fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・本日、快晴の清々しさ為り。

                本日、久し振りの清々しさ為り。(10/228/21)
 嗚呼、好く寝た。明るさに時計を見れば、7時に近い。久し振りの快晴の空にお天道さんの輝きで在る。清々しい気分で、自転車を出せば土手のケヤキにも紅葉の現れで在る。全戸開放の空気の総入れ替えとして、定位置の小部屋でモーニングコーヒーと煙草の一服を燻らせる。百日紅の葉群を通して眩しい陽入りと、背後からは通勤の車音の通過が続く。

 久し振りの良朝で在る。座ってばかりでは、お天道さんの罰が当たると云う物で在る。布団干し、些かの念入り掃き掃除、サラリーマン時代の先輩さんから頂戴した木製のずっしり重い舵取りを模した掛け時計の紐掛けをSに指摘されて居たので、不要と為ったコード線を利用して掛け直しとする。無風の快晴に、この位の朝飯前のフットワークが自発的に出るので在るから、私としたら人為的宗教が何故に必要なのか、得心が行かない次第で在る。

 キリギリスケースを小部屋の日当たりに持って来る。ケースの空気が暖まれば、鳴いて呉れると思う。9時のニュースにラジオONとして、朝飯までのマイタイムとする。

 昨夜は小林旭さんの『旅がらす事件帖』の未だ観て居ない貼り付けが在ったので、3本を観て仕舞った。テレビシリーズ物で在るから、45分物と云う適度な長さと云う事も在ろうが、全然飽きが来ない。中村吉衛門さんの鬼平犯科帳、朗読物も然りで飽きが来ないのは、珍しい。他の物は如何しても飽きが来て仕舞う。それと15~20分程度のカフカフ山脈(コーカサス)の山の光景をバックにした中年アゼルバイジャン男が、丸ごと一匹、一頭の肉塊を、豪快に手作りするワイルドネス・クッキングのユーチューブ動画は、毎日見ても雰囲気の在る動画で在る。

 ロシア、ウクライナ美人達の動画も見て居るので在るが、如何しても飽きが来て仕舞う。美人も3日も居ると飽きが来るの物云いには、断乎首肯出来ずに、美人は歳を取っても美人さんと云う、美人、美形さんへの信奉者の性質なのだが、食傷と云うか飽きが来て仕舞うので、不思議な物で在る。

 男は自然体の中にこそ、味が滲み出して来る物で在る。俳優、役者さんは役を演じる職業とは云う物の、演じる人の内面が滲み出て来て、実在感の何とも自然体の中からの雰囲気を魅せて呉れる。女族さんには失礼ながらも、男族には化粧をしない『地』の部分で勝負出来て、『なんぼの物』の価値が在るのだろうと感じて居る次第で在る。

 個人的には山の手作り家に、犬、ヤギのミキ、周辺の山地に菜園を作り、野菜を調達する中年アゼルバイジャンさんの黙って黙々と手際好く料理をして行く様は、俳優、役者さん以上の発信力で在る。

 殆ど無言のレスラーの様な逞しい肉体と、アラブ系トルコ人らしい彫りの深い精悍な中年男の動画で在る。山の遊牧民族の伝統料理と云うか、敷地で、山入っての、川に入っての、木を燃やしての一人で作る民族料理の実演動画で在る。

       山村の子供達を招いて手作り料理を腹一杯食べる子供達に目を細める。
『美味いか、そうか、もっと食べろ。』『これは牛一頭分肉だから、小父さんからのみんなへのプレゼントだよ。』『親の言う事を聞いて、健やかに育つんだよ。』

     言葉は分らないし、言葉も少ないが、彼の目、表情がそう云って居るのが実感出来る。

 キリギリスが鳴き始め、日光を浴びた睡蓮鉢からは、水草の光合成で小さな水泡が立ち昇って居る。無風の穏やかな空気で在る。10時で在るか、朝飯として、一仕事をしてから風呂入りをして、長丁場の名著読みと致しましょうかね。へへへ。

 スモモの木を一本散髪して、土手回りの雑草整理をして風呂入り序に、醤油、油、ソースと、この頃は欠せなくなって来た自家製昆布の佃煮材料の刻み昆布を買って来る。あっさり味で在るから、作り置きタッパが直ぐ無く成って仕舞う次第で在る。何時も在る物が無いと、人間寂しい物で在る。アハハ。

 本日は理想的な進みで在るからして、軽く昼を採って廊下サンルームで午後の部に移行すると致しましょうかね。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!