fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・月命日に、真面目打ち為り。

                 月命日に、真面目打ち為り。(10/4/21)
 本日も好天のお天道さんの輝きで在る。全戸開放、自転車を出しての外気に繋げての庭出とする。べんり菜の間引きをして朝の食卓に緑を添える事にする。第二陣の芽出しが列を為して来た。

 妖怪様の月命日で在るから、仏壇に手を合わせてからの小部屋入りとして、梅干しに朝茶とする。ラジオONとして、床の睡蓮鉢のグッピィの泳ぎ、廊下のキリギリスの声を聴きながら、煙草のショート吸いをする。雌を追う雄に、大きく為った物と感心しながら、暫しの観察とする。さて、私の飯前にグッピィ達に餌遣りをして置くと致そう。

               ラジオに依れば本日は29℃超えの夏日との由。

 毛布を干せば、山ツツジの花は全体に拡がって、今年は二期咲きの態で、来年の花は如何成る物やらの懸念が及ぶ次第で在る。それと柿の落ち葉が早く、葉付きが僅かと成っている有様で、それが落ちてからの落ち葉掻きに回すべしで、其の儘にして居る。何やかやと今年は例年と違う進みで在る。

 昨日は別本も読了として居たので、頁捲りはパスで在った。そんな次第で夜の部は、窓辺太郎の事件簿シリーズを見て、笑わせて貰い、動画貼り付けの中に、ブッダの生涯と云う1時間物が在ったので、就寝の子守歌として見る。

 最後の仏陀の到達点を象徴的に示す、『諸行無常』・『諸法無我』・『涅槃寂静』の言葉が記されて居た。諸行無常は坊さんの説法の中に、必ずと云って好い程に触れられる言葉で在るが、他は耳にした事の無い言葉で在る。

 動画とは先送り、戻し、停止も思うままの、重宝な情報源で在るから、早速戻し&停止をして、メモ書きとした。

 曰く。諸行無常・・・世は常(なべ)て、移り変わる物で在り、諸法無我で一切が吾が物では無い事を知る事で、涅槃寂静の静寂の悟りの死に着く。

 還暦超えの学生の頃、得意科目中の得意科目の世界史をお役御免の身のライフワークに詳説世界史研究の覚え甲斐の在る分量のマスターを思い立ち、再学習の緒に就いた次第で在る。当初はその細かい文字と分厚さに辟易として、到底、記憶力の衰えて来た脳味噌で在るから、受験時代の覚えとは違った古今東西の宗教史にスポットを当てながら、何かを掴めば好かろうの程度から、石の上にも三年では無いが、メイン本、サブ本の7冊のローテーション読みを回して、頭の整理ツールとして、世界史備忘録を積み重ねて来ると、遅まきながら頭の歩留まりが向上して来る物で、世界史は私の頭の中の主要基軸と為って、多方面に活性化を齎せて居ると云った態と為って来て居る。

 これを称して、継続は力為りにして、思考の汎用機、ライフワークの退屈し無い愉しみと云うのだろう。人生の終盤に於いて、吾ながら好い趣味を持ったの想いで在る。

 さて、仏教用語では、バラモン教改革の思想でウパニシャド哲学が誕生して、多くの思想が誕生して、歴史用語では62見の時代が在って、その中に梵我一如、輪廻思想が生まれ、その中から不殺生、苦行離脱のジャイナ教、煩悩離脱の悟り、八正道の仏教が誕生したと云う。
 思想はその時代を背景として居るから、一概に開祖の超人さに平伏する必要は無い。寧ろ、人は時代の子、時代の存在、風土の子にして存在の視点を持って、鑑賞するのが合理的にして妥当と考えて居る次第で在る。

 色即是空・空即是色も聞き慣れた仏教語の一つで在る。日本的に云えば自力本願、他力本願、慈悲心、他力行の訓えなど、仏教は神道との自然観、人生観との共通性から教えの親和性から、神仏混淆・融合の形で、宗教・信仰の確たる思いも無く、強弱の違いは在っても、個々人の中に心に存在して居る。

 従って不信心な私とて、最低限の仏教用語は知って居る心算では在ったが、諸法無我・涅槃寂静の言葉は、昨日まで一切耳にした事も、活字で見た事も無かった。

 聖書、経典の類は、長い世紀を経て語り継がれて来た物、弟子達の教祖伝の蓄積の書と呼ぶべき物で在る。キリスト、マホメット、ゾロアスター、ブッダと彼等は文書を残して居ないそうで在る。仏陀にしろ、没後、その教えが変な方向に飛散、消滅する前に、100年の際に『本生話』として、ブッダピソードが作られたそうな。聖像・宗教画の出現もほぼ100年後と云うのが、人間の記憶再現行為らしい。伝承と云う領域に書と云う物が登場するのも古事記・日本書記の例を採るまでも無く、共通した経緯を辿って居る様に思える次第で在る。

 さて、本題に戻ると致そう。仏陀の生涯の最後の紹介に登場した、仏陀の生涯の象徴精神を現わす諸行無常・諸法無我・涅槃寂静の四文字熟語の並びは、仏陀その人の生涯を現わす到達点と云うべき物で在る。キリスト教の三位一体論では無いが、これらは三位一体の仏陀生涯の足跡その物で在る。それにも拘らず、諸行無常だけが、坊さんの説法に引用されて居る不思議さに驚かされる新発見で在った。

 論語・仏教の事なら、俺に聞けとのYの言で在るから、今度来たら教えを請うと致そう。如何蘊蓄を披露して呉れるやら、楽しみが増えたと云う物で在る。極彩色戯画廊でのスケベ話だけでは、二本線男子番から高の母校に、申し訳が立たぬ次第でも在るからして、お色直しには、好材と為ろう。

 出た処打ちのマンネリ内容で、さてさて、本日はどんな中指のキー叩きに為る物やらと、心配して、隠し玉を載せようかと思って居たのだが、私の背後には妖怪様が鎮座為されて居る様で、結構まともな内容と為った。流石に月命日の御利益で在ろうか。

           さてさて、腹も空いて来たから、朝飯と致しましょうかね。へへへ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!