fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・朝起きは三文の得とする為り。

               早起きを三文の得とする為り。(9/28/21)
 さぁ~と、起きるか。ボランティアも済んで、好く寝た次第で在る。起きれば4時を回った時間帯で在る。小部屋入りして、梅干しを口にお茶とする。

   昨日の夕刻散歩に出ると、河川敷ベンチで班長さんの座りで在るから、少しご近所さん話に下りる。

「奇麗にして貰って、気持ちが好い。朝から音がして居たので、Rさんがボランティアしてるなと思ってね。何時も、御苦労さまで助かってる。普通の人じゃ出来ない事よ。」

  へへへ、こんな風に観て居て呉れる人が居るのを聞くと、ボランティアの甲斐が在ると云う物で在る。S大に通じる河川敷ではこの処、音楽同好会の輪が広がって居る様で、楽器練習の集まりが恒常化して居る。新しくベンチも一脚増えた事でも在るし、学生達の集いの場と定着するのは町会としても好景の一つとも為る。

  梅干しと濃い目の粉茶のマッチィングは、日本人の口に合う。ラジオでは、『安民富国』の二宮金次郎さんの話が始まって居る。朝起きは三文の得とは好く云った物で、好い話が聴けた。同年配者の話によると、ラジオ深夜便の聴き手は多いのだが、こんな話の紹介、感想が話題に上らないのが不思議に思う次第で在る。コロナ、社会三面記事とか、世間話は多いのだが、ほう、そんな話を仕入れての感想、意見の被歴が無いのが大人の話として物足りないと思う次第で在る。

 ラジオ深夜便も終わりの時間に差し掛かって居る。この時間帯は、ラジオ深夜便のモノトーンの語りが落ち着く物で在る。

  河川敷ボランティアが済んで、奇麗に為った次第で在るから、これからは息抜きに家庭菜園の始末をしながら、庭樹の剪定などをボチボチ始めて行くと致そうか。今年は兎に角、雑草繁茂の年で在った。秋の恒例作業の柿採り、皮剥き、柿簾作りが皆無と為って仕舞ったから、それに要して居た時間がすっぽりと穴が開いて仕舞ったから、寂しい秋と為る次第で在る。

  今日の予定としては、コスコ経由で米買いをして、食材補充の個人スーパーはパスとすべしで在る。

  山端に夜明けの始まりで在る。ラジオからは松本からの温泉とグルメの地方便りで、上諏訪温泉とJRホーム内の温泉卵の紹介が始まって居る。黄身がとろ~りの滲み出しとの由。

  ラジオも深夜便から朝始動に入って、一日のアイドリング帯と為って来た。山端には朝焼けの色付きが拡がって来た。おっ、キリギリスの声で在る。キュウリからリンゴに替わって、元気に生きて居る様で在る。

 さてさて折角の『早起きは三文の得』にするべく、PCは一端OFFとして、朝飯前に少し世界史頁を捲りながら、呆け防止のキーワード書きをして見ると致そう。

  お勉強のお時間に飽きて、米買いにペダルを漕ぐ。久し振りに会館の林の中ではマレットゴルフのグループがプレーをして居る。回覧版ではマレットゴルフの町会対抗の知らせが在った。草刈も入っての環境での練習なのだろうが、コロナ陽性者の下火傾向も追い風と為って居るのだろう。コロナ前は、マレットゴルフ愛好者が結構居た物で在る。

  外気吸い序に帰って来てから、赤紫蘇を引き抜いての整理とする。嫁さんが紫蘇実の味噌漬けを味見して、美味いと云うので、持たせた。その補充に紫蘇実を大まかに採って、味噌漬けタッパに加えて置く。昼は焼きソバとして残り物を完食とする。

  遅い昼食も済んで、昼寝の導入剤として2、3頁も読めば好かろう。本は丁度半分の現代史に進んで、歴史読みと云うよりも、その時代のエピソードを小説風に読む感覚で面白い次第で在る。覚える読みと読み流す読みの違いは大きい物で在る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!