fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・気は心為り。

             夕刻は、気の心の届け物を持って行くと致そう為り。(12/22/21)
 今日も快晴の朝で在る。R家雑煮のベース『鰹の大和煮』が完成したので、最後の火入れをして、弟に届けて来ると致そう。電話をすると、珍しく電話に出無い。

 昨夜はPC動画を見て居る内に、興味も無かったので、寝入って仕舞った。夜中にトイレを催して意識が帰って、PC画面を見ると何やら面白そうな映像で在る。トイレ放尿をして呉れば、寝入るまでには其れなりの時間を要すから、最初に戻して見ると世界史の中に写真が出て来るミクロネシア辺りの石造遺跡の探索の動画で在る。ドローンを飛ばせて徹底的に上空写真を撮った画像に、IT技術を駆使して覆われた植物を除去して地表の人工物を探索して、それをマングローブの樹海に分け入って、探索調査をして行くと云う番組で在る。
 義足の中国人?の『世界の眠れる遺跡発見』は注目を集めて居るらしく、十戒のモーゼでお馴染みの海割れの現場とか、マヤ文明の未発見遺跡と、何かと拾い物をさせて貰った動画で在った。

 主人公がドローン、IT先進国にして独善的中国人気質満載の演出が過ぎる臭気が臭過ぎる眠れる人類遺産解明と銘打ったエンターティメント番組で在る。古希坂親父には独善的派手過ぎる動画で、全てを鵜呑みする訳には行かぬが、映像の数々は紛れも無い『現実の世界』で在る。
 一事が万事で中国様は、白髪三千丈のお国柄で在る。島の安山岩採掘現場での彼の説明は、『馬鹿野郎が、これは安山岩の石柱列石の岩相じゃろうが、幾分湾曲した石柱を縦横に組み合わせて積み上げる工法を採った城壁構造群で在ろうに。加工石とは言い過ぎだろうに。』の感では在ったが、ミクロネシア、ポリネシアの太平洋に無数に散らばる島々へのポリネシアの海洋民族に依る文化の伝播と云う足跡を、映像で見られた事は『好事の極み』で在った。これで写真で見た太平洋の小島に威容を誇る石造遺跡の『湾曲した石柱の石積み構造』の違和感が、解消して中国遺跡アタッカー様様の有難さで在った。

 ドローン大国のそれを飛ばして、これまたIT狂国技法で樹海、土に埋もれた眠れる遺跡群を発掘調査する技法は、考古学に於いても『一般的調査法』と為って居るご時世で在る。そんなドキュメント作品では学者の解説が為されて居るので、エンターティメント性は抑えられて居る処で在る。然しながら、世界の眠れる『遺跡アタッカーの演出性』は、国民気質として中国人の最も得意とする領域の様で在る。書は体を現わす。名は体を現わすで、表現は表現者を現わすで、中国を知る上でも、好い参考と為る物で在る。

 育ちの悪い末端底辺民の私としては、中華帝国の独善的張ったり、札ビラで物申すの中華的リーダーシップの風潮を示して居る感じで、如何しても中華思想の臭気して来て、習近平氏の顔がついつい浮かんで来て仕舞うから、私を含めて『人間、血は争えない』の苦笑いの箇所が幾つか散見された次第で在る。

      他人の振り見て、吾が身正せの訓えに、自己反省をした次第でも在った。へへへ。

 国会中継がBGMとして流れて居る次第で在るが、蒸し返し質問が国会質疑の大半を占めて居るのは、進歩の無い感想で在る。議論の場国会で在るから、質問が在れば応えるのが民主主義の基本とは云う物の、区切りを着けない審議の場と云う物は、時間と国費の無駄使いに見えて仕舞うのだが、或る首相が『民主主義とは時間が掛かる物』と言って居た事を思い出した次第で在る。

『神輿(よこし)に乗る者、神輿を担ぐ者、担ぐ者の草鞋を編む者』と濁声で人間集団を語った角栄さんが居られた。<民意を束ねて質問書を書く者、質問書に答弁書を書く者、国会の場で質問書を読む者、答弁書を読む者、議事進行をする者、国会中継を聴きながら、時間を過ごす者>と、世の中は色んな事で成り立って居る物なのだろう。

             さてさて、腹も空いて来たから飯とするか。

 弟は現場に出て居て、5時半には会社に戻って居るとの由。そんな次第で時間が在るから、この2年程、気に入って居る朝鮮漬けの素とジッパーよりもタッパの方が、何かと食べるに便利と思い、それらを買いにコスコまでペダル漕ぎの運動として来る。会社に居るのなら、上天気なので自転車で持って行こうと考えて電話をしたのだが、冬の夜は車に限る次第で在る。

 何やかやと、遣って居る内に、早や1時半で在る。廊下日差しの有効利用で、頁進めをしながら、夕刻に備えと置くと致そうか。人間、何事も気は心で、和む時間は必要な事で在る。



 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!