の駆除対象オオキンケイギクに取って代わったヒナゲシの花盛りと成って居る。

 今年の町会方針だと一斉清掃が予定されて居ると云うから、ボランティアはその前の6月に入ってからとの事で在る。

 最初のインゲンは2本だけの発芽に終わって仕舞ったから、雨のお湿り土にインゲンを一袋蒔く事にする。インゲンは其れなりに生って呉れるし、好物の一つで在るから、如何しても無いと寂しいので在る。
 東フェンスの2本の続きを、軽く慎重に土起しをして見ると、残念ながら続く発芽の形跡は見付けられず仕舞いで在る。黒々とした土目なのに不思議な物で在るが、遊ばせて置けば、雑草が生えるだけで在る。芽出しをすれば、其処は管理の対象と為るから、菜園らしく成る次第で在る。

    そんな小一時間の朝アイドリングをして、小部屋入りしてラジオをONとする。

 睡蓮鉢に入れたシジミは、生きて居る。シジミの養殖とは行かぬが、シジミを入れて置くと水の浄化に繋がるとの由。グッピィに水草、シジミと、これも小さいながらも、水世界と云う事にも為ろうか。

 本日は通勤・通学帯に朝飯を食べての小部屋座りで在る。相変わらずの無風の曇天の続きで、本日も時折の雨と為りそうな雲行きで、パッとし無い一日と成りそうで在る。さてさて、如何すると致そうか。9時前で在るが、ラジオの男お喋りを聞いて居ても、面白くも無いから、前倒しに頁進めをして置くと致そう。その前にダメ元でテープをONとして見たが、音無しの構えで在る。仕方があるまい、本を持ちに行って来ると致そう。これも私の一日の姿で在る。

 活字読みに疲れて、庭での蔓在りモロツコの芽出し探しをすれば、何と苺の葉群からニョキニョキの数で在る。蔓性で在るから、支柱を格子状に紐結びとする。序に朝の蔓無しインゲンの畝を見栄え好く真っ直ぐに修正して、活字読みのストレス解消に私道の大雑把な草抜きをして置く。キリギリスの幼生の食草がヒメジョウンと聞いた事が在るから、それを何本か残して置く。去年放逐2世が孵化して呉れたら有難いのだが、へへへ。

 こんな作業をして居る間は、お天道さんの暑さで、グッショリの汗で在ったが、全戸開放の時間も短く灰色雲の覆いと成って来た。西の空には小さな雷鳴の聞えで在る。ラジオでは梅雨入り前の雨模様との由で在ったが、体感的には梅雨入りの感じで在る。

 痺れを切らしてのインゲンの種蒔きで、100均2袋の芽出しがニョキニョキと出て来られたら、幾ら好物と云えども、飽きの呟きも出ようと云う物で在る。まぁ、『獲らぬ狸の皮算用』と云う喩えも在るからして、何事も成り行き任せの縄文採取食卓も好かろう。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!