fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・さぁさぁ、風呂で温まるべし為り。

               さぁさぁ、風呂に入るべし為り。(1/16/22)
 雲一つ無い晴天の穏やかな日曜日の朝では在るが、南太平洋のトンガ諸島の火山の大爆発による津波に就いての報道が為されて居る。トンガと云えば相撲の連想で在るが、津波解説を聞いて居ると、地震と火山噴火に因る津波とは異なった形と為り、火山津波のデータが少ないので、津波の影響無し⇒津波警報⇒注意報と気象庁も分析も後追いの形に為って居るらしく、高知県では船舶の沈没、転覆、流されて居る物が10件出て居るとの事。
気圧変化に因る津波と云うのが、新しいメカニズムのキーワードらしい。

 正月早々に北朝鮮のミサイル二連チャン、昨日は東大の入試会場で刃物による殺人未遂事件が報じられたり、物騒な22年のスタートと成って居る。変な事が連続すると、不吉な連鎖は大きな何かの予兆と考えて仕舞うのが、人の心理の常と云う物で在る。

 新株コロナの世界的蔓延、北京五輪、不動産バブル崩壊の中狂が隠し続けて来た五輪後に起こる景気後退の現象、金は縁の切れ目で中狂の途上国に敷いた柵封体制(ブリックス銀行、アジアインフラ投資銀行、新シルクロード一帯一路構想)からの逸脱国の増加、・・・etcで、22年は『経済寒波』が世界を覆うのは間違いない方向なのだろう。

 趣味の世界タイムでの唐の東アジア文化圏も、武韋の禍より生まれて、楊貴妃に溺れた女難から生まれて女難に没した名帝・玄宗の後半期の安史の乱以後は、『大唐帝国』の虚名は在る物の、その実質は中国本土に10の藩鎮国が出来ての分国状態に陥り、東アジア文化圏は『柵封の縛り』から、其々の国にナショナリズムの国風文化が萌芽して行く時代を歩んで行くのが世界史の時代潮流と為って行く次第で在る。近時の国際関係も第二次大戦後の資本主義自由対共産主義独裁の綱引き⇒冷戦対峙⇒ソ連崩壊⇒米君臨⇒中狂台頭と世界潮流は時代を刻んで流れ行く様を呈し続けて居る。

 個人的歴史観察者としては、現赤い征服王朝の習近平体制は、軍事経済柵封体制の膨満期の終鴛の象徴で江南の水害、華北の飢饉、疫病のコロナ禍と体制崩壊の諸要素が出揃って居る感がする。安碌山、黄巣的人物が、どの時点で登場して来るのかを待って、あの世に逝きたいと考えて居るのだが、人の寿命だけは意に為らないのが常で在るから、致し方の無い次第で在る。

 網の目の様に張り巡らされた世界一体化の地球で在るからして、南太平洋のトンガ諸島での海底火山の大爆発が、当初推測されて居た津波のパターンが通用しない気圧変化に因る未知の津波メカニズムとして太平洋沿岸に影響を及ぼして居ると云う様は、22年の世界規模の経済寒波の予兆として考えて仕舞う次第で在る。

 さてさて、腹も空いて来たから、飯と致しまする。残り飯の不足をラーメンで補おうとした処、目測を誤って、結果として膨満感を来して終った。遺憾いかんで、腹こなしに朝風呂にするしか無い。本日ラジオは、津波関連に終始しそうな進みで在る。

 風呂ラジオで充分な暖を取って、台所序に棒ネギを採って来ると、芯までコチンコチンの凍み上がりで在る。いやはや、洗濯物も物干しに掛ければ、間違いなしの凍り付きと成ろう。本日、日曜日を口実に寒中散歩は割愛とするのが『健康の知恵』で在る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!