fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・青春歌謡に、走って見た為り。

              青春歌謡に、ちょいと走って見た為り。(6/16/21)
 好く寝た、未だ暗いが起きるか。小部屋に入ってラジオをONとすれば、3時の時報とニュースで、日本の歌のお時間は舟木和夫の高校三年生で始まる。団塊世代の青春の時代で在る。

 左様で在るか。青春時代の歌謡を聴けとの『お計らい』なのだろう。日本で一番人口の多い団塊世代も70代で在る。動体視力も落ちて、ラジオ派世代で在るから、全国の古希坂自由人達は、この青春歌謡をハミングして聴いて居るのだろう。

 軽快なリズムに瞬く間に時間が過ぎて行く。いやはや、寝返りを打って居るよりも別世界のラジオ深夜便の青春フラッシュバックで在る。若かった時代を振り返ると云うのは、深夜ながら好い物で在る。

 梅雨入り宣言で昨夜も一時、強い雨が降った。野菜達の成長期の一時の纏まった雨量と太陽の輝きは、表面を濡らすだけのジョロ散水と違って、万遍無い地中への浸み渡りと為って好都合の段で在る。

       どれもこれも耳に馴染んだ曲の続きに、既に3:45を指して居る次第で在る。

 晩飯を食べ過ぎての膨満感と昼寝をしなかった所為で、早寝の段で、就寝時の鴨長明の方丈記の現代版朗読と比べると、青春時代を彩ったヒット曲の数々を聴く機会を得て、儲け物をした感で在る。昭和歌年鑑38年の締め括りは、『見上げてごらんよ、夜の星を』で在る。

 各地の天気予想を聴きながら、夜の始めの強い雨と雷鳴の轟きに昼の積乱雲を思い出し、然も在らんの感じで在った。

 さて4時台の話は何かと聞くと、サーフィンとの由。余り興味は無いから、ボリュームを下げて置くと致そう。聞いて居ると頭に入って来るから、OFFとして、二度寝を前に真面目にブログ打ちの前倒しをして置く事にする。

 趣味の世界史本の通読回数を重ねての、自作世界史備忘録を読み返して居ると、頭に浮かんだ物を、何やかやと書き入れて居る次第で、何事も継続は積み重ねの諸々事と為る物で、面白い。日本では唐草模様はご存知の風呂敷デザインで在る。その唐草文様のルーツは古代エジプト、メソポタミアに発して、シルクロードを経て、中国で中国風と為り、日本に渡って、日本風唐草文様として定着したとの由。世界史教科書ではペルシアの唐草模様がシルクロードを渡って、正倉院の宝物に為って居るとの資料が添付されて居る。詰まり東洋では、ペルシア⇒シルクロード⇒中国⇒日本の東西交易の資料とされて居るので在る。

 他方、西洋では唐草文様はマケドニアのアレクサンダーのヘレニズム世界の文化伝播の印とされて居る。

 ヘレニズムはアケメネス朝ペルシアを踏襲してギリシア、ペルシァ文化を融合した文化圏でギリシァ風を差す言葉で在るそうな。ギリシア人特有のエーゲ海に端を発したポリス文化=植民文化をエジプト、メソポタミアを併合した大ペルシャに取って代わって、中央アジアにまで広げたギリシアの伝統的植民地拡大政策で在った。その典型が各地に置かれたアレキサンドリアの都市建築と云って好かろう。その数、何と70か所だったと云う。正にギリシャ人特有なポリス国家植民の手法では無いか。

 クシャナ朝下のガンダーラに起こった仏教彫像は、ギリシャ人の血を引くギリシア風=ヘレニズム様式で在る。

 大王没後の後継国中、最大の版図を持ったセレウコス朝はイラン系のパルティア、ギリシャ系のバクトリアに分裂して、バクトリア系の中央アジアの後継がクシャナ朝で仏教保護者で名高いハニシカ王で在る。従ってガンダーラ仏像がギリシャ人的風貌を持つのは当然の事で在る。海に陸にギリシア人達が活躍したヘレニズム文化圏は、エジプトのプトレマイオス朝のクレオパトラまで『3世紀の長き』に及んで居たとの由。

 唐草文様から発した物が、東洋史、西洋史の扱いでは斯くも扱い方が違って来る処が、『一書悉く信ずるは書無きが如し』にして、大人の教養・趣味の積み重ねの愉しみと云った処で在ろうか。

 東洋の起源は中国、西洋の起源はギリシア、ローマの刷り込みがとかく過大な次第では在るが、何事も強国が現れると、都合好く『脚色』されて後世に伝える物の様で在る。

 知らずば、それに刷り込まれるのが世の倣いの様では在るが、老後の歩んで来た経験知の下、趣味の積み重ねを続けて行くと、何かと面白い物と遭遇すると云う事なのだろう。

            或る意味、『老後の余生にこそ学べ』と云う事かも知れぬ。
 暇と便利の囚われ人に堕して、面白くない、詰まらないだけの日々送りと為って仕舞えば、人間は後退性の動物でも在るからして、呆けに近付いて仕舞う。呆けに近付けば、まともな話も出来ぬ様に為り、何かと周囲との軋轢が増すと云う物で在る。老後はお互いの歩んで来た人生を語るを愉しみとすべき時期とも云えようか。へへへ。

 6時半で在るか。本日は途中で早朝散歩時に少しジョギングをして見た処、意外と出来て、驚いた次第で在る。ボランティアのお陰で身体の錆起し効果として現われて居るのかも知れぬ。『何事も無駄な事は無い』の様で在る。アハハ。

 朝日の差しで在る。回覧版が回って来た。これは訃報の知らせだろう。元町会長さんの訃報で在る。またまた80代で在る。今年は、何と80代の訃報ばかりでは無いか。これも時代の変わり目なのだろうが、愈々以って、私の近未来らしい。元気な内に愉しむべしで在る。

 備忘録も何時の間にかボリュームが増えて居て、漸くのお浚い完了で在る。息抜きに帯状疱疹のYに電話見舞いとする。大分楽に成って来たとの由で、溜った野菜の収穫をしなければ為らず、それが頭痛の種とのぼやきで在る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!