fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・遣った遣ったの自画自賛為り。

                遣った遣ったの自画自賛為り。(7/4/21)
 今朝は起きる前から、遣る気充分のスタートで在る。キュウリ、モロツコ、トマトを採って月命日の仏壇に供えて、灯明、線香、チィ~ン、南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏を唱えて、風呂を追い炊きとして、梅の切枝の袋詰め作業を開始する。小振りの雨に合羽の上を着て、帽子を被っての出で立ちで在る。

 昨日は昼まで待って、案の定取りに来ないので、容器を下して二つの容器に追加載せをして塩を振り撒いての梅漬け作業の完了とする。

 目下の読み物は、カーネギ研究所の『失われたマヤ王国・ユカタン半島に消えた幻の民族』で在る。若い頃に読んだ本で在るが、それが埃を被って居たので、趣味の世界史通読も微入り細に入りで、自分為りの史軸も出来て来た次第で在る。従って知らぬ者の弱みてせ鵜呑みもせずに、読み物としては面白かろうと読み始めて居る次第で在る。

 丁度100頁まで来たので、眼疲れもして来たし時間も在るからして、本日分作業の前倒しとして、土手に重ねた枝だけでも袋詰めして置こうと始めたので在るが、遣って居る内にエンジンが掛かって仕舞い、敷地内の物も遣れるだけ遣って置けば、作業量が減ると頑張って仕舞った。

 もう、疲れたと止めて一服して居ると、Sが顔を出して独り暮らしの90代のお婆ちゃんの姿が見えないので、ご近所さんが行政に電話をした処、返事が無いので二階の窓から入ると亡く為られて居たとの由。

 体も不自由で杖を突いて居たので、資源物のゴミ出し日にはSがお宅に取りに行って居たとの由。その話を聞いて、苦しまずに逝かれたので在れば、これも『寂滅の往生』と思った。

 今年は高齢者ばかりの訃報続きで在るが、これも一つの世代の終わりを意味して居るのだろう。何れは団塊世代も、あの世に旅立つ次第で在る。

 早朝の枝始末作業をしながら、読書感想としての記述内容を反芻すると、クレタ文明遺跡発掘者の英のエヴァンスの事が重複されて、いやはや、これが白人史観と云う物なのだろうの苦笑いをして居る次第で在る。

 エヴァンスさんは考古学者と云うよりも、芸術家に近い発想力で、自分の想念を発揮して学問界では『奇人扱い』されて居たとの由で在る。

 本では一応、マヤ文字の解読が進んで居て、現存して居る文献資料に基ずいて居るとの由で在るが、『眉唾物』の感じで在る。

 マヤ文書の骨格は、年代と王の記録が碑文に絵文字として彫られて居るとの由で在るから、中国の紀伝体を想像すれば、皇帝の治世の短い平面体の記録だけでは、単なる事件とその年号だけしか解らず、その諸々のエピソードは別仕立ての『列伝』の王朝臣下の個人の伝記に因らねば見えて来ないとの由。

 白人史観の根底には膨大な文献量に依って、当時のオリエント(メソポタミア、エジプト、ペルシャ)、ギリシア、ローマの神話、芸術・歴史の文化と生活が読み取れるからして、進歩史観の応用でマヤ文明も同様の想像力で言及して居る箇所が散見される処で在る。

            ★果たして、その手法が妥当なのかは疑問で在る。
 古代エジプトに在っては、表意文字・表音文字が在って、文字も3種類在ったそうな。神聖文字、神官文字、民用文字の区別が在って、神聖文字は象形文字性が強く、その簡略体が神官文字、日常的に用いられる最も簡略化された文字が民生文字との由で在る。

 表意文字は難しく、表音文字は安易にして便利を特徴とするのは昔も今も変わるまい。そして権威は難解さを以って、下々に君臨するも、人間の支配装置とも為って居る。日本文字の漢字、平仮名、カタカナを考えれば古代エジプトの神聖文字、神官文字、民用文字の階層形態も自ずと解ろうと云う物で在ろうか。

 本の一番の資料としては、マヤの神話『ポポム・ブー』が頻繁に引用されて居る体裁と為って居る。詰まりは古代エジプトで云えば民用文字、中国の紀伝体に依れば列伝を基にしたマヤの西洋史観に立ったエヴァンス手法を採って居る処が眉唾物にして、読み物として肩の凝らない面白さと云う事に為って居るので在る。

 それは『西洋風歴史ファンタジー』と遺跡発見、遺跡調査に於ける臨場感満載の『現地紀行文』としての面白さで在る。それらの特に、神に捧げる生贄の心臓の抉り出し、血の滴る生贄の生皮を被ってコカの境地で踊り続ける神殿ピラミッドの描写は、遣唐使・円仁の『入唐求法巡礼行記』仏教の法難期・黄巣の乱の衰唐期の一大ルポを読む臨場感と繋がる異様な感想なので在る。

 早朝の合羽を着ての独り作業では在っても、こんな事を考えながらの時間は愉しい物で在る。

 作業は総べからず引き算の過程で在るから、終わりが見えて来ると励みに為って来る物で在る。剪定鋏では役に立たぬ枝を残して、全て奇麗さっぱりの段と相成った。後は余裕の大カッター、手鋸で切れば好いだけで在るから、休憩に本日分ブログを打ちながら、朝飯、朝風呂に浸かって自画自賛のリラックスをすれば好かろう。何しろ、本日は日曜日の休息日で在る。へへへ。

 言いたくは無いが、天敵女、ウザーラさん、アル中糞親父の勤めにも行かず、何もする事が無くて退屈だろうの要らぬお節介口では在るが、何も有償で働くだけが人間の労働では無いので在る。

 俺と同じ事をして見てから、言って見ろ。大きなお世話で在る。ニャロメってな次第で在る。然しながら、小心者で在るから何も言えないのが、切無い次第巣なので在る。

 熱い風呂に入って、一連の梅作業の筋肉の強張りを解しての浴後は、小雨が降ったり止んだりの愚図付く日曜日で在る。午後タイムは、昼寝を主体に休日とすべしで在る。へへへ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!