fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・一円玉のお天気に、男族の、廊下談笑為り。

                一円玉のお天気に、男族の歓談為り。(11/17/21)
 愈々以って、布団から出られない時候と為って仕舞った。布団から抜ける勇気が無いので、頭に浮かぶ諸々に就いての脳内シンキング、散策をして温い布団にしがみ付いて居るのだが、そもそもが尿意の催しでの目覚めなので在るから、我慢にも限界が生じる次第で在る。粗相は男の恥でトイレで放出をして、しゃ~無いの起床の段で在る。本日も好天の朝で在る。

 先ずは昨晩ブリ大根が食べたく為って、鰤の粗を買って来て仕込んで置いた鍋に火入れをしての自転車出しと全戸開放をして来ての、梅干しに朝茶のラジオONとする。

 ラジオの冒頭で入って来たフレーズに『一円玉の天気』で、???、その心は『崩し様の無い好天』との由。いやはや、世の中、喩えの天才さんがゴロゴロいらっしゃるものでは無いか。続いて、東京では木枯らしの無い可能性大で一気の寒さに進むらしい。

 さてさて、古希坂爺の停滞した空気の一掃も出来た次第で在るから、外気の遮断で廊下のサッシを締めて来ると致そう。霜降りの庭に出れば、通学帯の女子校生達のペダルを漕ぐ素足に、おお寒いの同情が出る。空気が暖って来たら、家周りの欅の落ち葉掃きをして置くと致そう。今日は何日かとカレンダーを見れば、17日で在るか、20日は組合の理事会の後、弟が迎えに来て安い衣料店へのドライブを口実の兄弟話が在る。弟は現役、私は独り暮らしの娑婆情報ゼロ更新の日々で在るから、頭の活性に繋がる次第で在る。

 昨日は何カ月か振りの世界史主本に戻っての精読の読み進めで在ったから、何やら新鮮味が在る次第で、人間の記憶力の好い加減さに苦笑いが出て来る始末で在る。人間とは学習の動物にして、忘れる事を商売とする生き物とも云われて居るから、大雑把な私としては、物忘れには然程の反省もしない性質で在る。

 欄外の古代エジプト、メソポタミアの農業生産力は中世ヨーロッパの10倍の高水準だったと云う記述に、挙手して説明を請いたいのニヤリ感で在る。一応、頭にインプットされて居る箇所では在ったが、趣味のライフワークが積み重なって来ると、その資料文献が何時頃時代、地域を指すのかが問題提起されて来る次第で在る。
 先生、ヨーロッパ中世も広うゴザンス。5C~14Cのまでの千年の長スパンにして、ヨーロッパの版図も大きく、農耕地、森林地帯の差も歴然として居るし、9C~11Cのヴァイキング、マジャールの侵攻も活発で在ったし、有輪重量鍬・三圃制農業の確立、エルベ川以東の大開拓時代、余乗作物のの市も発展して来て中世都市も誕生して来た長丁場の中世の括りで在る。

 こんな行を打ち始めて居ると、土手に軽トラの停まりで在る。Yが来た様で在るが、玄関が開かない。様子を見に行くと、玄関外に差し入れ物で在る。外に出て手を振るが、さっさと発車して仕舞った。何か用事が在って済ませてから寄るのだろう。大根2本と見事な松本一本ネギの差し入れで在る。

 風呂上がりの洗濯物を干して居ると、庭からサラリーマン時代の先輩の登場で在る。一円玉の好天の暖かさなので、廊下歓談とする。相変わらず独り暮らしの先輩ながら、元気で在る。

 歓談が終わり、ブログ打ちをしようとして居ると、Yから電話で在る。冬タイヤへの交換を2時して居るので、時間調整に顔を出したいと云うから、好いよで。廊下歓談が気持ちが好かったので、廊下に座布団、小座卓を出して、コーヒーの用意をして置く。生憎、駄菓子が何も無いので、鰤大根と古沢庵の甘辛炒めを出して置く。

「やぁやぁ、Rが居て呉れて助かったよ。おっ、こりぁまた凄い数の大根干しじゃ無いか。相変わらず、悠々自適の生活をして居るじゃ無いか。大したもんだわ。」
「金欠病で何にも無いから、これでも食べて呉や。」
「おっそうか。こりぁ、美味い。これだけの手料理が出来るんだから、女は要らん訳だわ。」

 不思議な物で、人が来ると続く物らしい。色んな話に花を咲かせて、好い時間を送くる事が出来た。Yの見送りに出て序に竹箒で欅の落ち葉掃きをして居ると、何やら小鳥の声で在る。見上げれば雄ジョービタキが電線に止まって、黄土色の腹を膨らませての鳴き姿で在る。

 雌っ気無しのマンネリ日常では在るが、私は如何やら男族には恵まれて居る様で在る。いやはや、感謝感謝の段で在る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!