fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・金縛り夢に恐怖為り。

              いやはや、とんだ『金縛り夢』だった為り。(12/114/21)
 昨夜は好い動画見で、日本史人物の小栗上野之介の『成る程の知識』と日本で歌手活動をするロシア美人さんの確りした日本観を拝聴したり、国際結婚の元モデルさんのハンガリー美人さんのホッコリした国際結婚夫婦の雰囲気を頂戴しての就寝で在った。

 この処、弟に誘われて横須賀に行って居るので、横須賀に関連する動画の貼り付けが在ると、ついついクリックして仕舞う。普通の日本人として生きて居るから、それなりに小栗上野之介の雑学、ドラマを見て居るので知って居る人物で在る。

 観て居て、建設中の米大陸横断鉄道にも乗り、海路で世界史一周した小栗と太平洋だけを往復した勝との違い、それに付随して福沢諭吉の慶応と大隈重信の早稲田との違いにも想いが及んで、『有意義な人物伝解説』動画で在った。明治維新に抹殺された小栗上野之介伝の質の高さで在った。

 横須賀に馴染みの在る人物伝として、『弟の代理』として見て置けば、兄弟話のネタに為ると思って見て居た次第で在る。地上波テレビでは紹介されないユーチューバーの歴史検証と好く纏まった内容で『妥当な推論』がされて居た。

 実はその前に、『テレビ仕立て』の物が在って、それを少し見たのだが、落ち着いた俳優?さんと部下役の女性アシスタントの様が、『台本を演じて居るだけ』の雰囲気で在ったので、早々にパスして次の動画クリックで儲け物をした次第で在る。

 私は台本、脚色、編集と云った『演じ物』より、その人の持つ素が表現されて『香り立つ人間性』に遭遇する機会を愉しみとして居る次第で在る。

 其れがで在る。夢で深夜に侵入者の気配が四畳半でする。そ~と四畳半に入り、窓外の不審者の様子を窺って身を屈めて身構えて居ると、相手は二人の様子で在る。窓が開いて忍び寄る人影で在る。蹴りと鉄拳の一撃に肉体を凝縮させて息を止めて待つ。敵も然る者で在る。一気には入って来ない。暗がりに足を伸ばして、中を窺って来る。足と足が触れる。何処で凝縮した反発力で足を跳ね上げて、鉄拳の一撃を顔面に炸裂させるか。その一瞬の間合いを待つ。

 その時、金縛り状態に陥った。体も声も発せられない。危機的状況で在る。内に向かって緊縮・硬直する全神経を開放し無ければ、相手に遣られて仕舞う。

  ウォ~!!の怒号一発、金縛りの鎖がブチ切れて、足で蹴飛ばされた湯たんぽが左右に飛んだ。

 悲鳴、怒号で飛び上がった深夜の暗闇で在った。いやはや、お恥ずかしき醜態の図で在った。何年振りかの『金縛り夢からの解放』で在った。

 こんな夢を見れる『若さ』と云うか、愈々以って『心臓停止』が近付いて来たのか、蹴り飛ばされた湯たんぽ2つを布団に入れて、乱れた掛け布団を直しての『苦笑の寝直し』の段で在った。

 その後は憂い無しの快眠の朝とは成ったが、何とも冷え込みの強さで在る。ああ、寒いでは無いか。未だ起きるに及ばずで在る。

 炊飯器ON、風呂の追い炊きONとして来て、寝床シンキングタイムとする。横須賀には東郷平八郎の旗艦三笠が在り、小栗上野之介へ宛てたと言われる『仁義礼智信』の額、MAX.LUXのボーカルを務めるエキゾチック・ジャパンのユーチュバーのアレシアさんの日本学習に於ける彼女の理知的、茶目ッ気たっぷりの一人三役を演じる寸劇を通した日本観の見事さは彼女の頭脳明晰振りを存分に開花させて居る、一方、ハンガリー人妻の何ともアットホームな亭主にゾッコン振りなどを思い浮かべながら、白人美人さん達の鼻に就いての一考察をして見た次第で在る。

 アレシアさんはハバロスクの出身、コーカサスの遊牧騎馬民族のコサックが連水陸路でシベリアの広大な征服をして、黒いダイヤと珍重された黒テンの毛皮利益を帝政ロシアに齎せた毛皮集積地の一つで在る。ハンガリーはアジア系遊牧民族のマジャール人の国と云う意味で在る。
 そんな世界史のお浚い想像をすると、お二方とも、白人ながらナターシャの様な鋭角の鼻では無く、マロ味の在る『優しい鼻の形』をして居る。

 感覚的に尖りと丸味は、硬と和みの違いを齎す物で、尖りは刺に通じ、丸は和みの優しさに通じる線の形で在る。

 私は気が弱いから、ライオン鼻、ワシ鼻より鼻は高いがアジア鼻に親近感を覚える次第で在る。ライオン、ワシ鼻ともに、正面顔としては美なのだが、横顔は小心者には、如何しても肉食系の怖い顔なので在る。
 他人の顔は、何とも言えるが、肉食系よりも草食系の方が、私には親近感と好印象を齎せて居る次第で在る。肉食系、草食系にしろ、総じて中身の薄い『装飾系人間』は男女共に敬遠の態で在る。へへへ。

 さてさて、本日もお天道さん一杯の好天で在る。本日分ブログはこの辺で切り上げて、入浴前に目一杯の蹴りを入れられた寝具に日光浴を施して来ると致そうか。へへへ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!