FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・本日、恵みの梅雨寒為り。

                  本日、恵みの梅雨寒為り。(6/21/17)
 未明から降り始めた恵みの雨は、午後の一時半近くまで降った。申し分の無いお湿りで在る。昨夜の夜散歩の時は満天の星空で在ったから、雨は無理だろうと思って居たのだが、有難い降りと相成った。昨日はTシャツに短パンの暑さでは在ったが、本日は一転して梅雨寒の一日で在る。

 そんな次第で、刻み昆布に干しホタルイカ、干しエビを投入しての昆布の佃煮を作りながらの夢奇譚打ちをして、一応の粗打ちを終了した。頁数が伸びそうも無かった節目の作では在ったが、日頃の長駄文投稿の影響で、20頁の『第30部・・・アマゾネス慰問団』に漕ぎ付けた次第で在る。アハハ。

          後は読み直して、修正・加筆、挿絵をして行けば完成で在る。

 何事も重い腰を上げて、打ち入れて行けば、何とか為る物で在る。一応の形が出来て息抜きに庭の一回りと川の増水を見て来る。

 危ぶまれて居た川の細りも、これで一息付けた事で在ろうし、庭の植物達もジョロ散水の不足分を充填されて、青々として居る。枇杷の木を見れば、上の方には色付きが見える。雨を吸って、キュウリはフェンスに葉を広げ、小さな実を4つ付けて居るし、トマトの実も大きく成って来た。

 土手花壇のマツバボタンは、驚く程の広がりを見せて、幾つかは花も咲かせて居る。去年大豊作の梅は、今年は不生りで、自家消費も覚束無い次第で在る。さてさて、今年の小玉スイカは如何なる事やら。

 昼を食べれば腹が膨れて、午前中に飛ばした影響で流石に疲れて居る。梅雨寒の一日で在る。残して置いたコタツで、昼寝をして充電をして置いて、夜に備えると致そうか。へへへ。

 学生時代は宿題が出来無かった男では在るが、毎日が日曜日の生活をして居ると、人間、何かをしないと、収まりが付かない物様で在る。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!