fc2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・一日一善為り。

                     一日一善為り。(6/25/22)
 昨夜は封切り時に映画館で観た高倉健主演のゴルゴ13を、その当時の感想を頭の片隅に置いて観た。
健さんの任狭路線からの脱却大作で、前評判の高さで在った。原作のさいとうたかおさんは、健さんをイメージしてゴルゴ13シリーズを世に問うたと云うのは、好く知られて居た処で在る。

 然しながら、『人間の刷り込み』とは強い物で、如何しても健さんのゴルゴ13役は、着流しにドスが、スーツ、コート、狙撃武器に替わっただけで、違和感に終始して仕舞った映画感想で在った。

 昭和残侠伝シリーズから菅原文太のトラック野郎、実録シリーズと映画の方向が変わって仕舞ったので、私としては益々邦画離れが進んで仕舞った次第で在る。あれから半世紀、健さんのゴルゴ13との再会は、多分、映画印象を好転させて居るだろうの期待で在る。

 4か所程、記憶に鮮明に残って居るシーンが在って、『人間の記憶力など、所詮、砂上の楼閣にしか過ぎない』の反省をしながらの苦笑いをしつつの映画鑑賞で、時代にマッチした作品で在った。

 映画は動かないが、映画を観る観点は、観る側の変化で、駄作が秀作に修正される効果が在る。

 何事も視点を変えた比較考慮を要し無いと、観えて来ない処多しの感で在った。継続は力為りと同様に、ライフワークは継続を積み重ねて行かないと、語り掛けて来る物少なしのエールを頂戴した次第で在る。

 全戸開放とすれば、雨が降った様で庭サンダルには一杯の水溜まりで在る。相変わらずの強風の続きで在る。炊飯器をONとして、庭挨拶をして回る。収穫物は無いが、キュウリ、プリンスメロン、小玉スイカの成長が本格的と成って来た。

 それにしてもムカゴで自生するナガイモ蔓が牙城と成して居るから、溜息が出る。今年は何とかブラックベリーのジャムを作りたいと考えて居るから、ナガイモに占拠されて居るブラックベリーに大きく熟して貰いたいので、ナガイモ蔓除去作業を開始する。

 遣る気さえ起こせば、A型体質で在るから、効果は形と為る。グミの茂り、ナガイモに覆われ尽くされて居た箇所の鬼ユリ、ブラックベリー、カワラナデシコがスッキリと為って、溌剌感の立ち直りで、『一日一善』何てテレビコマーシャルが在った次第で在る。アハハ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!