fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・おやおや、久し振りの雀為り。

                  おやおや、久し振りの雀為り。(11/8/21)
 今日は、歯医者で在る。8日で在るから、ブロンソンさんとの月に一度の男話も在ろう。昨夕は散歩代わりに、この際、後あと散髪がし易いように40cm程切って置こうと頭止めとした。袋詰め2にして出した後だったので、その整理は後日と為った次第では在るが、毎年、少しずつながら高所作業の削減に努めて行くのが安全策と云う物で在る。大欅の落葉は未だ半分以下で在るから、当分は落ち葉掃きの日々と為る。

 独り暮らしに為って、つくづくと思うのは気が長く為って根気と云うか諦めが付いて来たと云う事で在る。若い頃は嫌で嫌で仕方の無かった事が、何十年か遅れで漸く出来る様に為って来た次第で在る。妖怪様の介護10年間で遣らねば為らない日常の積み重ねで、此処まで遣れる様に為ったので在るから、親とは有難い見守りをして呉れたと思うと同時に、蛙は蛙の子で、これが流れる遺伝子の様と云う事が実感出来る。お師匠様の妖怪様からは、倅ファミリーの前で、好く此処まで成長した物だと一応の免許皆伝の言葉を頂戴したので在るから、母親としても満足の行く処だったのだろう。

 国民の歴史の上巻は気に入った読み応えの在る名著で在るから、読む度にグイグイと惹き込まれる次第で、肉体と精神のバランスを保つ上で真に有用本で在る。心友Tがブックオフで分厚い上下二巻の単行本を、俺には読めないがRにはぴったりの本と云ってプレゼントして呉れた物で在る。読了するのに大分時間が掛かったが、読了して余りの名著で在るから、本を汚すのが憚れて、ブックオフで、その文庫本を買って来て、教科書として赤線、書き込みをして世界史の回し本の中に加えて、ローテーション読みとして居る次第で在る。

 何事、何物にしても、道具として使いこなすには手垢が着いて、馴染んで来ないと自分の物と為って来ないのが通常で在る。馴染んだ使い勝手の好さと使いこなす事で生まれる愛着が道具の本道なのだろう。映画的に云えば『座頭市の仕込み杖』『ホームズ先生のパイプ』『鬼平の銀の煙管』・・・etcで在る。

 昨夜の就寝時の動画漁りではパッとした物が無く、偶々目に止まった『スー族の歴史』と云う貼り付けを見付けて、その二編を観て参考とさせて頂いた次第で在る。米大陸への北方移住、南方移住から始まって、農耕、漁労、狩猟と多種多様の生活、文化、インディアン部族間の争い、スー族の西進、馬、鉄器、鉄砲、酒、綿布、日用雑貨の白人との交易、天然痘の大流行に依る人口激減・・・etcと、日本人研究者の解説で大いに参考と為った。

 西部劇ファンで在ったから、耳慣れた人物、事件、世界史的な雑学の諸々が、解説と同時進行して思い浮かび、観終わった後の消灯時のお浚いの好い時間が持てた。

 毎日が日曜日の、マイリズム、マイペース、マイタイムの古希坂の独り暮らしに埋没し切った寂滅道ながら、人間一つのライフワーク趣味を持つと、紙の下の磁石に砂鉄が引き寄せられる如く、多方面から興味を引く砂鉄が次から次と集まって来る気がして不思議な幸運さを覚える気分で在る。

 兎角、する事が無いとか、面白くないとか、下らない愚痴溢しをする爺、婆連が多いが、人間、内面の主軸を一つでも持てば、対象は向こうから自ずと引き寄せられて来る物と考えるのだが、人は表層を浮遊するのみで、生物的老いの中に没して行くと云う勿体無さを重ねて居る様に思われる。

 コロナコロナで、中学時代の同級会も自粛の沙汰無しでは在るが、嘗ての同級生達との語らいを見て見たいとは思うが、人生で一番自分らしい時の中に居るので在るから、健康状態がどうのこうの話だけでは詰まらない。何を経験して来て、各自、どんな人生観、死生観に達したかの交換がして見たいと思う次第でも在る。

 毛無し、金無し、女無し、止めが甲斐性無しの四重苦の誇る処皆無の実態ながら、弟と倅との語らいは味が在る。好い意味での親子、兄弟とは離れた男同士の友人的趣が在る処が在る。

 おやおや、久し振りに雀が一羽遣って来たでは無いか。餌が残って居たら、捲いて置くと致そう。さて、欅の落ち葉掃きをして朝飯の用意をすると致そう。今日も一日が始まる次第で在るか。さてさて、本日はどんな一日に為る物やら。へへへ。

           顔を洗って居ると、全戸開放の廊下からドシンドシンと誰かが入って来た。

                    「何処に居る?」の弟の声で在る。

 聞けば馬力の有るクローラーの中古品が手に入ったので、佐渡へ置きに行って来たから佐渡土産を持って来たとの由で、総入れ歯と為った歯を出して笑って居る。

 食べれる様に為って2kg太ったとの由。今度の連休に面白い衣料品店を見付けたから、連休はスカッとドライブに行こうとのお誘いで在る。私も今週の中間辺りに、兄弟話をしに行こうと考えて居たので、兄弟とは面白い物で在る。
 会社の現況、船仲間の話などを聞いて、丁度『四文字熟語』のブログ打ちが在ったので、何かの話の折に『箔』を付けて呉れと渡すと、流石に二本線OBで在る。

 パッと集中の一読して、『相変わらず良い事を書いて居る。エキスは貰った』と奇麗に四つ折りして胸のポケットに入れて居た。途中仕事の電話が一本入って来て、テキパキと処理して、再びの穏やかな兄弟話と相成った。人生で一番の良期を迎えて、横須賀、宇都宮、佐渡と休みの来るのを楽しみとして居るとの由。私は内向性、弟は外向性の違いは在る物の、お互い人生最良の時を迎えて居る様で在る。人間、人生最良の時を迎え、愉しむには、或る程度の長生きをして見ないと分からない物で在る。

 まぁ、兄弟とは面白い物で在ると、つくづくと感じ入った次第で在る。心友の中に、兄弟、親子が在っても当然の処でも在ろうし、長い長い遺伝子継承の中には、『一卵性親子』、『一卵性兄弟』の形態も在って、然るべきなのだろう。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!