fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・やれやれ。

               遺憾いかん、蓑虫から脱する為り。(1/18/22)
 今日も寒いですなぁ~。する事は無いが、起きると致そうか。生きて居る以上は、寒い寒いと言って、寝床で蓑虫爺(みのむしじじい)をして居る訳にも行かぬ。昼行性の人間の身体の仕組みは、昼に合わせての自律神経で構成されて居て、それに基ずいて健康が保たれて、その健康度が体調維持~自然治癒力の免疫力に繋がって居るそうな。

 男兄弟5人の母子家庭で育った身で、妖怪様の口癖が、病人が出たら、『一家破滅』だからで在った。

 振り返れば理に適った家庭教育で、流石に妖怪様は、並の母親、女性では無かった。女丈夫の大正女様で在った。普段は男の領域には踏み込まず自由放任では在ったが、道理、人の道に背く事が在ると、正座をさせられて延々と道徳教育がされる。『煩ぇ、この糞婆』と表面上は反抗するも、内心では正論その物で在り、背筋を伸ばして、正面から懇々と諭す親心は心に沁み渡った。
 そんな次第で、子供心にも家のおふくろは、教師以上の出来と『誇り』に思って居た次第で在る。上品で美人さんで、親だと云って威張らず、命令せずに、善悪をはっきり訓えて呉れた大正女様だった。

 妖怪様の守って来た家で、独り暮らしをして居る日々では在るが、不思議と孤独感を感じないのは、一番手の掛かった子供だったの『親心』で、妖怪様が棲み続けて居る証拠なのだろう。

 いやはや、親とは実に有難い存在で、何をするにも自由の怠惰生活に陥り易い環境ながら、『怠惰は不健康の元』と正常精神に導いて呉れる次第で、精神的肉体的にも正常域に維持させて呉れて居る次第なのだろう。

 生死に関わり無く、妖怪様、兄達、T、M氏と倅、弟と濃い話が出来る同心円を確認出来る環境は有難いと感謝すると同時に、人間とは其れなりの健康長生きをして見ないと、実際の処は分らない次第で在る。そう考えると、人生途中下車ほど、勿体無い物は無いと思う次第でも在る。若い頃の暴飲暴食も好かろうが、先の見えて来た日々での腹八分、腹六分の自愛の日々のステージも経験しての寂滅道も経験して行かねば生命の集大成には近づけないのかも知れない。

 弟の年賀はがきの余白に書かれた『今年こそ神津へ行きたい!! お互いに歳だから気を付け合おう。ストレスの溜まる相手は少しづつ離れようね!』いやはや、実に弟らしいエールでは無いか。

 墓参り時の墓の親父の石塔の頭叩きでは無いが、『この狸親父。親父は女房に私を残し、女房を墓に迎えて、ニヤニヤ。』
それが今では、『妖怪様は私に倅と弟を残して下されたか、いやはや、子供は逆立ちしても親には敵わぬ段』で在る。

   それでも、この歳に為ると、同心円優等生と云う事なのかも知れぬで、アハハで在る。

 一時、白い物が舞って居たが、風は在る物の青空の広がりと成って来た。私には一向に理解出来ない事で、本日もまた北朝鮮のミサイル撃ちとの由。一時、下火に成ったコロナが、ニュースの冠頭語に復活して、感染力と重症度のチグハグさで、マスゴミの煽り放送に聞こえて仕舞う次第でも在る。私は頭が悪いから、世の中、解らない事が多過ぎる次第で在る。

 さてさて、朝飯として、空気は寒いが、お天道さんが在る。布団の外気当てをしてから、掃き掃除、前倒しの散歩をして来てからの一日のスタートと致しましょうかね。へへへ。

 布団の冷気消毒として全戸開放の掃き掃除をして、大衆魚と袋ラーメンなどを買って来て、ミルク飲みをして居ると、Yから電話で在る。暇を弄ばしての人恋しさなのだろう。飛んでスケベ話で暖をとるには、丁度お誂え向きで在る。Yも買い物を済ませてから顔を出すとの由。アハハ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!