fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・屁に就いての一文為り。

                 屁に就いての一文為り。(8/30/21)
 廊下板が直射日光でチンチンする暑さで在る。そんな次第で在るから、井草布団を並べて遮蔽とする。本日も魔の時間帯入りで、玄関と六畳の庭に打ち水をして風の通り道を確保して置いての六畳入りとする。夏の申し子のキリギリスケースも、日射避けに場所を移動して居る。猛暑の太陽光発電に因んで、四畳半電気ポットの次置き用のガラスポットを廊下の日射個所に置いて、果たしてどの位の温度に為る物やらと実験する。

 立った序でに、六畳戯画廊の立ち観賞をして見ると、座った位置からの目線との違いで、部屋の模様眺めから、立つ事で『観賞目線』の感覚と為るから不思議な物で在る。目の錯覚と云って仕舞えばそれまでで在るが、いやはや、伊達や酔狂で展示物観賞が立って巡る構造に為って居ない事に気付かされた次第で在る。

 魔の時間帯突破の汗落としをして来てのバニラアイスの、何と美味い事か。銭湯の牛乳を凌ぐ美味さで在る。一息付けた処で、キリギリスの餌替えにミニトマトを取って来てカットして入れて遣る。

 私の昼飯は朝食べて仕舞ったので、炊飯器ONは晩飯に回して、お菓子昼と水分補給で好さそうで在る。それにしてもこの暑さには、困った次第で在る。・・・以上、出戻りPCにて。

 明けて本日、ああ、好く寝た。二度寝に起きれば、通勤通学の8時半近いでは無いか。少々のバッコン腹筋体操をして起床、着替え、自転車を出して、全戸開放とする。定位置の小部屋入りをして、本日は濃いめの朝茶と煙草の一服をする。本日も暑いお天道さんの照り付けが始まってのやれやれ感で在る。

 昨日は夜の帳が下りる頃の散歩としたので、日中の熱が冷めて来てからの歩きで、何無く歩が運んで気持ちが好かった次第で在る。周回コースに、蔦に覆い尽くされた大木が在る。それがコオロギの季節に成ると、夜にはコオロギの空中大コロニーと為って、鳴きオーケストラの演奏を奏でて居る様と為って居る。

 其処を通る毎に、古バビロニアの空中都市を連想させて呉れる。私にとっては、四季其々の『散歩の名所』と云った次第で在る。

 9時の天気予報を聴けば、35℃の最高気温にして、午後は大きな夕立が予想されて居るそうな。それは『雨は有難い。』雨が降って呉れたら、水遣りをしなくても好いから、大いに助かる次第で在る。

 夜の部はアニメ作品の『沈黙の艦隊』が面白くて、ついつい3本も見入って仕舞ったので、疲れて充分な睡眠時間と為ったのだろう。

 こんな話をすると、即座にYからは『下らなぇ、好くもそんな物を見て居られるな。余程、暇して居るんだろう』と蔑まれるのが落ちで在ろうが、『蓼喰う虫も、好き好き』で、私の動画漁りは止められないから、仕方が無い。

 私に言わせれば、『人間、何事も食わず嫌いのナーバス、先入感は、損の始まり』で、体験した事で、世界、世間も拓けて来ると云うのが、正解と思う次第で在る。然しながら、変に刺激すると、気分を害するから、私としては『内面の呟き』に留て居る次第で在るが・・・。 

 先日の呆け話の折に、野郎は高笑いに力みが入った様で。プッと放屁を仕出かして、悪い悪いの『誤魔化し笑い』に及んで居た一駒が在った。そんな次第で、真に『笑止千万な男』と云えようか。

 其処へ行くと、出物腫れ物、時、場所を選ばずの『生理現象』として、私の前でも正々堂々と放屁を垂れても、平然として居る金髪美人さんのヤナたるや、大した文化度の違いを教えて呉れる次第で在る。

 面白外国動画では放屁のメタンガスにライターで着火させて笑い合う白人女連とか、放屁トランペツトを噴き出す豪の者が居たりで、人間の好奇心の強さと、特技は千差万別と云った処が、人間界の実態なので在る。

 母子家庭に在っては、7つ年長の長兄は四男、五男の下っ端にとっては、『巨大な存在』で在った。オモチャ扱いされて、尻に敷かれてデカい放屁を浴びせられた居た物で在る。今にして思えば、それは完全なる『パワハラ』の悪しき見本だった訳で在る。

 ペースメーカー嵌め込み、前立腺肥大、ギックリ腰常習者、難聴、眼精疲労、腱損傷、帯状疱疹・・・etcと自称『病気のデパート』と嘆く男なので、身体の隅々まで、締りの無さが蔓延して居る様で面白かった。

 借家に住んで居た頃、休日の朝のトイレで力んで、特大の3連発の大放屁をして居ると、庭の手入れをして居たお隣り夫婦が、『な、何だ!!』の狼狽と云うか驚愕の声を上げられて、恥ずかしいやら、可笑しいやらで、本題の散弾発射が出来なかった次第で、私としたら、種子島の飛び道具だって、火縄の導火線が無くちゃ、鉄砲は発射出来ないので在るから、『胴内一掃の散弾砲』を打つ手前、放屁三連発射に狼狽、驚愕するなんざぁ、飛んでも無い快便を知らぬ排便潜りの沙汰で在る。

     それを女房子供に率直に報告したら、散々に笑い転げて居た事も在った次第で在る。

 さて、息抜きに四畳半で頁捲りをしながら、煙草を吸って居ると、ご近所さんの旦那さんが、ゴミ袋を重そうに持ってのゴミ出し姿で在る。

 十年前までは小柄ながら、テキパキと動いて居た世話焼きご仁では在るが、此処数年は老いが急速に進んで、見る影も無い程の姿で在る。老いの体力衰退が為せる処で在ろうが、ゴミ出しも難儀な様子に、独り暮らしでも無かろうに、奥さん、娘、孫も、少しは老体を労わって、替わって遣れない物かと不思議且つ哀れに感じる次第で在る。

 そんな姿を見て居ると、世話を焼かず、焼かれずのマイペース、マイタイムの自己満足生活を送って居られる吾が身の幸せを思う次第で在る。

 そんな老いの雄形態感想をして居ると、奥さんの登場でお向かい奥さん同士の立ち話が長々と始まった。世の中、夫婦の形態も様々なのは当然の事だろうが、『雄族』としては芳しく無い光景なので部屋替えとする。雄のみの3匹ケースでは、共存関係でギース、ギースの夏弾きの声で在る。

 さてさて、正午で、本日も魔の時間帯の入りと成って来た。本当に雨シャワーの段に成る物やら、期待したい処で在る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!