fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・さて、寝床にUターン為り。

                さて、寝床にUターンするべし為り。(4/16/22)
 終日の雨の寒さに、晩飯後は見る物も無いから、省エネで寝床シンキングで好かろうと、南西諸島の脳内地図で南方からの人類を夢想して居る内に寝入って仕舞った。二度程のトイレ起きの後に、バイクの響きに目が覚めて仕舞った。

 明かりを付ければ、12時前で在る。睡眠時間としては其れなりに採れて居るから、目が覚めて仕舞っては仕方が在るまいで、一度起きる事にした。陽気が好く成ると、バイク音が響いて来る物で在る。

 小部屋入りしてミッドナイトコーヒーを飲みながら、ラジオONとすれば、曜日の時間帯は深夜便に替わって仕舞ったが、ボヤキ川柳の聴き慣れた関西弁女性選者のお声で在る。

 バイク音は未だ続いて居るから、真っ闇の中で眠れずに悶々として居るよりは、余程増しで在る。オールマイタイム、マイペースの生活で在るから、帳尻は付く次第で在る。
 
 アジアレポートの韓国からは、大統領選挙の公約の満年齢の法制化で、数え歳よりも場合に依っては、2歳の若返りが出来ると期待されて居るとの由。
 ベトナムからは、ワクチン接種では無く『集団感染による自然集団免疫の獲得』で、コロナ規制が緩和されたとの由。

 斯様にして、犬も歩けば棒に当たるで、これを聴けとのお天道さんのお導きと云った処なのだろう。最初は起きる心算は無かったので、暫しの寝床バッコン腹筋体操をして居たのだが、バットの素振り効果で体の動きの好さが確認出来たのも拾い物で在った。俗に言う処の何一つ無駄な事は無しの実感で在った。
 面白い事に腕の回しが加わって居たから、バットの素振りは全身運動と為って居る様で在る。伊達や酔狂に、野球選手が走り込み、バットの素振りを基本として居ない筈で在る。

 深夜便のトーンとテンポは、正にラジオの真骨頂と云える。強弱を付けぬ淡々としたアナウンサーの落ち着いた進めは、すーと素直に届くから、余計な神経を刺激しないで済むから有難い次第で在る。

 世の中、目立ってなんぼの芸NO界も在れば、目立たずの泰然自若態の安心安定感も在る。人間、目立とうとすると、何かと不純物が入って目障り、耳障り、感触り、頭触り・・・etcに為る事が多々在る物で在る。

 何時の間にかバイクの音も無く成って、車音の通り過ぎが在るだけの丑三つ時と成って居る。母親介護の頃を思い出すと寝室は離れて居たが、何か有ったらの緊張感からラジオ深夜便を夜の友として居た。妖怪様を看取ってからは、半待機の心労から解放されて、『就寝前の映画観』で、何時しかラジオ深夜便を聴く事が無く成って仕舞った。

 そんな次第で、今日の様に途中起きすると、偶には深夜便と付き合えと云う『お達し』と考えて、聴く事にして居る次第で在る。

 別段人付き合いが苦手な訳では無いが、普段は、極限られた者としか接触の無い日々に埋没して居る。そんな次第で中学時代の20人弱の同級会は、年に一度の顔合わせで愉しみとして居たのだが、コロナ禍での自粛が続いて居る。
 古希坂同級会で在るから、一般話として話題は病気の話、趣味の話などに交じって、結構ラジオ深夜便を聴いて居る男達が居て、同じ様な日々を過ごして居るんだなぁと感じて居た次第で在る。

 今日の様に深夜便をBGMに、前倒しの長駄文館のブログ打ちをして居ると、そんな同級生達の面々の顔が浮かんで来て、彼等の現在の顔と中学時代の顔が重複して来る物で在る。

 おやおや何時の間にか、2時半を回ったか。これ以上起きて居ると、腹が減って来たから、食べないと為らなく成る。寝床にUターンするのが好かろう。

 二度寝を起床して庭に下りれば、冬並の寒さで在るがアイドリングとしては欠かせない。それにしても2日も執拗に降って呉れた物で在る。妖怪様スペースに待望の2本目のカサブランカの見付け、一安心で在る。後は私が鉢植え物を植えた東部分の物だけと成った。今年は出遅れて居る矮性ユリで在ったが、漸く芽を出して来て、ユリ類の芽出しが揃って来た。それにしても風の寒さでは無いか。2日の雨で土手部分の植え直し、移植の苺も根付いて花株も出て来た。今年は野苺ジャム作りが忙しく為りそうで在る。梅は不生りと為ろうが、去年全滅の柿は一斉に芽吹き始めて居るから、吊るし柿復活の態と為ろう。

 冬戻り並の寒さで在るから、早々に切り上げて炊飯器ONとして、風呂の湯張りをして小部屋コタツとする。8時のニュースを聴いて居ると、お天道さんのお出ましと成って来て、やれやれの感で在る。

 飯を食べて、浴後とも為れば、空気も上昇して呉れる事だろう。小部屋の睡蓮鉢に陽が差し込み、水草繁茂する水面に、南洋虹メダカの雄の色どりが緩やかに遊泳して居る。さてさて、朝飯、排便、入浴で一日をスタートさせると致そうか。へへへ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!