fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・本日、成人の日のラジオ日和為り。

               本日、成人の日のラジオ日為り。(1/10/22)
 おやおや、今日は旗日の成人式と在る。本日は、薄曇りの冴え無い朝と成って居る。ラジオONとすると、朗読をして居る。成る程、旗日のゆったりとした内容の朗読で『冬の音楽朗読会』との由で在った。ラジオの特徴、聴覚の世界にピッタリの作品で在った。小部屋のコタツで聴き入って居ると、弟の会社のK君が作業服で庭から遣って来て、窓から頼んで置いたラードを持って来て呉れた。これから現場との由で在った。

 お礼の電話を弟にすると、目下横須賀に居て、明日顔を出すとの事。如何したと云うと、正月は凍結修理で白骨温泉に上ったり、凍結修理の電話が多数鳴って居て、横須賀に行けずに延期と為って居たとの事。AVEに『牛筋』が在ったら、買って行くとの由で在った。

 お恥かしながら、油断で私の処も4回程の凍結を仕出かして仕舞った。そんな凍み上がりを呈して居るから、今冬は凍結修理が多くても当然なのだろうが、その分、会社も潤う次第でも在る。
 素人のお湯掛けと違って解氷機、解氷道具もノウハウも取り揃って居るから、云う為らば『季節の儲け』として商売上有難い寒気様なのかも知れない。日常生活での水の遮断は、緊急を要する一大事と為る。

    ラジオでは、今度は童話の朗読に移って居る。偶にはこんな番組構成も好い物で在る。

 別にダイエットをして居る心算は無いが、時々、夜、就寝時の目覚めの時に空腹を感じる事が在る。昨夜もそうで在ったが、食べずに居ると、その内に空腹感が無く為って来るから奇妙な物で在る。
 私は退役で娑場との関わりの無い生活を送って居るのだが、現役の弟は現役その物で在るから、何かとダイエット願望が在って、『瘠せたな』と云うと、『8時過ぎには、一切食べない事を習慣付けて居る』との事で在った。

                 成程、『左様で御座るか』の段で在った。

 その点、私は好い加減人間で在るから、『老人性減量』で何時の間にか、ダイエットが実現して居る。齢と共にエネルギーの入りと出でのバランスが出来て来る様で、エネルギー消費が少なく為って来ると、その相関で胃袋が小さく為って来る。従って若い頃と違って、食べれない胃袋の許容量と為って居る次第で在る。

 人間の身体の仕組みは、意識し無くても『自律神経』と云う物が隅々に網羅されて居て、絶えず稼動して全体のバランスを採って居るとの由。体調不良には、結構な比率で『自律神経失調症』が原因に作用して居るそうな。

 食物の分解・吸収作用を司る胃腸のゴールデンタイムは正に睡眠中で在り、そのゴールデンタイムを活性化させる為には、『就寝前3時間』は食べない事が、自律神経作用を合理的に誘因させるそうな。自律神経は体内時計を通して、定期一定リズムで刻ませる事が一番の肝要事と聞いた事が在る。

 動植物には夜行性、昼行性の相違が在って、昼行性動物のスイッチONはお天道さんと云う事で、人間の身体には『お天道さんは不可欠の存在』との由。
 人工灯の不夜城生活に慣らされて仕舞って居る現代社会下に在って、昼行性動物の自律神経群が寸断されて居る次第で、色んな自律神経障害が派生して居る訳なのだろう。

 伊達や酔狂に古代人が太陽神を崇めて居た訳では決して無かったのだろう。選択肢の多さの前に、人間本来の価値を見失って居るのが、体調不調から精神不調・異常の『文明病』と為って居ると云って好かろう。

 難しい事は解らないスカンポ脳では在るが、『健康な肉体に、健康な精神宿る』『健康な精神に健康な体出来る』と教えられて来た世代で在るから、健康な肉体・精神の根本構造を維持して居るのが、物云わぬ自律神経と云う事は大いに理解出来る処で在る。
 相撲精進言葉には、心・技・体と有名な訓えが在るが、生命医学からすると、『体・心・技』の並び替えが提唱されて居るのも得心の行く次第で在る。

         おやおや、今度は樋口一葉の大晦日(おおつごもり)の朗読と為った。

 お天道さんに従って起き、浴び、寝て医食同源、足るを知って、自前生活をする第二のステージは、現代人の回り道をして来た修復の人生ステージなのかも知れない。『善き物は習慣付けるのが、人間生活の知恵の一つ』かも知れない。へへへ。

 何処で如何間違えて仕舞ったのか、本日も何か打つ事が出来様で在る。いやはや、朗読会のBGMがこんな方向に中指を進めたのかも知れぬ。

 白雲の棚引きでは在るが、青空にお天道さんの差し込みと成って来た。そう云えば日本の天照大神も太陽神で在った。いやはや、日本神道はまともな宗教で在る。へへへ。

                       さてさて、朝飯と致しましょうかね。 

 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!