fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・さてさて、さてどんな文作と成る物やら為り。

                さてさて、どんな文作と成る物やら為り。(9/21/21)
  お天道さんも昨日の悪夢を気に為されたのか、今朝は大学時代に仲の好かった4人のクラスメートが夏休みに遊びに来てい再現夢で、無難にして懐かしい夢で在った。そんな5時を回っての目覚めで、すっきりと起床に運んだ。ラジオを聴いて居ると、山形の芋煮会の話が始まった。そう云えば、山形の日本酒の好きなIが居た次第で在る。思い出の中の友人達は歳を取らずに、私もその仲間入りの夢で、苦笑いの態で在る。

 昨日の夕刻散歩に出ようとすると、柿の落ち葉が気に為って、熊手で掻き集め牡丹・芍薬の根元に押し込んでのスタートと為った。教会さんの土手回りはコスモスの花盛りにして、河川敷には山から下りて来た秋アカネの群れ飛びで、S大に通じる歩道橋下辺りでは、この処、ギター、トランペット、フルートの練習者、キャチボールをする大学生などが遣って来て居る。
 コロナが無ければ、其処は民宿旅館が寛ぎ場として、主人が芝刈り機を入れて環境を整えて居るので、宿泊客の半分を占める白人家族が、ランニングをしたり、素足で芝生に座って読書をしたりして、絵に為る光景場所で在る。

 暫く、土手沿いには柿の木が並ぶ。我が家の柿は芽吹き時の霜被害に遭って、ほぼ全滅と成って仕舞ったが、柿の色付きが始まって居る。たわわに実ると大仕事、無いと寂しい柿採り、皮剥き、柿簾作業で在る。今年は雑草大繁茂の年にして、今週末は三度目の河川敷草刈のボランティアが予定されて居る。
 根比べに負けて、雑草に覆われた庭で在る。雑草の丈に気を取られて居る間に、柿の実が色着く季節の進みにして川原は一面の外来植物、北米産の背丈の高い黄花ルドベキア、アレチウリの群生様と成って居る。さしもの葦原も、今年は形無しの態で在る。

 秋に成ると、蜘蛛の巣、雲の糸が目に着く物で在る。ひんやりとした静寂の朝の空気にコオロギの音が響く。オオアシナガバチの巣も遠に空と成り、今飛んで居る蜂は越冬、来年の女王蜂候補で在ろう。並アゲハ、黒アゲハの例年の来庭は在るものの、今年は如何云う訳か、山椒葉にアゲハ蝶の幼虫が見られない不思議さで在る。青色イトトンボの数も少なかった。

 斯様に春夏秋冬の四季の巡りでは在るが、その内部を見れば、同じ年は無い。私の365日マンネリ日常とて、然りで在る。

            今日の朝飯は、整理の為にラーメンライスと致そう。

 昔家庭ラーメンが流行った事が在る。今のスープ付き生ラーメンでは無く、生麺の売りで在った。その当時の母親は、うどん感覚で在ったから、兎に角、ラーメンスープの別立て感覚が無かった様で、兎に角、不味かった。出されると、『又かよ、勘弁して呉れ』が本音で在った。

 従って、走りのチキンラーメン風の即席ラーメンの方が、パンチ力が在った。男の子5人の食卓に妖怪様も、何かと心配りをして居たのだろうが、大正5年生まれとしては、舌にラーメンが無かったらしく、ラーメンスープの再現は叶わなかったので在ろう。
真面目な人で在ったから、今思い起こすと、ラーメンを子供と食して、何かと研究して居た筈で在るが、元来がうどん蕎麦派の舌には、ラーメンスープは馴染まなかったのだろう。

 家庭ラーメンで在ったから、煮干し醤油味で、チャーシューの代わりは何時もホモソーセージで在った。

 これが限度と思い、単身母親介護を決意して、主夫業と為った次第で在る。長らく朝飯抜きの食生活を送って来たが、食後の薬服用の為、三食の賄い夫生活と相為り、食のレパートリーの中には、国民食ラーメンも入る次第で在る。私の得意とするのは豚挽き肉、タマネギ、モヤシをふんだんに入れた札幌味噌ラーメン仕立てで在る。ニンニクも利かせたい処では在るが、大正5年産の臭覚・味覚にそぐわないので、パスして出す訳で在る。

 口に合うらしく、目を細めて一滴残さずの完食して、『美味しかった』の言葉で在ったから、私の鼻も高かった次第で在る。ラーメン、スパゲティ以外は、概ね舌で覚えたおふくの味の再現食卓で在る。従って、飽きもせずに自前食卓が出来て居るのも、有難い母親妖怪様のお導きの賜物なので在ろう。へへへ。

 母は、その母からの食を継承して居るので在ろうから、人間存在と云う物は、過去現在未来の遺伝子の[三位一体]模様なので在る。

 歳の所為か、個室・個機・個権ばかりの自己主張が蔓延する現代の表層社会は、今だけ、金だけ、自分だけの『刹那時代』の様に感じられて、自己主張はすれども、個性の芯が感じられない、面白さに欠けた世に映るのは、独り偏屈な私だけなのだろうか。

 毎日が日曜日のマンネリ日常打ちでも、定位置の小部屋旧PCに中指をキー叩きすれば、昨日とは違った日常素描も打てるので在るから、脳味噌の呆け防止と為る次第で在る。ニャハハのハで、これまた、私の日課とも為って居るから、有難い次第で在る。

 さて、本日は赤紫蘇の実採りをして、味噌漬けにして漬物の香り添えの仕込みをして見ると致そう。これは養老院暮らしと為って、目下更地の北隣の小母さんに教えて貰った紫蘇実の有効利用法で在る。紫蘇実は、乙な風味と為る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!