fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・知らしむべからず・・・為り。

               知らしめる無かれ、寄らしめる為り。(9/6/21)
 久し振りに、青空に太陽の朝で在る。庭見をして来ての廊下でのモーニングコーヒーと煙草の一服を燻らせる。独り生活でゴミ出しには及ばずでは在るが、区切りで在るから、各部屋のゴミ籠をゴミ纏めのポットのゴミ袋に捨てて置く。全戸開放にして、自転車を出した玄関も空気の総入れ替えで、開放として置く。

 朝は太陽が全面的に入る小部屋のサッシを開けて、陽覆いの簾を下して、口直しの白湯を入れる。足元の睡蓮鉢に日光が入り、水の透明度が増した水草の空きの中に、グッピィ達が浮上して思い思いの泳ぎをして居る。お天道さんが照れば、暑く成る。蚊取り線香を付けて置くと致そうか。

 本日はコンビニで煙草買いをして、米屋さん経由で個人スーパーで買い物を済ませて来ると致そう。

 昨日は其れなりの肉体労働をして、鍬入れした石コロだらけの地面の抑えに車の車輪転圧として置いたので見栄えも好く為った。サブ本の進めも、半分を越してまぁまぁの進みと為って居る。日課の夕刻散歩もこなして次第で在るから、雨で運動不足と成って居た身体には過不足も無い一日で在った。
 本を読んで居ると、つくづく感じる事では在るが、文系の文章とは言葉修辞が得意らしく、言葉による強調構文に長けて居て、ウンザリの感ヵ所が散在される。云いたくは無いが大学の先生なのだから、幾ら文系脳と云えども、中学辺りでは、数学は5を取って居た筈で在ろうに。言葉表現の中に中学程度の数学式を入れて呉れれば、数学的に好く解るのだが、それを避けようとする恣意的計算が働いて居るらしい。こんな感想を打つと、周りからは批判ばかりをすると、馬鹿にされるのでは在るが、数字の辻褄が合うかの『向学心』が生じるタイプで在るから、仕方の無い次第なので在る。

★何故、ヨーロッパは、新大陸発見で急発展したのか、高地から齎された安価な銀がヨーロッパを変える。

 メキシコのサカテカス銀山、ボリビアのポトシ銀山の発見で、ヨーロッパの平均物価は3~4倍に跳ね上がって、『価格革命』が行われた。との記述が長々と読み物風に記述されて居る。
 記述に依れば、百数十年間に1万6千トンの銀がヨーロッパに輸出され、ヨーロッパ随一の銀山の産出量は、僅かに年産30トンとの記述のみで在る。別本記述に依ると、それに匹敵する日本の銀もオランダを通じて、ヨーロッパに輸出されて居るとの由。ヨーロッパ貨幣経済の銀本位制での大航海以前の他地域からの銀の流通量比率も解らぬ2頁に亘る気分同調圧力に、読み流して仕舞う平易な記述と為って居る。

 そんな記述に日本の銀輸出を加えて、資料不足で本来成り立たないのを承知で、頭の整理をする為に、独断計算し直すと、新大陸発見以前のヨーロッパ銀の稀少価格が垣間見られて来ると同時に、新大陸銀の価格の安さは、1/3~4どころでは無く、1/6~8と為り、その間に『中間搾取』が横行して居るのだろうから、1/10程度の銀原価と為ろうから、如何に只同然の奴隷労働だったかの現実が浮かび上がって来る。

 その現代版が、「民族浄化策」で中狂の新疆で強制労働力化されて居るウィグル人の実態と云えようか。

       ★仏革命から国民国家が世界に拡がって行く。パリを襲った民衆の熱狂。
 米独立戦争支援の財政難と数年間の凶作で、仏人口の98%を占める民衆の3/4は、生活費の8割以上をパン代に当てざるを得ないと云う生活苦に直面して居た。

 98⇒100。1×3/4×4/5=12/20=6/10で6割の人が生活苦の逼迫状況と成る。逆を云えば特権階級の2%の者とその周辺者、従属者が。全体の富の4割を得て居たと云う事で、トランプ大統領支持者が訴える1%の裕福層が、国民の富を独占する異常さをプラカードにする状況に匹敵する、『圧倒的格差の現実』と云えよう。

 文系脳と云えども、この位の中学数学の計算式を入れて呉れると、スカンポ脳の手間が省けるので在るが、頭の狡賢い階層と云う者達は、得てして内実を語らず変な方向に読者を導いて平然として居るから、知らないと、その術中に嵌って仕舞う帰来が在るから、困った次第で在る。

『政治(まつりごと)の常道は、民に知らすべからず、民は寄らしめるのみ』なんて、言葉も在るそうで在るからして、コロナ禍報道、オリンピック、ハラリンピツクが終われば、首相辞任に向けての自民党総裁選の『民を寄らしめるのみ』の報道網が敷かれる次第で在る。

 10時で在るか。本日分ブログの字数も頃合いと為って来た。自転車で買い物回りをして来ると致しましょうかね。へへへ。

 コンビニ、米屋さん、個人スーパーと寄って、立ち話と食料調達をして来た。帰ってのローカルニュースを聴いて居ると、長雨続きの影響で、早くもキノコ採り者の行方不明報道で在る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!